2段式超高速弁当箱炊飯器の口コミ評判や電気代!最安値で買う方法は?「サンコー」

この記事では、サンコーの【2段式超高速弁当箱炊飯器】の口コミ評判や電気代、最安値で買う方法についてチェックしていきます。

テレビ番組などでも紹介されているおひとり様用の弁当箱と炊飯器が一体になった人気アイテムですね。

従来モデルも大人気だったけれど、今回は2段式になったことでおかずもいっしょに美味しく温めることができるというのは魅力的♪

そこで今回は、その特徴や旧モデルとの違いなどについても触れながらまとめてご紹介していきます。

2段式超高速弁当箱炊飯器の口コミ評判や評価は?

まずは、サンコー【2段式超高速弁当箱炊飯器】を実際に買って使ってみた方の口コミ評判から見ていきましょう。

楽天にあるサンコー公式ショップにはいろいろな口コミがありましたので、こちらをお役立てください。

【楽天市場】2段式超高速弁当箱炊飯器の口コミ

いかがだったでしょうか?

ここからは、要点を抑えて簡潔にご紹介していきます。

・大きさは?

★持ち運びしやすいサイズ感。
★場所もあまりとらない。

一合分だけでも炊くことができるのはとても便利ですね。

サイズも小さく荷物になりにくいから、会社にもっていく人も少なくないみたいですね。

・お手入れや洗い物は?

★お手入れも簡単で助かる
★テフロンなのでご飯もくっつきにくく洗うのもラク。
★お手入れはしやすいけど、フタのパッキンが取れやすく入れにくい

お弁当箱でもあるので、毎日でも使いたくなってしまいますね。

内部はテフロン加工が施されてるので、ご飯もくっつきにくいのでお手入れもしやすいという声もあります。

食べ物をあつかうものですので、清潔に使えるのはとても大切ですね。

・使用感は?

★短時間で炊くことができるのは便利。
★普通の炊飯器で炊くのと変わらないくらい美味しく炊ける
★炊飯+おかずも温められるのが便利。
★仕事場で温かいご飯が食べられるのがうれしい
★少量のご飯を食べたいときに短時間で炊くことができるのは助かる。

また、SNS上でもたくさんの投稿があります。

2段式超高速弁当箱炊飯器の使い方は?

2段式超高速弁当箱炊飯器の使い方は旧モデルと同じく簡単です。

1、お米と水、おかずを入れる

2、スイッチを入れる

たったこれだけで、超高速15分で同時調理することができるのです。

仕事から帰ってきたときや職場のランチでも使いやすいと評判です。

※0.5合炊飯+おかずの場合、約15~19分
※1合炊飯+おかずの場合は、約21~24分

2段式超高速弁当箱炊飯器の電気代は?

2段式超高速弁当箱炊飯器は、一般の炊飯器よりも消費電力も少ないので、当然電気代も安いです。

具体的な目安がこちら▼

★1日20分使ったときの電気料金は約1.66円

※1kWhあたり27円で計算

電気代も安く気軽に使いやすいというのも、人気の理由の1つですね。

2段式超高速弁当箱炊飯器とおひとり様用超高速弁当箱の違いは?

サンコーからは、旧モデルに「おひとりさま用超高速弁当箱」というものも販売しています。

せっかく買うのなら、少しでも使い勝手が良い方を選びたいですよね。

そこで、この2種類の仕様をいかに表にして比較してみました。

2段式超高速弁当箱炊飯器 おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器
大きさ 幅240×奥行き100×高さ113㎜ 幅240×奥行き100×高さ80㎜
重さ 877g
(蓋・内蓋・内釜含む)
840g
(ケーブル含む)
消費電力 185W 185W
最大炊飯量 1合(0.18L) 1合(0.18L)
炊飯時間 0.5合:約15~19分
1合:約20~24分
0.5合:約14分
1合:約19分半
機能 温機能
空焚き防止機能
2段式
保温機能
空焚き防止機能
税込価格 7,980円 6,980円

従来品のおひとり様用超高速弁当箱炊飯器は、ご飯を炊くということに特化していたので、おかずを同時に温めたりすることができませんでした。

2段式になったことで「おかずトレイ」が新たに追加!

市販の大盛りレトルトのほとんどが300gということなので、このおかずトレイも、最大300gまで対応しています。

そのため、大盛りのレトルトカレーを入れていっしょに温めることも!

下の段でお米を炊き、上の段でおかずの出来立てを同時にいただけるというのがポイントになっています。

電子レンジで温めて、容器に移して…という面倒な作業もないところも便利ですね。

旧モデルの口コミは販売店での価格は以下の記事で詳しくまとめていますのでお役立てください。

2段式超高速弁当箱炊飯器を最安値で買う方法は?

2段式超高速弁当箱炊飯器は、楽天市場やAmazon・ヤフーショッピングでも買えるのかな?

そこで、取扱店での価格を調査してみました。

★サンコー楽天市場⇒7,980円(税込・送料無料)

★ヤマダ電機楽天市場⇒7,422円(税込・送料無料)

★Amazon⇒6,980円(税込・送料無料)

★ヤフーショッピング⇒7,980円(税込・送料無料)

価格はAmazonがお得になっていたけれど、販売元がサンコー公式ではなかったので、安心の楽天やヤフーがおすすめです。

↓↓↓