サンコーファブリッククリーナーの口コミ評判や車での使い方は?デメリットや最安値で買う方法は?

この記事では、サンコーレアモノショップから登場した【ファブリッククリーナーC-CCC21B】の口コミ評判や使い方と、デメリットなどをチェックしていきます。

【広告】

充電式のコードレス掃除機はすでにいろいろなメーカーからも発売されてるけど、こちらはタンクから水を噴射して、水ごと汚れを取り除くことができるのが特徴です。

その為

・車のシート
・ソファ
・カーペット

などの布製品も手軽に水洗いができてしまうんです♪

しかも、水洗い用ブラシノズルとは別に、フロアノズルやスキマノズルも付属されるので、いろいろな掃除に使うことができるのも魅力的ですよね。

それではさっそく、サンコーファブリッククリーナーC-CCC21Bについて詳しくチェックしていきましょう!

サンコーファブリッククリーナーとは?

サンコーファブリッククリーナーとは、タンクから水を噴射することで、水ごと汚れを吸い取ることができるお掃除アイテムです。

充電式コードレスなので、いつでもどこでも使うことができるし、水洗い以外にもハンディクリーナーとしても使えるというのも魅力的ですね!

コードレスタイプだから車のシートなどにも使いやすいし、コードが絡まったり邪魔になることなく快適に使うことができます。

サンコーファブリッククリーナーの特徴や効果

ここからは、買った後に後悔しないためにも「サンコーファブリッククリーナー」の特徴や効果についてもチェックしていきます。

車のシートやカーペットなど水洗いできる掃除機

サンコーファブリッククリーナーは、ハンディ掃除機としてはもちろんですが、水洗い用ノズルにセットして水タンクに水を入れれば水洗いができるクリーナーに早変わりです。

例えば、車のシートやカーペットなどは掃除機でホコリやゴミなどは吸いとれても、飲み物をこぼしてしまってると、後が残ってしまいますよね。

すぐに拭きとっても汚れやニオイが気になる・・・

そんなときにサンコーファブリッククリーナーは活躍してくれるのです。

約40度までのお湯に対応していて、水を汚れにかけて、後は水を汚れごと吸いとってしまうんです。

水の噴射も手元のボタンを押すだけだからラクだし、手前に引くようにゆっくり掃除機本体を動かすだけで吸いとれるので使い方も簡単なのもうれしいですね!

ハンディクリーナーとしても使える2WAY仕様

サンコーファブリッククリーナーは、本体はハンディクリーナーのようにコンパクトになっていますよ。

持ち運びもラクにできるし、使わないときにも収納スペースが少なくていいというのも魅力的ですね♪

コードレスの充電式でどこでも使える

サンコーファブリッククリーナーは、充電式のコードレスタイプになっています。

充電しておくことで、コードの長さなどを気にすることなくどこでも使うことができるんです♪

サンコーファブリッククリーナーの大きさや重さなどの仕様

サンコーファブリッククリーナーの仕様

★大きさ⇒約幅12×奥行き45×高さ13㎝

★重さ ⇒約1.4㎏

★充電時間⇒約3.5時間

★連続稼働⇒約15分

★吸引力⇒≧8.5KPa

★タンク容量⇒洗浄/汚水タンクそれぞれ150ml

★ケーブル長さ⇒約150㎝

タンクが小さいので、カーペットが大きい場合は数回給水が必要になるかもしれませんね。

サンコーファブリッククリーナーの使い方

サンコーファブリッククリーナーの使い方についてもチェックしていきます。

サンコーファブリッククリーナーを水を入れて使う方法

①:タンクの蓋を開けて、水を【FULL】の線まで入れる

②:蓋を閉じて電源ボタンを押す

③:汚れが気になる場所に噴射ボタンを押すと水がでる
※ボタンを押してる間水がでる

④:ノズルの吸い込み口を押し付けて水分を取り除く
※吸い込み口が浮いてるとうまく吸い込めないので、軽く押し付けて手前に引いていく

⑤:電源オフにして汚水タンクの水を捨てる

※垂直に立てたりひっくり返すと水が排気口から漏れるので使い方には注意が必要です。
※汚れがひどい場合は40℃以下のお湯をタンクに入れて使うこともできます。

またこちらは、普通の掃除機として使うこともできますよ。

その場合も下記のように手軽に使うことができるんです!

サンコーファブリッククリーナーの掃除機としての使い方

①:フロアノズルかスキマノズルを取り付ける

②:電源ボタンを押してスイッチオン

③:ノズルを動かしてゴミを吸い取る

掃除機としては他のハンディクリーナーと基本は同じですね。

ノズルを付け替えるだけなので手軽に使えるのも魅力的です。

サンコーファブリッククリーナーの類似品は?

サンコーファブリッククリーナーのように布製品を水洗いできるような掃除機って?

そこで類似品についてもチェックしていきましょう。

【リンサークリーナー(アイリスオーヤマ)】

アイリスオーヤマから発売されてるリンサークリーナー。

こちらは、普通の掃除機としての機能はないけれど、すでにいろんなメディアでも紹介されてる人気製品ですね。

こちらも約40度までのお湯に対応してるので、ちょっと汚れが取りにくいときにも便利。

また、サンコーは充電式だったけど、アイリスはコード式なので充電時間や稼働時間を気にせずに使うことができますよ。

ただ、コンセントがある部屋でしか使えませんが…

実際の口コミ評判や機能などは下記ブログ記事でまとめてますよ。

サンコーファブリッククリーナーの口コミ評判

ここまでは特徴や機能、使い方などいろいろ見てきたけれど、やっぱり実際に「サンコーファブリッククリーナー」を買って使ってる方の口コミも参考にしたいですよね~。

そこでいろいろ調査してみると、少ないけれどネットショップにありましたよ!

【楽天市場】みんなのレビューでチェック

いかがだったでしょうか?

参考になるような口コミはみつかりましたか?

引き続きTwitter上でも調査してきますので、新しく見つかりましたらどんどん紹介していきますね。

サンコーファブリッククリーナーのデメリットは?

サンコーファブリッククリーナーのデメリットについてもチェックしていきます。

・すべての汚れがとれるわけではない

・連続稼働時間が短い(約15分)

・汚水タンクは毎回お手入れが必要

汚れた水はそのまま放置せずに、毎回使った後は必ず掃除するようにしましょう。

これが面倒だと後回しにしてしまうと、菌が繁殖したり、ニオイの原因になってしまいますからね。

また、満充電でも約15分しか動かないので、メインの掃除機としてはやや時間が短いですね。

サンコーファブリッククリーナーはこんな方におすすめ

サンコーファブリッククリーナーは、下記のような方におすすめです。

・2台目のハンディクリーナーを探してる方

・車のシートやソファなどの汚れが気になる方

・使い方が簡単なハンディクリーナーを探してる方

ふだんはコンパクトなハンディクリーナーとして使うことができるし、車やソファなどの布製品の汚れが気になったときには、ノズルを付け替えて水を入れることで、水洗いできる掃除機になるというのが魅力的ですね。

ただ、一般的なコードレスクリーナーと比べるとバッテリー駆動時間も短いから、サブや2台目として1ルあると便利そうですね。

サンコーファブリッククリーナーを最安値で買う方法は?

サンコーファブリッククリーナーは、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販サイトで価格を調査してみました!(022/9/7調べ)

★楽天市場⇒9,890円(税込・送料無料)

★アマゾン⇒9,890円(税込・送料無料)

★ヤフーショッピング⇒9,890円(税込・送料無料)

このように価格はどこも同じでしたよ。

いつも使ってるショップや、ポイント増量中のショップの利用がお買い得ですね。

なかでも、ポイントがたまって使いやすい楽天市場やヤフーショッピングがおすすめです。

【関連記事】

アイリスオーヤマのリンサークリーナーの口コミ評判や使い方は?車や比較とデメリットも徹底検証