バルミューダ ザ・クリーナーの口コミ評判や吸引力は?電気代や通販サイトでの価格は?

この記事では、バルミューダから新しく発売される「バルミューダ ザ・クリーナー」の特徴や電気代と、口コミ評判などを調査してみました。

これまでにも様々なヒット商品を出してるバルミューダブランドから、自由自在にかけやすさを極めたクリーナーが登場しました。

価格は相変わらず高めの設定で、メーカー公式サイトで6万円越えもしますので、機能や使いやすさなども気になってしまいますよね。

そこで今回は、バルミューダ ザ・クリーナーの特徴や電気代、吸引力、口コミなどを詳しく調べてみたので、購入を検討されてる方は参考にしてみてくださいね。

【記事中で紹介してる商品はアフィリエイトリンクを使ってます。】

バルミューダ ザ・クリーナーとは?

バルミューダ ザ・クリーナーは、バルミューダ株式会社が販売している最新のコードレス掃除機です。

2003年に東京で設立されたクリエイティブとテクノロジーの会社で、新しい考え方でこれまでになかった価値を持つ家電をつくっているのが特徴です。

そしてテレビ番組などでも紹介されて大ヒットした「バルミューダ・ザレンジ」などはとっても有名です!

そんなバルミューダが新しい部門にチャレンジしたのが、使いやすさにこだわって開発した「バルミューダ ザ・クリーナー」です。

バルミューダ ザ・クリーナーの3つの特徴は

バルミューダ ザ・クリーナーには、3つの特徴があります。

1、ホバーテクノロジーで軽いかけ心地

メーカー独自のヘッドと構造によって、従来のコードレスクリーナーと比較しても驚くほど軽いかけ心地になっているのです。

その秘密は、それぞれ逆回転するブラシを2つ搭載したデュアルブラシヘッドにあります。

ブラシと床の摩擦を極限まで減らすことで、まるで浮いてるかのような状態を作り出しているので、スムーズな操作性を実現しているのです

さらにこれだけではないのです!

一般的な掃除機は、前進方向に動きが限定されているものが多いのですが、バルミューダ ザ・クリーナーなら「前進・後退・横移動」というようにあらゆる方向へ自由に動かすことができるのです。

これは、ヘッドと本体をつなぐジョイントが360℃自在に動きをアシストするからです。

手元のスティックをひねればヘッドの向きも思いのままに変えられるので、急な方向転換名地にも気持ちよく対応してくれるのです。

例えば、横方向へスライドさせれば、広い面をすばやくきれいに掃除ができるし、ヘッドをタテ向きにすれば幅の狭いスキマなどもスムーズにお掃除することができるので、掃除機でのストレスも軽減されます。

2、コードレス掃除機として使える

付属品の隙間ノズル、ハンディノズルを装着することで、コードレスのハンディクリーナーとして使うこともできます。

壁の隅や家具の隙間から、車内の掃除などにも使いやすくなります。

また、ハンディタイプにすることで重さも少し軽くなるので、階段掃除の負担も軽減できるというのも魅力的ですね。

3、お手入れが簡単

コードレスクリーナーを選ぶときには、お手入れのしやすさをチェックすることも大切です。

手入れが面倒だと使う頻度も減ってしまいますので、掃除機としての役目を果たしてくれませんからね。

バルミューダ ザ・クリーナーがお手入れカンタンな理由は、

①パカッとはずせるダストカップ

②0.13Lサイズで小まめに捨てやすいサイズのダストボックス

③ダストカップ・ヘッドブラシ・フィルターは水洗いOK

④専用のお手入れブラシが付属

ダストカップは、0.13Lサイズと決して大きくはないけれど、だからこそ小まめに捨てる必要があるので、長時間汚れを放置することでニオイの原因なども発生しにくくなってます。

大切な部分は取り外して丸洗いすることができるので、いつも清潔に保つことができます。

バルミューダ ザ・クリーナーのスペックは?

●本体サイズ:約幅300×奥行165×高さ1240mm
※バルミューザクリーナーライトは、約幅275×奥行150×高さ1170㎜
●本体の重さ:約2.2㎏(フィルター含む)、ライトは約3.1㎏
●コード長さ:1.2m
●充電時間 :約4時間
●運転時間 :標準(30分)、強モード(10分)

バルミューダ ザ・クリーナーの吸引力は?

コードレスクリーナーといっても掃除機には、「吸引力」がどれくらいあるのかも気になりますよね。

バルミューダ ザ・クリーナーは、サイクロン式を採用しているので、目詰まりによる吸引力の低下が起こりづらいという特徴があります。

しかも、集塵ユニットは、強モードで使うと毎分400リットルのゴミを含んだ空気を吸い込むことができるのです。

吸引力をチェックするときには、ワット数を確認する方法もあります。

バルミューダは、標準で20W、強モードでも80Wですが、100W以下なので吸引力が弱いようにも感じますよね。

でもヘッドブラシは、「デュアルブラシヘッド」を採用しています。

2つのブラシをそれぞれ内側に回転させることで、床面との摩擦を軽減するだけではなく、ブラシではじいたごみやほこりを内回転で逃がさないので、効率よくお掃除をすることができるのです。

バルミューダ ザ・クリーナーの電気代は?

掃除機というのは毎日のように使う家電製品の1つですので、電気代も気になったりしますよね。

そこで調べてみると、動作時は最大300W、充電時は最大20Wということですから、1kWhあたり27円で計算してみると、MAX時の電気代は、

10分間の電気代はおよそ1.35円

最大パワーで使ったとしてもこれだけですからね。

電気代についてはそこまで気にする必要ないですね!

バルミューダ ザ・クリーナーのTwitter上の口コミ評判、評価

バルミューダ ザ・クリーナーを実際に買って使ってる人の口コミも参考にしたいですよね。

探してみると、Twitter上にたくさんありました!

いかがだったでしょうか?

よい・悪い口コミもありますね。

ここでも要点を抑えて簡潔にまとめてご紹介しますね。

・吸引力がスゴイ

掃除機でいちばん大切な吸引力については、かなりいいみたいでホコリやごみもしっかりと吸い取ってくれるという口コミが多いように感じます。

ダイ●ンなどと比べてもそん色ないレベルという意見もあるほどなので、コードレスクリーナーとしては充分活躍することができますね。

・扱いやすい

コードレスクリーナーの中でも使いやすさについても高く評価されてる方が多いみたいですね。

とくに、ヘッドは360℃回転することができるから、狭い廊下などではヘッドを縦にして壁際に沿わせて前後に動かすことができるし、ヘッドを横向きに沿わせたまま左右に動かせ足りできるところが評価されてます。

・悪い口コミは?

全体的に高く評価されてるのですが、こんな口コミも見つけちゃいましたよ▼

ヘッドの厚みがあることで、ベッドやソファの下のお掃除にはちょっと使いにくいという口コミがいくつかありました。

その分自走式になってるので、普通に掃除するときにはスイスイ動かすことができるから、腰もラクといった意見もありますけどね^^

参考までに、今人気の掃除機やクリーナーをどうぞ。

▼▼

掃除機・クリーナーランキング1位~【楽天】

バルミューダザクリーナーのデメリット

バルミューダザクリーナーのデメリットについてもチェックしていきます。

・価格が高い

・軽量タイプと比べると重さがある

本体の重さが約2㎏ほどということなので、最近主流の軽量タイプのコードレスクリーナーと比較してしまうと重たさを感じやすいかも。

バルミューダ ザ クリーナーはこんな方におすすめ

バルミューダ ザ クリーナーは、下記のような方におすすめです。

・リビングに置いていてもインテリアの邪魔にならないデザイン性がいい

・ホバー式クリーナーで使いやすいコードレスクリーナーを探してる方

・低重心で手元が軽いクリーナーを使いたい方

リビングに出しっぱなしにしててもインテリアの邪魔にならないシンプルなデザイン性だから、気が向いたときにさっととりだして使えるところが魅力的ですね♪

バルミューダ ザ・クリーナーはどこで買うのがお得?価格比較

バルミューダ ザ・クリーナーは、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販販売店で価格を調査してみました!(2023/1/11調べ)

【バルミューダザクリーナー(旧モデル)】

★楽天市場⇒37,400円(税込・送料無料)

★アマゾン⇒23,467円(税込・送料無料)

★ヤフーショッピング⇒37,400円(税込・送料無料)

このようになっていてAmazonが安くなっていましたよ。

【バルミューダザクリーナーライト(2022年モデル)】

★楽天市場⇒64,900円(税込・送料無料)

★Amazon⇒64,900円(税込・送料無料)

★ヤフーショッピング⇒64,900円(税込・送料無料)

このようにどこも同じですね。

なかでも、楽天市場やヤフーショッピングなら便利で使いやすいポイントも貯まる分お得ですね!

★コードレスクリーナー関連記事★