マイクロフラッフィーブレスケットの口コミ評判や洗濯方法は?デメリットや最安値で買う方法は?

【広告】本ページはプロモーションが含まれています。

この記事では、女神のマルシェで紹介の【マイクロフラッフィーブレスケット(Breath ket)】の口コミ評判や特徴と、洗濯方法やデメリットなどをチェックしていきます。

【広告】

マイクロフラッフィーブレスケットの口コミ評判や洗濯方法は?デメリットや最安値で買う方法は?

 

蒸し暑く寝苦しい夜は、寝汗なども気になりやすく、布団の中も湿気で気持ち悪くなってしまいますよね~。

 

そんなときにおすすめなのが、羽毛肌掛けよりも優れた吸放湿性を実現しているという「マイクロフラッフィーブレスケット」。

 

テイジン独自の機能素材で、快適な状態に整えてくれるというのです。

薄くて軽いので、暑い季節にピッタリですね!

 

それではさっそく、マイクロフラッフィーブレスケットについて詳しくチェックしていきましょう。

 

 

▼8/15まではこちらがおすすめ

 

 

マイクロフラッフィーブレスケットとは?

マイクロフラッフィーブレスケットとは、軽くて羽毛のようにフワフワしてる感じが身体を包み込む肌掛けふとんです。

 

テイジン独自の素材を使うことで、羽毛肌掛けふとんよりも優れた吸放湿性を実現しているので、夏など汗で蒸れやすいときにも気持ちよく眠ることができそうですよね♪

 

しかも、ほこりが出にくい構造になってるので、アレルギーがある人でも安心して使いやすいという特徴もありますよ!

 

マイクロフラッフィーブレスケットの特徴や効果

まずは、買った後に後悔しないためにも「マイクロフラッフィーブレスケット」の特徴や効果からチェックしていきましょう。

 

布団内の湿気を調整してくれるので蒸れにくい

マイクロフラッフィーブレスケットは、蒸れにくいという特徴もあります。

 

これは、新素材の「マイクロフラッフィーブレス」を中綿に使っているのが大きな理由になっていますよ。

 

マイクロフラッフィーに環境にやさしい再生繊維「セルロース」を配合することで、吸放湿性を持たせているんです。

 

湿気を吸いとって外に放出してくれるので、ムレにくく快適な寝心地が持続しやすいところもうれしいですよね。

 

汗っかきの方や、お子さん用にもよさそうです。

 

羽毛よりもホコリがでにくい

マイクロフラッフィーブレスケットは、羽毛と比べるとわたホコリが出にくいという特徴もあります。

 

これは、中わたに使ってる素材の繊維が切れにくいからですね。

 

羽毛肌掛けふとん(ダウン50%、フェザー50%)と比べると、ほこりの量は3分の1以下というデータもあるそうですよ!

※検査機関:ユニチカガーメンテック株式会社リサーチラボ事業部。

 

寝てる間に寝がえりも何回もするので、ほこりが出やすい寝具だと夜中に目を覚ましてしまうこともありますからね~。

 

そういった心配も少なくなるところも魅力的です。

 

選べるカラーバリエーション

マイクロフラッフィーブレスケットは、カラーも選べるのでお部屋の雰囲気に合わせやすいのも特徴です。

 

販売店によって異なるかもしれませんが、

 

★ベージュ

★グリーン

 

 

の2色から選ぶことができますよ。

 

マイクロフラッフィーブレスケットは洗濯機で洗える!

マイクロフラッフィーブレスケットは、洗濯ネットに入れることで洗濯機で丸洗いができるのも特徴です。

 

寝具は汗やほこりなどいろいろと汚れも気になりやすいけど、これなら清潔に使い続けられるのもうれしいですよね。

 

我が家は、ネコちゃんがいっしょに布団で寝ることが多いので、洗える寝具というのはかなり魅力なんです♪

 

ただし、洗濯機で洗う場合は以下のような注意事項もあります。

・洗濯ネットに入れる。
・水温は30℃以下にすること。
・弱水流で洗うこと。
・洗った後は中綿の偏りをほぐすように形を整えて日陰で干す。

 

やっぱり何度も洗濯機で洗ってると中綿が偏ってくるのは仕方がないですからね。

ほぐすようにして形を整えてあげるのも大切です。

 

ちなみに、家庭や業務用のタンブル乾燥機を使うことでも中綿がある程度復元します。(排気温度上限60℃)

 

マイクロフラッフィーブレスケットの口コミ評判は?

ここまで特徴や効果、お手入れ方法といろいろみてきたけれど、やっぱり実際に「マイクロフラッフィーブレスケット」を買って使ってる方の口コミもみてみたいですよね~。

 

そこでいろいろ調査してみたのですが、まだ新しいのか役立つ情報はありませんでした。

口コミがみつかりましたら、ここでどんどんご紹介していきますね。

 

その代わり、同じくマイクロフラッフィーの肌掛けふとんの口コミを集めてみたのでこちらが参考になるかも。

 

こちらの口コミは冬用みたいなので、暖かさが評価されてるけど、それ以外の洗濯機で洗えるところやほこりが発生しにくいところなんか共通する部分もありますからね。

 

マイクロフラッフィーブレスケットのよくある疑問や回答

マイクロフラッフィーブレスケットのよくある疑問や回答についてもチェックしておきましょう。

 

マイクロフラッフィーブレスケットを干すときの注意点

マイクロフラッフィーブレスケットは、カビやダニなどを避けるために、使っていない間も定期的に日干しや陰干しするようにしましょう。

 

このとき1つだけ注意店があって、ふとん叩きで強くたたかないことです。

 

バシバシと強くたたくと布団の生地や中綿を傷めやすくしてしまいますからね。

 

軽く払うようにするのがおすすめです。

 

収納方法は?

マイクロフラッフィーブレスケットを使わないシーズンになったら、なるべく湿気は少ないところを選んで収納するのも大切です。

 

定期的に干したりしていても、湿気が多いところだとカビやダニも発生しやすいですからね。

 

我が家では、押入れに寝具は収納しているのですが、やっぱり湿気が気になるので、定期的に押入れに向けて扇風機で風を送り込んで空気の循環をさせるようにしていますよ。

 

この方法にしてから、押入れ独特のニオイもかなり軽減されてるのでおすすめ!

 

他のも除湿シートなどを押入れの寝具の間に入れておくことでも湿気対策ができますよ。

 

除湿シートは、天気がいい日に干すことで繰り返して使えるので経済的なところもうれしいですね。

 

マイクロフラッフィーとは?

商品名にも使われてる「マイクロフラッフィー」とは、テイジン(TEIJIN)が開発した素材になります。

 

この素材がすごいのは、これだけで【保温性、嵩高性(ボリューム性)、耐久性】に優れているうえに、発塵性(わたホコリが少ない)、軽量性、フィット性(肌沿い)も備えた高機能なところ。

 

シングルサイズが約1kgほどと軽いので、寝返りも打ちやすいところも魅力的ですね♪

 

マイクロフラッフィーブレスケットのデメリットは?

マイクロフラッフィーブレスケットのデメリットについてもチェックしていきます。

 

・価格がやや高い

・販売店が少ない

・タンブラー乾燥や80度以上の高熱乾燥はできない。

 

寝具といっても値段はピンキリであるので、機能や仕様などをしっかり検討したうえで本当に必要かどうか納得したうえで判断するようにしましょう。

 

また、タンブラー乾燥はもちろん、80度以上の高温にも弱いので、基本的には洗った後は形を整えて自然乾燥させる必要があります。

 

天気がいい日を狙って洗うようにしたいですね。

 

マイクロフラッフィーブレスケットはこんな方におすすめ

マイクロフラッフィーブレスケットは、下記のような方におすすめです。

 

・洗濯機で丸洗いできる肌掛けがほしい方

・寝てるときのムレを軽減したい方

・ホコリが出にくい肌掛けふとんを探してる方

 

夏はもちろん冬でも寝ているときには汗をかいているものですし、ペットといっしょに寝ていたりすると、やっぱり洗える寝具というのは魅力的ですよね♪

 

吸放湿性にも優れてるので、長く快適な状態を維持しやすいですし、何より、ほこりが出にくいということなので、アレルギーがあっても使いやすいのもうれしいところです。

 

マイクロフラッフィーブレスケットを最安値で買う方法は?

マイクロフラッフィーブレスケットは、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販販売店で価格を調査してみました!(2023/8/3調べ)

 

★楽天市場⇒5,990円(税込・送料無料)

★アマゾン⇒ー

★ヤフーショッピング⇒5,990円(税込・送料無料)

 

このようになっていてまだ少ないですね。

なかでも、ポイントがたまって使いやすい楽天市場がお買い得ですね。

 

 

 

error: 右クリックすることは記事保護のためできません。申し訳ございません