布団乾燥付ヒータードライヒートの口コミや電気代とお得な販売店!「女神のマルシェ」

この記事では、女神のマルシェやキニナルマーケットで紹介されたスリーアップの「布団乾燥付ヒータードライヒート」の口コミ評判や電気代、お得な販売店などについてチェックしていきます。

布団乾燥付ヒータードライヒートは、布団乾燥機とセラミックぎーたーの2つの機能を組み合わせた最新家電です。

寒さ対策はもちろん、外に洗濯物を干せないときにも活躍してくれるのは魅力的ですね。

でも、使い心地や電気代なども気になりますよね~。

今回は、その特徴や実際に使ってみた方の口コミ評判や電気代、取扱店での価格についてご紹介していきます。

布団乾燥付ヒータードライヒートの口コミ評判、評価

まずは、実際に「ドライヒート」を使っていた方の口コミ評判をチェックしていきましょう。

調査してみると、楽天で早くも購入者レビューが投稿されていました。

チェックふとん乾燥機能付セラミックヒーター「ドライヒート」の口コミ【楽天市場】

良い・悪い口コミがそれぞれあったので、ここでざっくりとご紹介します。

●コンパクトサイズで使いやすい

●デザインがスッキリしていてステキ

●静音性が高い

●多機能なのはうれしい

✖パワーを上げると音が少し気になる

全体的に見ても高評価な声が多いように感じます。

小さいので置き場所を選びにくいところも便利に使うことができそうですね。

布団乾燥付ヒータードライヒートの特徴

ここからは、特徴や機能をまとめていきます。

実際に買ってから公開する前に、あなたにとって使いやすいかどうかの判断材料にお役立てください。

・優れたヒーター機能で部屋を温める

暖房として使うときには、ヒーターの強弱で部屋の温度に合わせた設定で使うことができます。

最大1200Wのパワフル仕様でお部屋全体を暖めることもできます。

しかも、「人感センサー」も搭載しているので、この機能をONにすれば、人がいないときには節電することもできるのも便利ですね。

・ふとん乾燥・衣類乾燥機能あり

雨の日や花粉シーズンなど、なかなか外に布団を干すことができないときには、布団乾燥機として使うこともできます。

本体に内蔵されてるホースを布団の間にセットしたらボタンを押すだけで、布団のあたためや乾燥をすることができます。

寒い時には寝る前にあたためモードを使っておけば、すぐにぽかぽかなお布団で気持ちよく眠ることもできますね。

さらに、部屋干し中の衣類にホースを向けることで直接温風を当てることで、乾燥する時間を短縮することができます。

部屋干しに時間がかかってしまうと雑菌が繁殖してニオイの原因にもなってしまうけれど、これを使えば時短で乾燥でき、ニオイ対策にもなりますね。

★機能まとめ★

・ふとん乾燥⇒20・60・90分

・衣類乾燥 ⇒120,240分

・ふとん速暖⇒10分

速暖で使えば10分で布団が暖まるので、寝る前にさっとセットして使えばいいのも便利です。

布団乾燥付ヒータードライヒートの電気代は?

ヒーターとしても衣類や布団乾燥機としても使うことができるのは便利ですが、気になるのが電気代問題ですよね。

そこで、実際のところ電気代はいくらなのか調べてみました。

★1200Wの最大消費電力で1時間使った場合の電気代は約32.4円

セラミックヒーターは、他メーカーでも最大1200Wのものが多いですので、電気代についてh他のものと比較しても大差はないですね。

ちなみに、ふとん乾燥モードは500W、速暖は700Wだったのでそれぞれの時間と電気代も以下にまとめておきます。

★ふとん乾燥⇒1時間で13.5円
★速暖⇒10分で約3.15円

となります。

布団乾燥機としてみても、電気代はそこまで高くなるわけでもないのもうれしいですね!

布団乾燥付ヒータードライヒートはどこで買うのがお得?価格比較

布団乾燥付ヒータードライヒートですが、楽天市場やAmazonでの取り扱い状況とその価格についても調査してみます。

★楽天市場⇒13,000円

★日テレ7楽天⇒10890円

★Amazon⇒11,800円

★ヤフーショッピング⇒10890円

※2021年1月14日現在の税込み価格です。

今なら楽天市場かヤフーショッピングの日テレ7店がおすすめです!

▼特別価格をチェックしてみる

スリーアップ布団乾燥付ヒータードライヒートのまとめ

いかがだったでしょうか。今回は、スリーアップから発売されてるふとん乾燥付きヒーター「ドライヒート」についてまとめてみました。

布団以外のも布団を温めたり、衣類乾燥など多彩に使うことができるので、1台あれば1年中活躍してくれそうですね!

★コンパクトヒーターはこちらも人気★