マイヤー エニディの口コミ評判やレシピは?デメリットや価格は?「tbs」

この記事では、キニナル金曜日に登場した【マイヤー エニディ(MEYER Anyday)】の口コミ評判やレシピなどをチェックしていきます。

アメリカで大人気で去年に日本に上陸したという話題の日を使わない電子レンジ調理器。

レンジで手軽にできるのに、ムラなくおいしくできると話題になっています。

しかも、そのまま冷蔵庫で保存することもできるから、容器を移し替えたりする必要がないというのは便利ですね!

そこで今回は、特徴やレシピ、使い方と実際の口コミ評判やデメリット、価格などをまとめてご紹介していきます。

マイヤー エニディとは?

マイヤーは、1971年にかるふぃるにあに拠点を移してから、本格的に調理器具を生産をはじめた、今ではタイや中国などに自社工場を持っているアメリカの調理器具メーカーです。

マイヤー エニディは、毎日の料理の味方としていろいろと便利に使うことができるようになっているというのが特徴です。

電子レンジはもちろんオーブンも使用できるというのもうれしいですし、冷凍可というのも助かりますね。

マイヤー エニディの特徴は?

マイヤー エニディの特徴についてチェックしていきます。

・電子レンジやオーブンにも対応

当ブログでもこれまでに電子レンジ調理器具は紹介してきているのですが、これはオーブンに使うこともできるほどの耐熱性があるのです。

耐熱温度は

・ディッシュ⇒260度
・フタ⇒200度

オーブンでフタを使うときには、200℃以下の温度設定する必要があるけど、それでも使い勝手はかなり良さそうですよね。

電子レンジ専用のものよりも、さらにいろんな料理ができるというのも魅力的ですね。

・ガラス容器なのでお手入れも簡単

本体はガラス容器になっているから、色移りなどもしにくいし、お手入れがラクというのもメリットです。

また、フタにはシリコンパッキンを使っているので密閉度も高くガラスも厚いので熱が逃げにくくなります。

温度があたたかい時にバルブを下げることで、中が真空状態になるので鮮度も保ちやすくなるというのも魅力ですね。

・ムラなく火が通りやすい

火を使う調理は火加減が難しいし、他のことができないです。

でも電子レンジを使えば温度調節なども必要ないから、子供の様子を見たり、他のことをすることもできるというメリットもありますね。

しかも、これはむらなく火が通りやすくなるようにフタに工夫がされているのです。

特殊加工のバルブは、レンジのマイクロはに食材の持っている水分が反応してデル上記を排出してくれるのです。

ほど良く充満した蒸気で温めることでムラなく火を通すことができるということです。

・そのまま冷蔵庫で保存もできる

下ごしらえをしてもすぐに調理しないときにはmそのまま冷蔵庫で容器ごと保存することもできるのです。

食べるときにレンジで温めればすぐに美味しく食べられるから、忙しいときには重宝してくれそうですね!

注意点としては、液体の冷凍はできないので、ここは気を付けたいところです。

マイヤー エニディの使い方は?食洗機は使えるの

マイヤー エニディの使い方についてもチェックしていきます。

マイヤー エニディの使い方

①:ワット数を確認する(レシピは600Wを想定している)

②:食材を入れたらフタをしてバルブをあげておく

③:調理時間をセットしたらスタート

④:容器が熱いので美トンを使って食卓へ

⑤:食べ終わったら食洗機に入れるかバルブを押し下げて密閉状態にして冷蔵庫で保管

このような流れで下ごしらえ~調理までもこれ1つでできてしまうし、食べきれないときには保存容器として使うこともできるのです。

しかも、洗うときには食洗機が使えるから洗い物の手間も少ないというのも助かりますね♪

マイヤー エニディのレシピは?

MEYER Anydayは、これだけで調理をすることもできるというのが魅力的ですよね。

でも、実際どんなレシピができるの?と気になっちゃいますよね~。

そこで調べてみると、公式サイトにいくつか掲載されていましたよ。

マイヤー公式サイト

さらに、TBSショッピング系ではれしプブックも付属されているから、届いたその日からいろいろとお試しすることもできるのです。

料理のレパートリーが広がるのも魅力的ですね。

ちなみに、料理研究家が著書の専用レシピブックというのも発売されていましたよ▼

マイヤー エニディの口コミ評判は?

ここまでは特徴やレシピなどいろいろ見てきたけれど、やっぱり実際に「マイヤーエニディ」を買って使ってる人の口コミも参考にしたいですよね!

そこでいろいろ調査してみたのですが、まだ日本では発売されたばかりだったので役立つ情報はありませんでした。

口コミがふえてきましたらここでどんどんご紹介していきますね!

マイヤー エニディのデメリットは?

マイヤー エニディのデメリットについてもチェックしていきます。

・直火で加熱はできない

・電子レンジやオーブンを使う場合が、フタ中央のバルブをあげる必要がある

・ガラス製なので割れる可能性もある

耐熱ガラスを使っているとはいっても、本体の耐熱温度は260度となっているし、フタは低めの200℃になっているのでここは設定温度で気を付けたいところですね。

レジェンド松下さんがおすすめしてた某容器のようにガラスでも釘を打てるほどの強度もなさそうですね・・・。

マイヤー エニディはこんな方におすすめ!

マイヤー エニディは、下記のような方におすすめです。

・電子レンジやオーブンで使いたい方

・お手入れがしやすい容器を探している方

・下ごしらえから調理までできる調理器具を探してる方

電子レンジ対応というのは多いけど、これならオーブンでも使うことができるので、高い耐熱性があるのも魅力的ですね。

1つあれば下ごしらえも調理にもできるし、見た目もおしゃれだから食卓にも出せたりと、洗い物の数を減らすこともできそうですね♪

マイヤー エニディを最安値で買う方法は?

マイヤー エニディは、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販サイトで価格を調査してみました!

※2022/4/8調べ

★TBSショッピング楽天市場⇒16㎝4,480円、18㎝5,380円(税込・送料805円)

★Amazon⇒無しまたは売切れ

★ヤフーショッピング⇒16㎝4,480円、18㎝5,380円(税込・送料805円)

このようになっているので、5/8まで特別価格になってるTBSショッピング系がお買い得ですね。

なかでも、ポイントが貯まって使える楽天市場やヤフーショッピングがお買い得です。

▼16㎝タイプはこちら

▼18㎝タイプはこちら

【関連記事】

マイヤー電子レンジ圧力鍋は爆発するのか口コミ評判や使い方!レシピ本は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする