アラジンコーヒーブリュワーの口コミ評判や使い方とバルミューダのコーヒーメーカーの違いも比較検証!

この記事では、【アラジンコーヒーブリュワーACO-D01A】の口コミ評判や使い方と、同じくコーヒーメーカーで人気の「BALMUDA The Brew」の違いの比較やデメリットなどをチェックしていきます。

【広告】

Aladdinブランドといったらトースターなどが人気ですが、購入者の声の中にはコーヒーメーカーを望む意見もたくさんありますよね。

そんな声を聞き入れて誕生したのが、アラジンブランド初のコーヒーメーカーです。

なんと、コーヒーのうま味はそのままだけど、雑味の除去ができるという方式を採用していて、おいしいコーヒーが味わえるそうですよ♪

それではさっそく、アラジンコーヒーブリュワーについて詳しくチェックしていきましょう!

【記事中で紹介してる商品はアフィリエイトリンクを使ってます。】

アラジンコーヒーブリュワーコーヒーメーカーとは?

アラジンコーヒーブリュワーは、日本エー・アイ・シー株式会社から2023年3月に発売されたアラジンブランド初のコーヒーメーカーになります。

その特徴は、コーヒー本来のうまみをしっかり抽出しながらも、雑味を抑えるという独自の方式「バイパスドリップ」を採用しているところにあります。

テイストも4種類から選ぶことができるので、その時の気分や食べ物に合わせて選べるのが魅力的ですね。

ドリッパー部分はステンレスを採用しているので、丸洗いすることができるし、ニオイ移りもしにくいというメリットもあります。

アラジンのトースターで焼いた美味しいトーストと美味しいコーヒーで朝の楽しい時間を過ごせるようになりたいですね!

アラジンコーヒーブリュワーの特徴や機能

まずは、買った後に後悔しないためにも「アラジンコーヒーブリュワー」コーヒーメーカーの特徴や機能からチェックしておきましょう。

コーヒーの旨味はそのままに雑味を抑える

アラジンコーヒーブリュワーの特徴は、アラジン独自の抽出方法「バイパスドリップ」という特許出願中のものを採用しているところです。

これは、簡単に言ってしまえばコーヒーを淹れる過程の中で、最後にコーヒー粉を通さない”差し湯”を行うというものです。

ハンドドリップでもコーヒーに差し湯することは一部で使われたりしているのですが、この下限をコーヒーメーカーが自動で最適に行ってくれるというのが特徴なんです。

アラジン曰く、コーヒーをドリップする時間のなかでも、旨味成分は前半にピークがあり、後半に雑味成分が抽出されるんだそうですよ。

雑味があると、えぐみや渋み、冷めた後のイヤな後味などにもつながってしまいますからね。

なので、このコーヒーブリュワーでは、後半部分をカットしてしまい、その代わりに普通のお湯を加えることで美味しいコーヒーが淹れられるようになっているんです!

好みに合わせて選べる4つのテイスト

アラジンコーヒーブリュワーには、その時の気分に合わせて選べる以下の4つのテイストがあります。

クリア 軽やかな酸味とすっきりした味わい。
プレーントーストの甘味を引き立てる
マイルド バランスのよいまろやかな味わい。
バタートーストの旨味を引き立ててくれる。
ストロング ほどよい苦味と深みある味わい。
チーズトーストなどにおすすめ。
デミタス 贅沢な濃い味わい。
カフェオレやアイスコーヒーなどのアレンジに最適。

このようにアラジンならではのこだわりが込められているのも魅力ですね。

操作もダイヤルを回して選ぶだけなのでとっても簡単です。

一杯ずつのコーヒーの淹れたてにこだわってる

よくある一度に大量に作るというものではなく、ドリッパーの粉を1杯ずつ交換するというのも特徴です。

抽出できる量は、レギュラーカップ(約130ml)、マグカップ(約250ml)の2種類のみです。

しかもレギュラーとマグマップのサイズでは粉の表面積が違いますよね?

そこで、バッファーの穴の高さを変えて、プログラムで流速をコントロールして滴下の範囲を調整しているそうですよ。

付属されてる計量スプーンを使い、すり切りいっぱいを入れて、1カップ分ごとに粉を入れ替えるという本格派になっています!

保温機能もなく、一杯ずつの淹れたてにこだわっているというのも、アラジンコーヒーブリュワーの特徴の1つでもありますね。

3段階の高さ調節ができる

アラジンコーヒーブリュワーは、カップに合わせて高さを3段階から調節することができるのも特徴になっています。

高さがあっていないとまわりに飛び散ったりして汚れが気になることもあるけど、3段階から選ぶことができるので、そういった心配もなくなりそうです。

水タンクは取り外し式で使いやすい

アラジンコーヒーブリュワーの水タンクは取り外し式を採用しています。

マグカップなら3回分、レギュラーカップサイズで約6回分の水を入れることができますよ。

簡単に水を入れられるようになっているから、入れるときにこぼれたりしにくそうなのもうれしいですね。

お手入れしやすい

コーヒーメーカーというと「洗うのが大変」とか「面倒…」といったイメージもありますよね~。

でも、アラジンコーヒーブリュワーは金属製ドリッパーを採用しているので、まずにおいが移りにくくなっているんです!

しかも丸洗いができるので清潔に保ちやすく、クエン酸洗浄でボイラー内もきれいにできるので、お手入れしやすく清潔に使い続けられるというメリットもうれしいですね。

アラジンコーヒーブリュワーの使い方は?

アラジンコーヒーブリュワーの使い方についてもチェックしていきます。

アラジンコーヒーブリュワーの使い方

①:ドリッパーにフィルターをセットする。

②:コーヒー粉を入れて本体にセット。

③:カップを置いて、ダイヤルを回してテイストを選ぶ(4種類)

④:カップサイズに合わせてスタートボタンを押す

⑤:約4~4分半ほどで抽出(1回)

このようにボタンも少なく、コーヒーメーカーをあまり使ったことがない方でも簡単に使えそうなところも魅力ですね。

こちらの公式イメージ動画で使ってるシーンもあるので参考になりそうです。

▼※音量にご注意ください

アラジン コーヒーブリュワー イメージ動画

動画で見てもやっぱり使い方が簡単そうですよね!

アラジンコーヒーブリュワーとBALMUDA The Brewの違いを比較

アラジンコーヒーブリュワーもよさそうだけど、バルミューダの「BALMUDA The Brew」もネット上で話題になっているのでどっちがいいのか迷いますよね。

そこで、仕様を表にまとめて違いを比較してみました!

アラジン
コーヒーブリュワー
BALMUDA The Brew
大きさ(約) 幅155㎜
奥行き254㎜
高さ414㎜
幅140㎜
奥行き297㎜
高さ379㎜
重さ(約) 3.1㎏ 3.4㎏
定格消費電力 970W 1450W
容量 1.0L(水タンク) 約490ml(水タンク)
約500ml(サーバー)
抽出方式 バイパスドリップ式 オープンドリップ式
モード クリア(C)
マイルド(M)
ストロング(S)
デミタス(D)
REGULAR
STRONG
ICED
Cleaning
抽出杯数 レギュラーカップ:約130ml
マグカップ:約250ml
1杯~3杯
【REGULAR】
約120・240・360ml
【STRONG】
約120・240・360ml
【ICED】
約75・150・225ml
抽出時間 レギュラーカップ約4分
マグカップ約4分半
約4~7分
※モードや気温で変わる
税込価格 60,000円 33,000円

※2023/4/4現在の情報をもとにしています。

サイズについてはバルミューダのほうがアラジンよりも幅と奥行きがありますが、高さが低くなっているので、置き場所のスペースも考えたいところですね。

ちなみにどちらも、バイパスしてお湯だけ最後に注ぐ方式を採用しているというのが同じでしたよ。

BALMUDA The Brewはこんな方におすすめ

BALMUDA The Brewは、下記のような方におすすめです。

・1~3杯まで抽出できるコーヒーメーカーを選びたい方

・抽出過程の音にもこだわりたい方

・オープンドリップ方式で香りも楽しみたい方

アラジンコーヒーブリュワーはこんな方におすすめ

アラジンコーヒーブリュワーは、下記のような方におすすめです。

・価格は安い方を選びたい方

・モードは少しでも多く気分やシーンで味わいを選びたい方

・アラジンブランドでまとめたい方

アラジンコーヒーブリュワーの口コミ評判は?

ここまで特徴や機能、違いや使い方といろいろ見てきたけど、やっぱり実際に「アラジンコーヒーブリュワー」コーヒーメーカーを飼って使ってる方の口コミも参考にしたいですよね~。

そこでいろいろ調査してみましたよ!

悪い口コミ評判は?

アラジンコーヒーブリュワーの悪い口コミを調査してみると、こちらはまだ新しいのか役立つ情報はありませんでした。

新しく口コミを見つけましたらここでどんどんご紹介していきますね。

良い口コミ評価は?

アラジンコーヒーブリュワーの良い口コミを調べてみると、雑味成分が出やすいという後半はストップしてるので、「スッキリ」とか「さっぱり」というような意見が多い印象がありますね。

デザインもダイヤル式のクラシックな感じもあるし、お手入れもしやすいということなので、毎日コーヒーを飲んでるという方には良さそうです。

アラジンコーヒーブリュワーのデメリットは?

アラジンコーヒーブリュワーのデメリットについてもチェックしていきます。

・一度に大量の抽出はできない

・価格がやや高い

・販売店が少ない

まだ新しいのためか販売店が少ないので、いろいろ比較することができないのですが、今後増えてくればショップの特典や価格などを見ながら選べるようになればうれしいですね。

また、家庭用のコーヒーメーカーといっても本格派で大量の抽出はできないので、ここは気を付けておきましょう。

アラジンコーヒーブリュワーを最安値で買う方法は?販売店調査

アラジンコーヒーブリュワーは、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販販売店で価格を調査してみました!(2023/4/4調べ)

★楽天市場⇒33,590円(税込・送料無料)

★アマゾン⇒33,000円(税込・送料590円)

★ヤフーショッピング⇒33,000円(税込・送料590円)

このようになっていましたよ。

税込ならどこで買っても同じなので、よく利用するところが選べますね。

なかでもポイントがたまって使いやすい楽天市場やヤフーショッピングがお買い得ですね!

アラジンといったらトースターも人気!「グラファイトグリル&トースターAGT-G13A」の口コミや機能などはこちらの記事をチェックしてみてね▼