プロも愛用する二層式洗濯機のおすすめはこれ!人気ランキング7選【選び方や使い方】

洗濯機というと、「全自動洗濯機」が主流だけれど、しつこい汚れをしっかりと落とせるパワーがあるのが二層式洗濯機ですよね。

実際に、プロも愛用しているタイプになるので、その効果もかなり期待することができますからね。

でも、二層式洗濯機もパナソニックや日立などいろいろなメーカーから発売されてるし、機能やデザインもそれぞれ違ってるので、買おうと思ってもどれを選べばいいのか分からなくなってしまいますよね。

そこで今回は、二層式洗濯機の選び方のポイントと、通販の口コミでも評判の良いおすすめ品をランキング形式でご紹介していきます。

また、最後に使い方についてもまとめていきますので、ぜひお役立てください^^

二層式洗濯機の失敗しない選び方のポイント!

まずは、買った後に後悔しないためにも洗濯機を買う前にチェックしておきたいポイントから見ていきましょう。

設置場所と搬入経路の確認をしよう!

二層式の洗濯機は、全自動タイプと比べると横幅が長くなっているので、もし買い替えを考えている場合は設置場所と、本体のサイズの確認をすることが大切です。

他にも確認しておきたいのが、『搬入経路』です。

置く場所のサイズは確保することができたとしても、そこまで運び入れることができなかったら大変ですからね。

そこで、以下のポイントも確認し忘れないようにしましょう。

●玄関の幅
●アパートやマンション住まいの方は、階段や通路・エレベーター
●自宅内の廊下
●給水用の蛇口の場所や高さ

本体の大きさも確認する

二層式洗濯機は、メーカーや商品によっても大きなものからコンパクトサイズまで本体サイズが違っていたりもします。

そこで、本体の大きさ・容量などをきちんと調べておくのも大切です。

購入する前に知っておきたい注意点

プロも愛用するほど便利な二層式洗濯機ですが、購入する前に知っておきたい注意点もあります。

【購入前に知っておきたい注意事項】

●使用時の音が大きい
●大きなものは洗えない
●アナログ部分が多く全自動になれていると面倒に感じるところもある

ということです。

メリットや良いところだけを見て買ってしまうと、使ってから「使いにくい…」となってしまうこともありますので、しっかりとデメリットがあることも理解したうえで選ぶようにしましょう。

「やっぱり全自動の方がいいかな~」という方は、以下のページがオススメです。

【2019年最新版】洗濯機の選び方とおすすめ11選♪縦型・ドラム式の違いとは

二層式洗濯機のおすすめ品はこれ!人気ランキング7選♪

ここからは、二層式洗濯機の中でも通販サイトの口コミ評価が高いおすすめ品をご紹介していきます。

機能などにも注意しながら、あなたにピッタリなタイプを探すときにお役立てください。

7位:パナソニック 2槽式洗濯機NA-W40G2-W

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(標準設置料込)NA-W40G2-W パナソニック 4.0kg 2槽式洗濯機 ホワイト Panasonic
価格:27870円(税込、送料無料) (2019/4/18時点)

楽天で購入

こちらは、パナソニックさんから発売されてるシンプルなデザインで使いやすいと人気の二槽式洗濯機です。

水を大切に使う「脱水給水機能」&「水位切替」が付いてるので節水しながらお洗濯ができるのが大きな特徴です。

槽には錆を寄せ付けない「プラスチックボディ」を採用しているので、カビ取りの手間も必要なくお手入れもしやすくなっているのは魅力的ですね。

1.4kg以下の毛毛や、総質量1.2kg以下の肌掛けふとんも洗うことができるほどのパワフル使用になっていますよ。

脱水槽は樹脂製で、すすぎ水位調整機能も完備しています。

●サイズ:約幅797×奥行470×高さ952mm
●重さ :約23kg
●運転音(50/60Hz):洗濯43dB 脱水47dB
●容量 :洗濯脱水4.0kg
●標準使用水量:高41 / 中37 / 低33L

口コミ・評判・評価

●ペット用の毛布やマットの洗濯用に購入。思ったよりも本体の大きさがありましたが何とか設置することができたので良かったです。

●頑固な汚れや付け置きができるのでとても便利だと思います。ドラム式と使い分けて使ってます。

●大きさがあるので洗濯物が入れやすいです。いつも使っていますが満足のいく洗濯ができています。

6位:日立 2槽式洗濯機(4.5kg)PS‐H45L‐CP

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日立 2槽式洗濯機(4.5kg) PS‐H45L‐CP (パインベージュ)(標準設置無料)
価格:24640円(税込、送料無料) (2019/4/18時点)

楽天で購入

こちらは、日立さんから発売されてる2層式洗濯機です。

「標準」「ソフト」の2段階で調整することができるので、汚れや衣類に合わせて切り替えて使うことができます。

終了時にはお知らせブザー機能があるので離れていてもすぐにわかる仕様になっているのが特徴です。

脱水槽はプラスチック仕様になっているので、雑な取り扱いには気をつけるようにしましょう。

●サイズ:約幅750×奥行き425×高さ893㎝
●重さ :23kg
●消費電力:【洗濯】330/380W、【脱水】140/150W
●洗濯容量:4.5kg
●脱水容量:5.0kg

口コミ・評判・評価

●少し音が大きいように感じますが、洗濯も脱水もパワフル使用で長期的に使っていきたい商品だと思います。

●汚れなどは問題なく使えていますが、水位を合わせるレバーがくず取りネットの下にあるので、場合によっては水の中に手を入れて調節することになるところだけが不満です。

●二槽式はカスタマイズ洗濯ができるので私が大好きです。洗濯槽のカビ取りの必要がないところが何よりもストレスフリーです♪

5位:ハイアール 二槽式洗濯機(8.0kg)JW‐W80E‐W

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハイアール 二槽式洗濯機(8.0kg) JW‐W80E‐W (ホワイト)(標準設置無料)
価格:29590円(税込、送料無料) (2019/4/18時点)

楽天で購入

こちらは、ハイアールの8kg対応の二層式洗濯機です。

洗濯水を数回使うことができるので節水することができるうえに、色落ちする衣類を分けて選択することもできるので短い時間で洗濯することができるのが特徴です。

給水切替をすることで脱水槽に給水すればすすぎもみも行うことができるので、汚れがヒドイ洗濯物などはあらかじめすすいでおくことで洗濯効率をアップすることができます。

粉せっけんの使用にも対応しているので、お肌が弱い人にも使いやすいです、

●サイズ:約幅820×奥行465×高さ995㎜
●重さ :約28.5kg
●洗濯/脱水容量:8.0/6.0kg
●羽毛洗い:4.0kg以下
●消費電力:洗濯260/320 脱水120/150
●定格時間(高水位時):洗濯16分 脱水6分
●標準水量:50~70L
●その他:風脱水・すすぎ水位調整・終了ブザー・スパイラルセーター

※給水用ホースが付属されていないのでご注意ください。

口コミ・評判・評価

●節水することができるし洗濯時間も早く終わるので、二層式の洗濯機が一番です。

●思ったよりも静かですし汚れもよく落ちます。脱水槽も8キロあれば十分だと思います。

●操作も簡単で使い勝手は良いです。欲を言えば回転レベルが「標準」と「ソフト」の2種類しかないので「強」もあるとうれしいです。

4位:日立 二槽式洗濯機(4.5kg)自動二槽式~青空~ PA‐T45K5-CP

こちらは、日立さんから発売されてる人気の二層式洗濯機です。

手間が少なく、きめ細かで合理的な3つの洗い方を実現していて、すすぎまで自動運転してくれるのが特徴です。

汚れをしっかり落とすつけおき洗いも自動サイクルで、洗いと脱水すすぎの自動進行もできる優れもの♪

●サイズ:約幅75×奥行き43.3×高さ93.8㎝
●重さ :約24kg
●洗濯容量:4.5kg
●脱水容量:5kg
●消費電力:洗濯330/380W、脱水140/150W(50/60Hz)
●その他 :循環式糸くずフィルター・つけおき洗いコース・ヘルツフリー・フラットデザイン

口コミ・評判・評価

●洗濯と脱水が同時にできるので時間も短縮できるし、小分け洗いに最適です。すすぎまでは自動でできるのでとても重宝しています。

●つけおき洗いができるし、すすぎもきちんと汚れが落ちてるか確認できるし、洗濯機の黒カビが付かないと最高にいいです!

●この洗濯機はすすぎが自動で排水もストップしてくれるのがとても便利で、二層式洗濯機の面倒な部分も感じません。汚れもしっかり落とせて満足です。

3位:小型二槽式洗濯機 別洗いしま専科 2

こちらは、洗濯容量3.6kgと一人暮らし用のメイン洗濯機としても十分なコンパクトサイズの二層式洗濯機です。

サブ洗濯機としても使いやすく、いつも使っている洗濯機とは別に分けて洗いたい汚れがヒドイ物や色移りが気になる服などにピッタリです。

脱水槽にはステンレス製でカビにくく、洗濯を回しながら同時に脱水も使うことができるので、効率よくお洗濯をすることができるのが特徴です。

操作パネルも【洗いタイマー】【洗いコース】【脱水タイマー】の3つのツマミをそれぞれ回して時間とコースを選ぶだけで簡単に使えます。

●サイズ:約幅550×奥行き345×高さ575㎜
●重さ :約9kg
●洗濯容量:3.6kg
●脱水容量:2.0kg
●防水性能:IPX4
●電圧/周波数:100V50-60Hz

口コミ・評判・評価

●軽いので脱水の振動で少し動いてしまうのが難点ですがとても使いやすいので満足です。

●子供の上履きや泥だらけの体操服を洗うように購入。洗濯パワーがあるのでキレイになり、週末のストレスから解放されました。

●サブ洗濯機として重宝しています。洗浄力・脱水力ともに強力なので助かります。

2位:マイセカンドランドリー TOM-05

コンパクトサイズで設置場所も選ばない人気のマイセカンドランドリー。

なつかしい二層式洗濯機でしっかりと洗濯や脱水ができるコンパクトタイプです。

ミニサイズなのでこちらは、毛だらけのペット用のタオルや、泥だらけの作業服用など、分けて洗いたい洗濯物専用にもおすすめです。

電源と水道、排水できる場所があればどこでも使える手軽さも人気の理由の1つです。

本体の重さは女性でも運べる約11kgなので、使いたいときに収納スペースから取り出すこともできるので、空間を占拠してしまう心配もありませんよ、

●サイズ:約W550×D360×H570mm
●重さ :約11kg
●標準洗濯:約3.6kg
●脱水 :約2.0kg
●水量 :約16L
●消費電力:洗濯240W・脱水120W
●洗濯方式:うずまき式
●脱水方式:遠心脱水式
●その他 :排水ホース付き(給水ホース無し)

口コミ・評判・評価

●ミニサイズのかわいい洗濯機ですが、しっかりと洗えたし脱水もできたので感動しました。

●子供が汚してすぐ洗いたいもの用に購入。毎日汚れものが出るたびに洗っていますが使い勝手もよく大満足です。

●二層式は手間だと思っていましたが、こちらはコンパクトなので全然手間に感じることもなく、汚れ落ちも良いので短時間でもしっかりと落とせます。

1位:ハイアール 二槽式洗濯機(5.5kg)JW‐W55E‐W

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハイアール 二槽式洗濯機(5.5kg) JW‐W55E‐W (ホワイト)(標準設置無料)
価格:18150円(税込、送料無料) (2019/4/18時点)

楽天で購入

白い衣類とカラーの衣類を分けて選択できるので短い時間で洗濯ができるうえに、洗濯水を数回使えるので節水効果も期待できます。

脱水槽は丈夫なステンレス脱水槽を採用しているので、傷が付きにくく、カビも寄せ付けずにいつまでも清潔に保つことができます。

お肌やアレルギーが心配な人も、二層式洗濯機なら肌に優しい粉せっけんなども使うことができるし、洗濯槽が固定されているので、アレルギーの原因にもなる黒カビが発生しにくい構造になっています。

【スペック】

●サイズ:約幅770×奥行438×高さ920㎜
●重さ :約25.5kg
●羽毛洗い:2.6kg以下
●標準水量:30~43L
●定格時間:洗濯16分 脱水6分(高水位時)
●消費電力:(50Hz/60Hz):洗濯230/280、脱水100/140
●特徴  :ステンレス槽・すすぎ水位調整・給水切替・終了ブザー・おまかせ・標準・ソフト
●その他 :設置無料商品です

口コミ・評判・評価

●少し手間はかかるものの汚れはよく落ちるし、音もちょっとしますが満足してます。脱水も強力なので全自動よりもすぐに乾くため買って良かったです。

●思ったよりも音も静かなのでブザーがないと終わったことに気が付かないかも。ただ1つ不満なのはミズノホースをさすところが真上で固定されてるので、ホースが折れて水が詰まってしまうことがあるので固定ガイドが必要なところ。

●全自動とは違い、自由に時間調整ができるし、音も思っていたほどうるさくはないです。脱水力もかなり良く重宝してます。

二層式洗濯機の使い方

二層式洗濯機の基本的な使い方についてはステップ形式でご紹介していきます。

ステップ1:洗濯槽に水を溜める

まずは、洗濯層に水を溜めていきましょう。全自動タイプとは異なり、自分で水道の蛇口をひねって水が溜まるのを待つ必要があるので、使い慣れていないと水を入れすぎてしまうこともあるので気を付けましょう。

ステップ2:洗剤を入れてスタート!

一定量の水がたまったら洗剤を入れます。洗剤も自動で入れてくれないので、入れすぎに注意してください。

準備が終わったら、洗濯をスタートしましょう!

ステップ3:洗濯物を脱水層に移して脱水

洗濯が終わったら、洗濯槽にある洗濯物をとなりの脱水層に移動していきます。

蓋をして、脱水をスタート!

ステップ4:すすぎ洗いをする

脱水が終わったら、もう一度洗濯槽に移して、すすぎ洗いをしましょう。

もし「柔軟剤」を使う場合は、このタイミングで使います。

ステップ5:再び脱水する

すすぎ洗いが終わったら、もう一度脱水層に移して脱水します。

ステップ6:外に干す

脱水が終わったら、洗濯物を外に持っていって干しましょう。

このように、二層式はパワーがあるものの手間もかかるというデメリットもありますが、そこさえ気にしなければ快適に使うことができます。

シンプルなデザイン&作りなので、操作も簡単なものが多いですから機械音痴な人にも人気ですよ。

さいごに

いかがでしたか?

二層式洗濯機といっても、メーカーや商品によってもそれぞれ特徴があるので、目的に合わせて選べるのはうれしいですね。

ぜひ、あなたの使う目的にピッタリな洗濯機を探してみてくださいね。