toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9の口コミ評判や使い方!洗い方やデメリットも徹底検証!

この記事では、家事ヤロウ!やTBSカイモノラボなどに登場してる【toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9】の口コミ評判や使い方と、洗い方やデメリットなどをチェックしていきます。

野菜をカットするときに、包丁もいいけれど量が多いと大変ですよね~。

そんな時に便利なのが、ハンドルを押すだけで野菜を簡単にスライスできるといい「toffyセーフティープッシュスライサー」

刃に触れにくい設計になってるから安心して使うことができるし、平切り以外にも、干し切りや千切りもできるというのが便利ですよね♪

それではさっそく、toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9について詳しくチェックしていきましょう!

【記事中で紹介してる商品はアフィリエイトリンクを使ってます。】

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9とは?

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9とは、ハンドルを押すだけで、野菜の重みでラクにスライスができるキッチングッズです。

しかも、カッターパーツも充実しているから、付け替えることで、千切りや細切りなどに使うこともできるので、料理の幅が広がりやすいというのが特徴ですよ。

刃の部分にも触れにくくなっている安心設計ですから、毎日の食材スライスに役立ちますね。

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9の特徴や機能は?

まずは、買った後に後悔しないためにも「toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9」の特徴や機能からチェックしていきましょう!

刃に触れにくい安心設計

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9は、刃に手が触れにくい安心設計になっているのが特徴です。

スライサーというと、指をケガしそうな感じで苦手・・・という人も多いですよね。

でも、これなら手が刃に触れにくい設計になっているし、本体には滑り止めも付いてるので、安心して使うことができるようになっているんです!

3種類のカッターパーツが付属

スライサーというと、ただ平切りするだけしかない…といったイメージも。

でも、toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9なら、3種類のカッターパーツが付属されていますよ。

これ1つあれば、パーツを交換することで「平切り・千切り・細切り」というように3WAYで使うことができるんです

しかも平切りは、約2㎜と約4㎜の2種類の厚みに対応していますよ。

ちなみに細切りは約7㎜幅、千切りは約3.5㎜幅になります。

保存容器付きで使いやすい

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9には、保存容器もセットになっていますよ。

使うときにも容器の中でスライスするのですが、フタをすることでそのまま冷蔵庫で保存したりすることができるところが便利ですよね♪

時間のある時にまとめてスライスした野菜を保存することで、料理の時短にもなるというのが魅力です。

ちなみに保存容器容量は600mlです。

ただ、蓋に密閉性はないということなので、長期的な保存には向かないです。

プッシャー付きで最後までスライスできる

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9には、付属品にプッシャーもあります。

これを使うことで、薄くなった食材も最後まで安全にスライスしていくことができるようになります。

にんにくやラディッシュなどの細かい野菜などをスライスしたいときにも使うことができるので、いろいろな料理へ使いやすくなりますね。

コンパクトにたためる

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9本体は、使わないときにはコンパクトにたたむことができます。

キッチンはいろいろと調理器具や家電、食材で置き場所に困りやすいですからね。

スキマに収納しやすいコンパクトサイズになるというのも魅力的ですね♪

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9の使い方は?

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9の使い方についてもチェックしていきます。

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9の使い方

※事前準備で一度すべての部品を洗ってから使うようにしよう!

①:スタンドを全開ン強いて本体を固定

②:切断部に投入ケースをスライドさせて取り付ける

③:本体側面からカッターパーツを置くまで差し込む

④:投入口に入るサイズにカットした食材を投入ケースに入れる

⑤:本体を上から押さえてハンドルを下げる

最初にちょっとした組み立てがあるけど、完成してしまえばあとは楽にできるようになっていますよ。

カッターパーツも3種類あるから、千切りや細切り、平切りとカットしたいものに合わせて選べるようになっているのも魅力的ですね。

また、カットした食材は、容器にふたをすることで、そのまま冷蔵庫で一時的に保存することもできるので、時間があるときに準備しておくと忙しいときに助かりますね。

※密閉仕様ではないので長期間の保存は不向きです。

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9の洗い方は?

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9の洗い方についてもチェックしていきます。

【toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9の洗い方】

①:すべての部品を付属のブラシなどできれいに洗う

②:水気をふき取る

③:しっかり乾燥させる

④:湿気の少ない風通しの良いところで保管

お手入れ方法はこのように簡単にできますよ。

ただ、食器用中性洗剤以外の洗剤やアルコール、磨き粉、金属たわしなどは使うことができないので気を付けてくださいね。

食器洗浄機や食器乾燥機は使えるの?

残念ながら、食器洗浄器も食器乾燥機も使うことができません。

変形や破損の原因になってしまうそうですよ。

お手入れするときには、刃の部分に触れないように気を付けながら洗うようにしましょう。

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9の口コミ評判は?

ここまで特徴や機能、使い方などいろいろ見てきたけれど、やっぱり実際に「toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9」を買って使ってる方の口コミも参考にしたいですよね~。

そこでいろいろ調査してみましたよ!

悪い口コミ評判は?

Twitter上を調べてみると、悪い口コミはまだなさそうですね。

みつかりましたら、ここでどんどんご紹介していきますね!

では、通販サイトはどうなのかな?

良い口コミ評価は?

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9の良い口コミをみてみると、やっぱり家事初心者が時間がかかる食材のカットの時短になりそうなところが評価されていますね。

ハンドルを下げるだけでいいから、手軽に使えるし、カットされた食材も下の容器に入っていくから、周りも汚れにくいところもうれしいですね。

また家事ヤロウ!でも、ダントツで選ばれていたりしているんですよ▼

忖度なしのガチレビューで評価されてるということで、使い勝手はかなり良さそうですよね♪

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9のデメリットは?

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9のデメリットについてもチェックしていきます。

・投入口に入れられる大きさが小さい

・慣れるまではやや使いづらい

・調理できない食材もある

この手の製品は投入口が小さく作られてるので、大きな食材は、小さくカットしてからでないと入れられないというところが残念ですね。

また、冷凍されていたり、ゴボウなど細くて繊維の多い食材などは使うことができないので、うまく包丁と使い分けることで時短にできそうです。

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9はこんな方におすすめ

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9は、下記のような方におすすめです。

・野菜のスライスをラクにしたい方

・安全性の高いスライサーを探してる方

・使用後はコンパクトに収納したい方

野菜をセットした後は、ハンドをを下げるだけだから、軽い力でラクに使うことができるところが便利ですね。

使わないときにはコンパクトにたたむことができるから、狭いキッチンでもスキマに収納することができるのも魅力ですね♪

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9を最安値で買う方法は?

toffyセーフティープッシュスライサーK-HC9は、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販販売店で価格を調査してみました!(2023/1/9調べ)

★楽天市場⇒3,850円(税込・送料無料)

★アマゾン⇒3,850円(税込・送料無料)

★ヤフーショッピング⇒3,850円(税込・送料無料)

このようになっていましたよ。

なかでも、ポイントがたまって使いやすい楽天市場やヤフーショッピングがお買い得ですね!

切れ味のいい包丁なら「スーパーストーンバリア包丁」も人気だね!

口コミ評判やデメリットなどは下記ブログ記事をどうぞ▼