ダニ捕りパックブラックホールの口コミ評判や効果は?逆効果なのかデメリットも徹底検証!

【広告】本ページはプロモーションが含まれています。

この記事では、テレビショッピングに登場した【ダニ捕りパックブラックホール】の口コミ評判や効果、使い方と、逆効果なのか噂の真相やデメリットなどをチェックしていきます。

【広告】

ダニ捕りパックブラックホールの口コミ評判や効果は?逆効果なのかデメリットも徹底検証!

 

ダニは目では見えないけれど、時期によって増殖するといろいろと健康被害が起きたりしますよね?

 

そこで活躍するのが、「ダニ捕りシート」です。

最近はいろいろなメーカーから発売されているのですが、ブラックホールは、国内特許も取得した構造でダニを内部に集めて、外に出にくくするという仕組みを採用しているそうです。

 

でも簡単に使えるからこそデメリットや正しい使い方の知識も知っておきたいですからね。

 

それではさっそく、ダニ捕りパックブラックホールについて詳しくチェックしていきましょう!

 

 

ダニ捕りパックブラックホールとは?

ダニ捕りパックブラックホールとは、国内特許を取得してる背光性を利用したというダニ捕集アイテムです。

 

誘引剤で小さい穴から、ダニを袋の内部へ誘い込むといったものです。

 

これまでは、吸着性のあるもので捕まえるというのが多かったのですが、時間が経過して粘着力が弱まってくると、普通にその上を歩いてたりするということもありましたからね・・・。

 

でもこちらは、ダニの習性を利用した仕組みを採用することで、袋に入ったダニは外に出にくくしてくれるというのが特徴ですよ。

 

ダニ捕りパックブラックホールの特徴や効果は?

まずは、買った後に後悔しないためにも【ダニ捕りパックブラックホール】の特徴や効果からチェックしていきましょう。

 

ダニが入ったら出られない構造

ダニ捕りパックブラックホールは、ダニが袋の中に入ったら、外に出られない構造になっているのが特徴です。

 

その仕組みは、たくさんの小穴を開けた黒い袋で誘引剤を包み込んで、内部をほとんど真っ暗な状態にすることで、ダニが喜ぶ空間を作っているところにあります。

 

この穴からダニの好みのニオイを出すことで集めて誘い込むという流れです。

 

でもこれだけだと、「その穴から出てこないの?」という疑問もありますよね?

 

ところが、小穴から中に入ったダニから見れば、入ってきた穴は明るい高原になり、明るさを嫌い習性があるダニは奥の方へとどんどん入り込んでいくので、小穴に戻ってこないというのです。

 

「そんなバカな・・・」なんて思われるかもしれませんが、メーカーが外部の機関でダニの捕獲試験を行っているそうですよ。

 

その結果、株式会社愛研による「誘引性能試験(収容能力の確認)」で、1個のダニ捕りパックブラックホールで131万匹も捕獲できたそうですよ。

 

一般住宅でテストもしているのですが、そのときも1つで2万匹以上捕獲できたというデータも!

 

ダニ捕りパックブラックホールの仕様まとめ

ダニ捕りパックブラックホールの仕様

 

★サイズ⇒約125×180×7㎜

★使用期限⇒約3カ月

★効果範囲⇒1㎡

★香り  ⇒無臭

★対応するダニ⇒チリダニ・ツメダニなど屋内に潜むダニ

 

香りは無臭タイプになっているので、気軽に使いやすく、一度ダニが入ったら外に出られない仕組みになっています。

 

ダニ捕りパックブラックホールの使い方や置き方

ダニ捕りパックブラックホールの使い方や正しい置き方についてもチェックしておきましょう。

 

ダニ捕りパックブラックホールの使い方

⓪:外袋を開封した日を設置日として、設置日と移動日を書き入れる

①:押し入れやカーペット、ベッドの下、車内など屋内の気になる場所に設置。

②:およそ1カ月間が同じところにおいて置く。

③:3カ月ほどで交換の目安になる。

 

このように、袋に日付を記載するところがあるので、記入しておくと交換する目安もわかりやすいのでお勧めです。

 

基本的に屋内ならいろいろなところに設置できるのですが、以下の場所には適さないのでご注意ください。

 

★濡れる場所

★火に近い場所

 

使用後の処分ですが、こちらは地域によってルールが異なりますので、確認してから廃棄するようにしましょう。

 

本体に袋は使用後でも破かないようにするのもお忘れなく!

 

1枚の袋で効果は3カ月ほどですが、1カ月ごとに設置するところを変えることはできます。

 

もちろん3カ月間同じところに放置していてもオッケーです。

 

ダニ捕りパックブラックホールの口コミ評判は?

ここまで特徴や効果、使い方といろいろ見てきたものの、やっぱり実際に「ダニ捕りパックブラックホール」を買って使ってる方の口コミも参考にしたいですよね~。

 

そこでいろいろ調べてみました!

悪い口コミ評判は?

これがガサガサ言わない素材だったらなと思いました。

引用元:ヤフーショッピング

 

ダニが獲れたか確認出来ないし、設置後はいつも以上にダニに刺されました。

引用元:ヤフーショッピング

 

ダニ捕りパックブラックホールの悪い口コミを調査してみると、「音が気になる」とか「効果がわからない」というような意見もありました。

 

こちらは、袋を使っているので、どうしても音があるのは仕方がないですね。

 

ただ、ガサガサするといっても、枕元などに置くのは間違った置き場所です。

正しくは足元になるので、もしかしたら場所を変えればそこまで気にならないかも?

 

設置したからといってすぐにすべてのダニが中に入ってくれるわけではないので、1カ月くらいは同じところに置く必要もあります。

 

良い口コミ評価は?

ダニ捕り・防ダニ系の商品は様々ありますが自分的にはこれが一番です。
・殺虫剤が不使用なのでアレルギーなどの心配も無い
・中に入ったダニや糞がパックから出て来ない構造

引用元:ヤフーショッピング

 

掃除だけでは取り除けない、出来るだけ取り除きたいので有り難いですね。
ダニが自ら入っていく仕組みは面白い

引用元:ヤフーショッピング

 

ダニ捕りパックブラックホールの良い口コミを調べてみると、「殺虫剤が不使用なのがいい」とか「中から出てこない構造」、「自ら中に入っていく」などのように買って満足されてる方が多い印象がありますね。

 

もちろん、使い方や置く場所なども大切だと思うけど、気になったところに置くだけでいいからラクに使えるのは魅力的ですね♪

 

ダニ捕りパックブラックホールのよくある疑問や質問

ダニ捕りパックブラックホールのよくある疑問や質問についてもチェックしておきましょう。

 

ダニ捕りパックブラックホールの成分は?

ダニ捕りパックブラックホールの誘引剤は、不飽和脂肪酸含有食品、酵母、黒糖他で作られていますよ。

 

全材質がこちら▼

★袋:ポリプロピレン
★不織布:ポリエステル
★誘引物:不飽和脂肪酸含有食品、酵母、黒糖他
★誘引物定着シート:紙
★繁殖抑制物:ポリプロピレン(防ダニ不織布ボナレックス)

 

ダニ捕りパックブラックホールは逆効果なの?

ダニ捕りパックブラックホールは、基本的に正しく使うことができれば逆効果になることはないです。

 

ですが、間違えた使い方をすると逆効果になる場合もあるということです。

 

例えば、布団。

 

頭周りにダニが多いといわれているので、ついつい顔の近くに置いておきたいと思うかもしれ前んが、これがダメなんです。

 

ダニ捕りパックにダニが寄ってくるので、顔の周りにダニが集まりやすくなって逆効果ということになってしまいます。

 

つまり、布団のダニ捕りをしたい場合は、顔周辺ではなく、足元に設置するのが正しい使い方というわけです。

 

交換の目安は?

ダニ捕りパックブラックホールの本体の使用期間の目安は3カ月です。

 

これは、捕集能力ではなく、誘い込むための香りがどんどん薄くなっていくので、効果も低下していくためなんだそうですよ。

 

3カ月したら交換するようにしましょう。

 

また、一度設置したら、最低でも1カ月くらいは同じところにおいて置くことも大切です

 

設置してすぐに集まってくるわけではないので、ある程度時間がかかるのは仕方がないところですね。

 

ダニ捕りパックブラックホールのデメリット

ダニ捕りパックブラックホールのデメリットについてもチェックしていきます。

 

・やや価格が高い

・使用期間の目安がおよそ3カ月。

・屋内専用なので、屋外では使えない。

・袋の音が気になる場合もある。

 

 

消費期限などはないみたいで、捕集効果がなくなることはないみたいですが、中にある誘引香の希薄化があるので、3カ月が目安になっているそうですよ。

 

また、メーカー調べだと、屋内にいるダニ(チリダニやツメダニ)専用ということなので、屋外のまだになどには無効ということです。

 

室内専用として使うようにしましょう。

 

ダニ捕りパックブラックホールはこんな方におすすめ。

ダニ捕りパックブラックホールは、下記のような方におすすめです。

 

・殺虫剤を使わずにダニ捕集、駆除したい方

・カーペットやベッドの下、押入れなどダニが気になる方

・正しく使える方

・使い方は簡単な方がいい方

 

明るいところが苦手なダニの修正を利用しているものなので、殺虫剤不使用で、一度は行ったら出にくい仕組みになっているのが特徴ですからね。

 

殺虫剤を使わないので、赤ちゃんやペットがいるところなどにも起きやすいところも魅力的です。

 

最低1カ月は動かすことはできないけれど、逆に考えれば、1カ月ごとに置く場所を変えることができるので、ダニ捕りシートよりもコスパはいいかも♪

 

気になるところに置いておくだけでいいので、個人的にはベッドの下と、ペットがよくお昼寝しているペット用マットなどに設置してみたいですね。

 

ダニ捕りパックブラックホールを最安値で買う方法や販売店は?

ダニ捕りパックブラックホールは、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販販売店で価格を調査してみました!(2023/8/21調べ)

※1袋2枚入りの値段です。

 

★楽天市場⇒1,100円(税込・送料無料)

★Amazon⇒1,100円(税込・送料無料)

★ヤフーショッピング⇒1,100円(税込・送料無料)

 

記事作成時はどこもいっしょでしたよ。

なかでも、ポイントがたまって使いやすい楽天市場やヤフーショッピングがお買い得ですね。

 

 

オフシーズンの衣類などの収納には、防ダニ加工も付いた「スピードキューブDX」もおすすめ!

 

error: 右クリックすることは記事保護のためできません。申し訳ございません