アラジングラファイトグリル&トースターAGT-G13Aの口コミ評判や使い方は?電気代やデメリットも徹底検証!

この記事では、通販番組などメディアでよく取り上げられる【アラジン グラファイトグリル&トースターAGT-G13A】の口コミ評判や電気代、デメリットなどをチェックしていきます。

毎朝の朝食はパン派!という人にとってはトースターととっても大切ですよね。

いろいろなメーカーから多種多彩なデザインや機能を持ったタイプが発売されているのですが、その中でもアラジンさんから発売されてる「グリル&トースター」がとても人気が高まってきているんです。

メディアで紹介されたわけでもないにもかかわらず、どんどん需要が高まっている人気の秘密が気になりますよね。

そこで今回は、アラジンの「グリル&トースターAGT-G13A」の特徴と、実際に購入して使った人の口コミ評判についてまとめていきたいと思います。

これから買い替えなどを検討されているという方も、ぜひ候補の1つにしてみてはいかがでしょう。

アラジングラファイトグリル&トースターAGT-G13Aとは

アラジンといったら、石油ストーブやファンヒーターを主に取り扱う電気暖房で人気の家電メーカーですよね。

そんなアラジンさんから満を持して発売されてるのが、「わずか0.2秒で発熱する遠赤グラファイト」を搭載したトースターです。

とても人気が高く、今では楽天市場さんのランキングでも上位に入るほど多くの方から選ばれているのです。

そこでまずは、どういったところが人気があるのか、「グリル&トースター」の特徴からチェックしていきたいと思います。

アラジングラファイトグリル&トースターAGT-G13Aの特徴

世界初の「遠赤グラファイト」を搭載してる

遠赤グラファイトは、特許技術で熱伝導率が銅の2~4倍、さらに遠赤外線量は同社カーボンの1.2倍といった特性を持っているのが特徴です。

業界唯一の技術を惜しみなく使ったトースターになっているので、パンも美味しく焼くことができるのでしょうね。

短時間&高温で外カリ&中モチの食感が楽しめる!

0.2秒で発熱してくれるので、速く熱く調理することができるので、トーストは外側がカリッとしながらも、中はモチモチ食感の美味しいトーストが焼けるのが特徴です。

高温で一気に焼き上げてくれるので、忙しい朝にもピッタリなトースターですよね。

グリルパン付き

アラジンの「グリル&トースターAGT-G13A」には付属の専用容器などもセットであります。

●アラジングリルパン×2種、グリルネット、コンセプトブック、レシピブック

これらの付属品を使うことでトーストを焼く以外にも、「焼く」「あぶる」「蒸す」「温める」というように多彩な調理にも対応することができます。

しかも、専用容器内が330℃まで高温になるので、オーブン料理も作ることができるということで、お料理の幅を広げることもできますね。

油を使わなくても調理をすることができるのでヘルシーで健康的だし、庫内が汚れにくくなっているというのも忙しい人には助かりますよね。

おすすめレシピ&メニュー!

アラジンのグリル&トースターは、いろいろな調理に対応してるので、以下のようなメニューを作ることもできてしまうのです!!

●トースト
●ハンバーグ(グリルパン)
●ノンフライのから揚げ
●焼きそば
●パエリア
●鮭のきのこバター焼き

他にもアイディア次第で、料理の補助家電としても役立つことができますよ♪

本体サイズ

トースターを買うときには、本体サイズも確認しておきたいところです。

買った後に「思ったよりも大きかった…」なんてことになったらスペースを新しく作らないといけませんからね。

そこで本体サイズもチェックしてみましょう。

●大きさ:幅36×奥行き35.5×高さ25㎝
●庫内 :幅31×奥行き28.5×高さ9㎝

このようになっています。

外寸の大きさもそこまで場所をとるということはないですし、庫内も広いので使い勝手も良さそうですよね。

温調機能

トースターには、温調機能もあるので、こちらも確認しておきたいところです。

アラジンのグリル&トースターは、【100~280℃】で調整することができます。

これだけ高温で使えるところが、いろんな調理ができる人気の秘密になっているのかな^^

本体の重さ

トースターのお手入れや、場所を移動するときに本体が重たすぎると落としたりする危険もあるので、しっかりと重さについてもチェックしておきましょう。

●重さ:約4.7kg

女性が一人でも軽く持ち上げることができるくらいの重量ですので、お手入れしたり移動させるときにも安心できますね。

その他の特徴

●コードの長さ:1.0m

●消費電力:1300W(グラファイトヒーター650W/石英管325W×2)

●付属品:アラジングリルパン×2種、グリルネット、コンセプトブック、レシピブック

アラジングリル&トースターの電気代は?

いろいろと使い勝手が良さそうだからこそ気になるのが電気料金ですね。

消費電力1300Wだったので、ここから1kWhあたり27円で計算してみました。

10分使ったときの電気代は約5.85円

消費電力としては、これくらいのものが多いので、ホットプレートや電気圧力鍋とかとほぼいっしょくらいですね。

アラジングラファイトグリル&トースターAGT-G13Aの口コミ評判

ここまではトースターの特徴や基本情報などをいろいろと見てきたけれど、パンを焼く以外にもいろいろと使うことができるということですから、とても役立ちそうですよね。

でも、実際の使い心地も気になりますよね~

そこでここからは、購入して使った人の口コミ評判・レビューについて見てみましょう。

悪い口コミやデメリットは?

実際に買って使ってる方分かる欠点などを悪い口コミからチェックしていきます。

悪い口コミというのは少ないけどいくつかありますね。

良い口コミ評価は?

満足度の高い方の口コミをチェックしていきます。

いかがだったでしょうか?

Twitter上にはたくさんの方の口コミがありましたが、満足度の高い投稿が多い印象ですね。

使い方も簡単だし、料理のレパートリーが増えるなど、想像以上に便利に使うことができそうですね♪

他にも評価されていたところだと、

●発熱がとてもはやい。

●中も広々していて調理中もよく見える。

●庫内も広いのでお手入れも楽で、パンくずトレイも取り外しができる。

●トーストはカリッと美味しく、そしてすばやく焼ける。

●パンが4枚焼けるというのがとても便利。

ネット上にある購入された方の口コミをまとめてみました。

楽天市場やアマゾンなどで評価が高いのも納得ですね!

口コミから分かった欠点について

全体的に高評価なレビューが多いアラジンのグリル&トースターですが、それでも欠点というものもありましたね。

それは、【パンを焦がしやすい】ということですね。

口コミでも多かった、すばやく焼くことができるというのは時短にもなって助かるのですが、このメリットは見方をちょっと変えると焦がしやすいといったデメリットにもなるのです。

なので、レビューでも最初はパンを焦がしてしまったという人も見かけることがありましたからね。

今までのトースターと同じ感覚で使ってしまうと焦がしてしまう可能性があるので、短い時間から微調整していった方がよさそうです。

グリル&トースターはこんな方におすすめ

アラジングリル&トースターは、下記のような方におすすめです。

・食パンを美味しく食べたい方

・料理のレパートリーを増やしたい方

・置くスペースを確保できる方

機能面や使い勝手の良さなどは、ネット上でもかなり評判がいいですね。

ただ、大きい4枚焼き対応バージョンは奥行もあるので、しっかりスペースは用意しておきたいところですね^^

アラジングリル&トースターAGT-G13Aの通販販売

アラジン「グリル&トースターAGT-G13A」は、楽天市場やAmazonでも購入することができます。

楽天市場さんはこちらから

▼日テレポシュレ楽天市場店はこちら

現在取り扱っていませんでしたので、復活しましたらご紹介しますね。

Amazonさんはこちらから

私が調べたときにはちょこっとだけ楽天さんの方が安く、ポイントも付くのでおすすめです。

・アラジングラファイトトースター2枚焼きの販売店も

価格も安くなって、コンパクトサイズのアラジングラファイトトースター(2枚焼き)も通販サイトで取り扱いがありましたよ。

こちらのトースターも人気があります

今回は、人気急上昇中のアラジンのグリル&トースターをご紹介してきましたが、以下のトースターも常にランキング上位に入っている大人気トースターなので、ぜひチェックしてみてください。

タイガー「うまパントースターKAE-G13N」の特徴と口コミ評判

バルミューダ・トースターの特徴と口コミ評判はこちら

まとめ

いかがでしたか?

アラジンの「グリル&トースターAGT-G13A」は、パンを焼く以外にも、煮る・蒸す・温める・焼く・あぶるなどの多彩な使い方ができるので、それだけいろんな調理に応用することができます。

また、公式ショップではレシピ集なども公開されてるので、ぜひチェックして料理の幅を広げてみてくださいね。