健眠枕の口コミ評判や効果は?寿命や洗濯方法とデメリットも徹底検証!

この記事では、もったいない通販に登場した【健眠枕】の口コミ評判や効果と、洗濯方法やデメリットなどをチェックしていきます。

松平健さんと整体師の井上剛志氏が開発したという理想の寝姿勢へと導いてくれる枕です。

スマホやパソコンなどを使っていると、巻き肩や猫背で悩むこともありますよね~。

そんな対策をして、理想的な寝姿勢で良質な睡眠へと導いてくれるというこだわりのまくら。

睡眠は人生の3分の1ほどもあるといわれているので、しっかりした睡眠のためにも自分に合う枕を使いたいですね!

それではさっそく、健眠枕について詳しくチェックしていきましょう!

【記事中で紹介してる商品はアフィリエイトリンクを使ってます。】

健眠枕とは?

健眠枕とは、松平健さんがプロデュースして、美容整体師の井上剛志氏が監修したというまくらです。

井上剛志氏は、美容整体師としてはもちろんYouTubeチャンネル「美容整体アピアランスTV」も運営しているほど。

開発期間も約1年もかけていて、独自の形状で、理想の寝姿勢へと導いてくれるというのが特徴です。

健眠枕の特徴や効果は?

まずは、買った後に後悔しないためにも「健眠枕」の特徴や効果からチェックしていきましょう!

巻き肩や猫背防止をサポート

健眠枕は、巻き肩や猫背防止をサポートしてくれるというのが特徴です。

ほどよい中反発素材に肩をのせるように寝ると、固まった肩まわりの筋肉が緩みやすく、巻き肩や猫背防止をサポートしてくれるんです

しかも、肩全体を支えることができるほどのワイド形状になっているので、寝ている間にも巻き肩になりにくくしてくれるのも魅力的ですよね♪

私も最近はPCやスマホなどを使う時間が増えていて、巻き肩気味になってるので、寝るだけでサポートしてくれるというのはうれしいところです。

さらにこの枕は、横向きになったとしても身体をまっすぐに保ち快適な睡眠をサポートしてくれるそうですよ♪

2種類の高さでストレートネック対策にも

健眠枕は、上下で高さが違うという特殊なデザインになっています。

首をサポートしてくれる突起を首に当たり部分に配置していて、上下で高さも変えられるので、使う人の身体のサイズや好みの高さで使い分けができるんです。

しかも、突起部分が胸椎に当たることでストレートネック対策にも効果的というのも魅力的ですね。

首がしっかりと支えられて、胸も開きやすくなれば、呼吸の浅さによる寝苦しさなども軽減できるので、睡眠の質をアップにも♪

寝返りしやすい枕

健眠枕は、中央と両サイドに向けて持ち上がるような傾斜がついているのも特徴です。

平らな枕とは違い、傾斜があることで寝返りもサポートしてスムーズにできるようになっているということですね。

しかも、中央部分はやわらかく、左右に行くほど弾力がアップする仕様になっているので、仰向けはもちろん横向き寝やうつぶせ寝など、さまざまな寝姿勢で使いやすいのもうれしいですね。

通気性や吸湿性にも優れてる

健眠枕は開口率95%多孔質セルフォームで、通気性や吸湿性に優れているのも特徴です。

しかも吸収した湿気も、ゆっくりと放出してくれるので、熱がこもりにくく、頭部の温度を下げて、心地よい睡眠へと導いてくれるんです。

健眠枕の置き差や重さ、高さなど仕様まとめ

【健眠枕の仕様】

・大きさ⇒約W600mm×D380mm×H140mm

・重さ ⇒本体(約1300g)、カバー(約90g)

・素材 ⇒
本体インナーカバー:綿100%
本体中材(上層):ポリウレタン100%
本体中材(下層):ポリウレタン100%
本体付属枕カバー:再生繊維(テンセル)50%/綿50%

首サポート部分に、首をのせるようにして寝るだけです。

好みに合わせて高い・低い側を手前にして使うことができますよ。

健眠枕の耐久性や寿命は?

健眠枕も決して安いものではないので、どれくらい持つのか耐久性や寿命も気になりますね。

こちらは販売ページなどにも記載がされていませんでした。

その代わり、高復元ウレタンを採用していて、約99%の復元力があるので、長く新品同様に使うことはできそうですね。

ちなみに、ウレタン素材の枕の寿命は、低反発も高反発も約3~5年ほどです。

使い方や使う人の体形などにもよって変化しますが、復元しなくなったときには買い替えを考えるようにしましょう。

健眠枕の洗濯方法は?

健眠枕ですが、結論を言ってしまうと本体は洗うことができません。

ウレタン素材というのは水に弱く、濡らしてしまうと枕としての寿命や耐久性を一気に減らしてしまうことになりますからね。

万が一、水などをこぼしてしまったときには、乾いた布ややわらかいペーパータオルなどですぐに吸い取って風通しの良い日陰で陰干しするようにしましょう。

ちなみに、カバーは取り外して洗濯ネットに入れることで洗濯機で丸洗いすることができます

肌に触れるカバーならいつでも洗えるから清潔に使えるところはうれしいですね。

健眠枕の口コミ評判は?

ここまで特徴や効果などいろいろみてきたけれど、やっぱり実際に「健眠枕」を買って使ってる方の口コミも参考にしたいですよね~。

そこでいろいろ調査してみたのですが、新しいためか役立つ情報はありませんでした。

口コミがみつかりましたら、ここでどんどん紹介していきますね!

番組では、久本さんが「ピッタリの枕を見つけたかも!」と絶賛していたので、寝心地は良さそうですね!

健眠枕のデメリットは?

健眠枕のデメリットについてもチェックしていきます。

・本体は洗えない

・慣れるまでは違和感がある場合も

付属のカバーは取り外すことで洗濯機で洗うことはできるけど、本体の素材はポリウレタンなので水に弱く洗うことができないので注意が必要です。

水分がしみこんでしまうと乾きにくく、カビが発生することもあるので、水やジュースなどをこぼさないようにしましょう。

また、普通のまくらとは違って少し特殊な形状をしています。

いきなり夜に使うよりも、お昼寝などでまずは軽く使ってみるのが良さそうですね。

健眠枕はこんな方におすすめ

健眠枕は、下記のような方におすすめです。

・寝てるときに姿勢が気になる方

・寝返りのうちやすい枕を探してる方

・首の負担が少ない枕を使いたい方

一般テクな枕のように頭や首はもちろんですが、さらに肩まで乗せることでしっかりと支えてくれるのが魅力的ですね♪

固まった肩まわりの筋肉もゆるんで、巻き肩や猫背にもなりにくくしてくれるんです。

やわらかすぎると頭が深く沈み込んで寝返りしにくくなるけど、これなら適度な弾力もあるから、寝返りもスムーズにしやすいのもうれしいですね。

枕難民なら候補の1つとして考えてもいいかも!

健眠枕を最安値で買う方法は?楽天やAmazonは?

健眠枕は、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販販売店で価格を調査してみました!(2023/1/22調べ)

★ロッピング楽天市場⇒1個8,980円、2個14,980円(税込・送料無料)

★アマゾン⇒1個14,980円(税込・送料無料)

★ヤフーショッピング⇒1個8,980円、2個14,980円(税込・送料無料)

このようになっていて、ロッピング系の2個セットが安いですね!

中でもポイントがたまって使いやすい楽天市場やヤフーショッピングがお買い得ですね!

「ブルーブラッド3D体感ピローCORE」もテレビ番組で紹介してて評判が良さそうですね。

▼口コミや仕様などの詳細は下記ブログ記事をどうぞ▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする