ヤーマンブルーグリーンショットの口コミ評判や効果は?使い方や違いも徹底検証!

【広告】本ページはプロモーションが含まれています。

この記事では、光美顔器【ヤーマンブルーグリーンショット】の口コミ評判や効果と、使い方や従来品との違い、デメリットなどをチェックしていきます。

 

ヤーマンブルーグリーンショットの口コミ評判や効果は?使い方や違いも徹底検証!

 

外に出かけることも増えてきたけど、マスクを外す機会も同時に増えてきてるので、美顔器でこれまで甘やかしてた顔のケアをしたいけど、エステに通う時間もお金もないよ…。

 

そんなお悩みのある方必見なのが、「ヤーマンブルーグリーンショット」。

 

緑LEDとIPL搭載したという最新の光美顔器で、目的に合わせて使える2つのモードでお家ケアができるんです。

 

それではさっそく、ヤーマンブルーグリーンショットについて詳しくチェックしていきましょう。

 

created by Rinker
ヤーマン(Ya-man)
¥77,000 (2024/02/26 06:03:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヤーマンブルーグリーンショットとは?

ヤーマンブルーグリーンショットとは、ヤーマン株式会社から、2023年7月14日に発売された話題の光美顔器です。

 

光美顔器というと、これまでにもいろいろなメーカーから発売されていましたよね?

 

ですが、それらと大きな違いは、緑色のLEDを搭載しているということです。

 

私もいくつかこれまでに使ってきているのですが、赤色や青色などはあっても、緑ってなかなか珍しいです。

 

これまで様々な美容機器を開発してきたヤーマンが長年の研究でたどり着いた色ということもあって、かなり期待もしてしまいますね!

 

ヤーマンブルーグリーンショットの特徴や効果は?

まずは、買った後に後悔しないためにも「ヤーマンブルーグリーンショット」の特徴や効果からチェックしていきましょう。

 

緑色LED「505nm」を搭載が大きな違い

ブルーグリーンショットは、ヤーマンが長年研究してたどり着いたという「緑LED(505nm)」を搭載しているのが特徴です。

 

美顔器にLEDという組み合わせたクリニックでも実際に使われていますよね?

 

有名なところだと赤色や青色などがあります。

 

実際、従来品のヤーマンの美顔器「RFボーテ フォトPLUS HRF-10T」では、赤色LEDを搭載していましたからね。

 

ですが、今回搭載しているのは、ヤーマンの研究で発見した505nm(ナノメートル)の緑色のLED波長を採用しているところにあります。

 

しかも、出力パワーの異なる2種類の緑LEDを搭載して、その左右にフォーカスセンサーまで配置されているというのも要チェックポイントです!

 

フォーカスセンサーがあることで、お肌の表面のくすみをセンシングするたびに、瞬時にハイパワーLEDに自動で切り替えてくれるのです

 

つまり、狙ったポイントに効率よくアプローチができるというわけですね!

 

さらにすごいのが、特定の色を認識するという今までのような検知システムではないところです。

 

ブルーグリーンショットは、起動するたびに色基準を学習して調整してくれるので、毎日のように移り変わっていく表面のくすみにも自動で対応してくれるというのです。

 

毎回自分で調節したりしなくていいし、自動でセットしてくれるので、ボタンの数が少なく扱いやすくなっているのも魅力的ですね♪

 

照射効率を高める設計

ブルーグリーンショットでは、発光時間が長い高出力のLEDを照射口中央に向けて照射するように設計されています。

 

さらに、瞬間発行のIPLは照射口の中央に配置していて、LEDとIPLが重なるような構造になっているんです。

 

こうすることで、重なる作用領域が生み出されて、照射効率がアップするというわけですね。

 

デイリーモードで毎日使える光美顔器

ブルーグリーンショットでは、毎日使えるデイリーモードが搭載されてるのが特徴です。

 

このモードでは、最大で5回連続して高速照射することができるので短時間でケアできるというのが魅力的ですね♪

 

デイリーモードは、肌の上を滑らせるように動かしていくことで使うことができ、毎日のスキンケアにこの光美顔器を取り入れると、透明印象派だを習慣化が目指せるそうですよ!

 

先ほどちょっと出てきた「フォーカスセンサー」があるおかげで、肌表面のくすみも自動検知してくれるから、面倒な操作はありません。

 

手軽に使いやすいモードになっているところもうれしいですね。

 

週1回のスペシャルケアにも

先ほど紹介したデイリーモードは毎日使うことができますが、もう1つ「スペシャルモード」という機能も搭載されているんです。

 

こちらは、週に一度だけじっくりと気になる部分にアプローチしたいときにおすすめ!

 

IPLの強力照射で気になるところをピンポイントで集中ケアしてくれるんです。

 

しかも、ダウンタイム不要なうえに、冷却不要で使い勝手がいいのもうれしいところ♪

 

ただし、デイリーとスペシャルは同じ日に同時に使うことができないので、間違いのないようにしましょう。

 

ブルーグリーンショットの重さや大きさなど仕様まとめ

【ブルーグリーンショットの仕様】

 

★大きさ⇒約W45×D74×H214mm

★重さ ⇒約275g

★海外仕様⇒OK(100~240V)

★製造国⇒日本

 

 

重さも280mlのペットボトルとほぼ同じくらいの軽量設計になっているし、持ちやすい構造だから、使い勝手は良さそうですね。

 

ヤーマンブルーグリーンショットの使い方は?

ヤーマンブルーグリーンショットの使用方法についてもチェックしておきましょう。

 

 

ヤーマンブルーグリーンショットの使い方

①:ACアダプターをコンセントに差し込む

②:メイクを落として洗顔をしてお肌をきれいにする。

③:「電源/モード」ボタンを長押し(約3秒ほど)でスイッチオン

④:「電源/モード」ボタン短押しでモード切替。
※DAILYとSPECIALの2種類です。
※照射口に肌が触れていない状態でボタンを押しましょう。

⑤:「レベル」ボタンで強さ調整(DAILYモードのみ)

⑥:ブザー音が鳴ったら照射口を肌にあててケア開始!
※DAILYモードは、お肌の上を滑らせるように動かします。
※SPECIALは一を移動させながら1発ずつ照射していきます。

⑦:使い終わったら「電源/モード」ボタン長押し(3秒ほど)で電源オフ

 

 

以上のような流れになって、モードのよって動かし方が少し違いますが、ボタンは少ないので、すぐに操作になれることができますよ。

 

上手に使うコツは?

DAILYモードは、肌の上を滑らせるように、1秒に約2㎝くらい進むゆっくり目な速度で動かすのがコツです。

 

もし熱く感じるときにはもう少し早めてもいいみたい。

 

SPECIALモードで上手に使うためにっは、気になる部分に照射口をあてたら、スタンプを押すように「押し当て⇒離す⇒移動」を繰り返していくようにしましょう。

 

また、どちらのモードもほくろや髪の生え際など使用できない部位もありますので、取扱説明書をしっかり読んで使うようにしてくださいね。

 

ヤーマンブルーグリーンショットのお手入れ方法

ヤーマンブルーグリーンショットを使った後は、長く使えるようにするためにもお手入れすることも大切です。

 

といっても簡単で、照射口はやわらかい布や綿棒を使って汚れなどを取り除くだけです。

 

本体部分は、乾いた布で拭いてから、水分をふき取って補完するようにしましょう。

 

やっぱり直接素肌に触れるところが汚いと、雑菌が繁殖して肌トラブルの原因にもなってしまいますからね。

 

毎回、使った後にはきれいにお手入れして清潔な状態で使えるようにしましょう。

 

ヤーマンブルーグリーンショットの口コミ評判は?

ここまで特徴や効果、使い方などいろいろ見てきたけれど、やっぱり実際に「ヤーマンブルーグリーンショット」を買って使ってみた方の口コミも参考にいsてみたいですよね~。

 

そこでいろいろ調査してみましたよ!

 

悪い口コミ評判は?

付属の収納ポーチや照射部分にキャップなどの保護カバーはないので、外泊時の持ち運びは少し不便かもしれません。

引用元:ヤフーショッピング

 

ヤーマンブルーグリーンショットの悪い口コミを調査してみると、さすがにまだ新しいので効果についてはわかりませんでした。

 

こういった製品は継続して使っていくことが大切ですからね。

 

ただ、保護カバーやポーチがないということなので、持ち運び用に何か準備しておいた方がいいかもしれないですね。

 

良い口コミ評価は?

使用方法が簡単なのもいいです 高いと思いましたが、値段以上かもしれません

引用元:ヤフーショッピング

 

持ちやすいので照射しやすいです。 あと機械は思っていたよりも軽かったので顔全体に使っていても腕が疲れる感じはありませんでした。 照射する時は一瞬パチっと熱くなる感じで痛みや不快感は全くありませんでした。

引用元:ヤフーショッピング

 

ヤーマンブルーグリーンショットの良い口コミを調べてみると、「使い方が簡単」「持ちやすい」「軽いので腕が疲れない」などのように買って満足する意見も多い印象があります。

 

どんなに機能が優れてる美顔器も、やっぱり使い方が複雑だったり、重たくて腕が疲れてしまうようなものだと、私なら三日坊主ですぐに使わなくなってしまいますからね…。

 

でも、これなら今のところの評価を見る限り、そんなこともなさそうなので、マイにつでも続けることができそうな感じがします。

 

ヤーマンブルーグリーンショットのよくある質問や疑問

ヤーマンブルーグリーンショットのよくある質問や疑問などについても事前にチェックしておきましょう。

 

使用頻度や回数の目安は?

こちらはモードによって以下のよう名使用頻度や回数の目安が違います。

 

デイリーケア

⇒DAILYモードで週7日(1日1回10分まで)が目安です。

スペシャルケア

⇒SPECIALモードで週1回

 

 

注意点として、デイリーとスペシャルケアは同じ日に行うことができませんので、分けて使うようにしましょう。

 

痛いの?

ヤーマンブルーグリーンショットの使い心地については個人差もあります。

 

初めて使う場合は、DAILYモードならまずはレベル1から、少しずつ上げていくようにしましょう。

 

メイクの上から使えるの?

ヤーマンブルーグリーンショットは、使用前に必ずメイクを落としてきれいな素肌の状態で使うようにしましょう。

 

メイクしたままだと、やけどや肌トラブルの原因になってしまうみたいですよ。

 

ヤーマンブルーグリーンショットのデメリットは?

ヤーマンブルーグリーンショットのデメリットについてもチェックしておきましょう。

 

 

・価格がやや高い

・充電式ではない

・使いこなすには慣れも必要

 

 

価格については美顔器によってピンキリですが、それでもこちらはなかなかのお値段になっているので、購入前によく検討しておきたいところですね。

 

また、充電式かと思ったらそうではありませんでしたので、ここは今後勘違いする人が出てきそうです。

 

なにより、初めて使うタイプの美顔器は、それぞれ独特な特徴や形状をしてたりするので、しっかり使いこなすにはある程度の慣れも必要です。

 

数回使ってすぐにあきらめてしまうのはもったいないですので、ある程度は継続して使って様子を見るのがおすすめですよ。

 

ヤーマンブルーグリーンショットはこんな方におすすめ

ヤーマンブルーグリーンショットは、下記のような方におすすめです。

 

★持ちやすい美顔器を探してる方

★自宅で顔のケアを行いたい方

★使い方はシンプルで使いやすいものがいい方

 

本体は持ちやすい形状になってるから、照射もしやすくスムーズに使うことができそうなところが魅力的ですよね♪

 

モードも、毎日使えるデイリーと、週に1回じっくりと気になる部分にアプローチができる、スペシャルモードが選べるので、目的に合わせた使い分けができるようになっているのです。

 

より効果的に使うのなら、同じくヤーマンから登場してる化粧品「フロオーレスセラム ホワイト(医薬部外品)」が相性がよさそうですよ。

 

 

ヤーマンブルーグリーンショットを最安値で買う方法は?販売店比較

ヤーマンブルーグリーンショットは、どこで買うのが一番お得になるのかな?

 

そこで通販販売店で価格を調査してみました!(2023/8/26)

 

★楽天市場⇒77,000円(税込・送料無料)

★Amazon⇒77,000円(税込・送料無料)

★Yahoo!ショッピング⇒77,000円(税込・送料無料)

 

このようになっていましたよ。

 

なかでも、ポイントがたまって使える楽天市場やヤフーショッピングがお買い得ですね。

 

created by Rinker
ヤーマン(Ya-man)
¥77,000 (2024/02/26 06:03:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヤーマンブルーグリーンショット|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

ヤーマンの新しい光美顔器はまだ新しいですが持ちやすさや使い心地などについては早くも評判がよさそうですね。

 

最後にもう一度特徴を簡単にまとめておきますね。

 

 

★2種類のモードでケアできる

★肌表面のくすみに自動で対応してくれる

★持ちやすいデザイン性

★コンパクトで軽量設計だから持ち運びに便利

 

 

充電式でないところがやや残念ではあるものの、総合的に見ても使い勝手は良さそうだし、コードレスではない分、しっかりパワーも持続しやすそうですね。

 

created by Rinker
ヤーマン(Ya-man)
¥77,000 (2024/02/26 06:03:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

error: 右クリックすることは記事保護のためできません。申し訳ございません