圧縮ボックス スピードキューブDXの口コミや使える掃除機やダイソンは?最安値で買う方法は?

この記事では、いいものプレミアムやディノス特番「スゴ腕!カリスマバイヤーズ」やいいものプレミアムで紹介された圧縮袋と収納ブックスが一体になった【スピードキューブDX】の口コミや使い方についてチェックしていきます。

【広告】

冬用寝具やコードなど、使わない季節には片付けたいところですが、収納場所もそれなりに必要になるので大変ですよね。

圧縮ボックスは、ボックス型になってるので、どんどん入れて後は掃除機で吸引するだけで手軽にお片付けができるというアイテムです。

でも、本当にそんなに便利なのかも気になりますよね。

そこで今回は、その特徴や実際に買って使った方の口コミ評判、使い方と、取扱店での価格について調査してみました!

▼詳しくチェックしてみる

※圧縮ボックスのスピードキューブが2022年にリニューアルして「スピードキューブDX」になりましたので、記事も修正しました。

圧縮ボックス スピードキューブDXの特徴は?

圧縮ボックス スピードキューブDXは、圧縮袋と収納ボックスが1つになったとても画期的な便利アイテムです。

最大の特徴は「収納力」にあります。

大容量タイプなので、使うことがあまりない来客用の寝具はもちろん、こたつ布団や冬物の洋服、ぬいぐるみなどまで収納することができるほど!

ディノス調べだと、セーター類なら約30枚ほど、掛け布団なら2~3枚を収納することができるそうです。

容量が大きいので、ついつい増えてしまいがちなぬいぐるみやクッションなどの収納などにも便利に活躍してくれます。

そして、ボックスにどんどん入れたら、後は掃除機をセットして数だけです。

一般財団法人ボーケン品質評価機構調べによると、従来品よりも約1.4倍の速さで片付けることができるほど!

また、吸引した後もボックスに取っ手がついてるので持ち運びもしやすく、クローゼットにもラクに持ち運びができます。

★スピードキューブDXの仕様★
・組立時サイズ⇒約幅75×奥行き40×高さ30㎝

・折畳時サイズ⇒約幅37.5×奥行き40×高さ5㎝

・収納ボックス素材⇒【本体】ポリプロピレン(防ダニ剤入り)【透明窓】塩化ビニル樹脂、中芯:パルプ、バックル:ポリアセタール

・圧縮袋素材⇒【本体】ポリエチレン・ナイロン、【バルブ】ポリエチレン、ポリプロピレン、エラストマー(スライダー)ポリアセタール

収納ボックス側には透明窓も付いてるから、中身も確認しやすいところも便利ですね!

スピードキューブとDXの違いって?

昨年まで大人気だったディノスの圧縮ボックス「スピードキューブ」。

今年はリニューアルして「DX」になったけど、大きな違いはたった1つ!

✅防ダニ加工生地を採用

ということですね。

旧モデルでは気がつかなかったけど、普通の生地を使っていたので、ダニ対策をしながら収納しないといけなかったのです。

でも、今度のモデルなら防ダニ加工が施されている生地を使っているので、保管するときにもこれまでのような心配もなく安心して使えそうですね♪

圧縮ボックススピードキューブDXの使い方は?

スピードキューブdxの使い方はとても簡単です。

寝具や衣装、ぬいぐるみなどを入れたら、後は掃除機で吸引して中の空気を吸い出すだけです。

これだけでもぺったんこになるので、クローゼットのスペースを開けることができ、他にもいろいろと収納してスッキリまとめることができるようになります。

また、使わないときには折りたたんでおけるので、スキマなどに押し込んでしまえば邪魔になることもないですね♪

スピードキューブDXで使えない掃除機は?

掃除機を使うタイプの圧縮袋の中には、吸引口が合わないものもあるので気を付けないといけません。

ディノスで紹介されたものだと、以下の掃除機では圧縮することができないのでご注意ください。

✅ハンディタイプ

✅スティックタイプ

✅排気循環型

✅ロボット型

などの特殊な掃除機は使えないです。

そもため、もし対応する掃除機がない…という場合は、専用吸引機エアッシュ付きの「コンプリートセット」がおすすめです。

ダイソン掃除機は使えないの?

掃除機といったらダイソンが有名ですし、実際に使っているという方も多いですよね。

スピードキューブは、コードレス掃除機でも使えるといった口コミもありましたが、ダイソン掃除機はノズル部分に少しでっぱりがあるので、吸引口にうまくフィットしないという声もありました。

実際、他メーカーの圧縮ボックスなどでも同様に非対応になっているものが多いです。

そんなときには、別売りの便利アイテムを使うという方法がおすすめです。

それが「継ぎ手パイプ」というものです。

つなぎ手ですが、これをセットすれば、空気漏れなどもなくダイソン掃除機でも吸引することができるということですね。

楽天の口コミではこちらがダイソン掃除機と圧縮袋の相性がいいみたいですよ!▼

圧縮ボックススピードキューブDXのよい・悪い口コミ評判は?

ここまでは、特徴や使い方などをいろいろと見てきたけれど、やっぱり実際に「圧縮ボックススピードキューブDX」を使ってみた方の口コミも参考にしたいですよね。

Twitter上にもいくつかありましたので、こちらをお役立てください。

・使いやすさは?

★空気の吸い込みも早く終わるので便利。

★収納スペースが限られているのでとても重宝する。

★入れすぎるとファスナーが閉まらなくなってしまったので、収まる目安を記載してほしい。

★一袋にたくさん入り、圧縮後はそのまま立てても倒れることがなくスッキリできた。

・収納力は?

★想像以上の収納力に満足。

★詰め込みすぎるとファスナーが締まりにくくなる。

★着てない服や収納に困っていたぬいぐるみなどが片付けられた。

★大きな布団も空気を抜けば押入れに収まり整頓ができた

・注意点は?

圧縮ボックススピードキューブdcですが、注意点もありますよ。

★掃除機の口と合わない可能性がある。

★ボックスの側面が弱いのでたくさん積み重ねるのは危険。

スピードキューブは、掃除機で吸引するときにも素早くできるところも高く評価されていますね。

スッキリできるという評価もある一方で、詰め込みすぎてしまうとファスナーが閉じなくなってしまうので、ほどほどが良さそうです。

掃除機はすべてに対応してるわけではないので、購入前にもう一度確認しておいたほうがいいかも。

ボックス型といっても側面が高い素材を使ってるわけではないので、斜めになったりすれば崩れる可能性もあるので、上に重ねす義ないようにしたいですね。

低評価な口コミも少なからずありましたが、今では販売ページで、容量の目安や対応外の掃除機なども記載があって改善されていました!

スピードキューブDXのメリット・デメリット

特徴や口コミ評価から、スピードキューブDXのメリットとデメリットについてもまとめてみます。

メリット
●収納力がある

●空気もすばやく抜くことができる。

●コンパクトに冬物を収納できる

デメリット
●使えない掃除機がある

●詰め込みすぎるとファスナーが閉まらなくなる

デメリットになりそうなのは掃除機が一部対応してないところくらいですね。

ここさえ大丈夫なら、かなり使い勝手は良さそうです。

圧縮ボックス「スピードキューブDX」はこんな方におすすめ

圧縮ボックス「スピードキューブDX」は、下記のような方におすすめです。

・大きな布団や衣類をスッキリ収納したい方

・掃除機で手軽に圧縮できるタイプを探してる方

・収納力がある収納ボックスを探してる方

冬の衣類や寝具など、かさばりやすいものをスッキリ収納できるのは助かりますね♪

また今回のDXでは、防ダニ加工もプラスされているからより使いやすくなっているのも魅力ですね!

圧縮ボックススピードキューブを最安値で買う方法は?

いいものプレミアムで紹介された商品は、「ディノス」で取り扱いがあります。

しかも、スピードキューブはディノスのオリジナル商品のため、他で買うことができないため、お得に買えるショップも限定されています。(2022/10/3調べ)

▼2個セットはこちら(税込7,791円+送料無料)

▼お得な4個セットはこちら(税込10,580円・送料無料)

たくさんある冬物も、キレイに収納できたら気持ちよさそうですね!

▼こちらの圧縮ボックスも人気です