宮崎化学ファイブクリーンの口コミ評判や使い方!使えないものやデメリットも徹底検証

この記事では、TBSカイモノラボやチョコプラの超ヒット商品研究所、ショップチャンネルなどに登場した酸素系漂白剤【宮崎化学ファイブクリーン】の口コミ評判や効果と、使い方や使えないもの、デメリットなどをチェックしていきます。

酸素系漂白剤のファイブクリーンは、超高濃度の酵素パワーで漂白しながら、洗浄成分でしつこい油汚れもスッキリ!というお掃除グッズです。

テレビCMでも見かけることもあるけど、本当にそんなにすごく汚れが落ちるのかも気になりますよね~。

しかも、衣類や食器はもちろん、キッチンまわりやお風呂場などいろいろなところで使うことができるので、大掃除する季節はもちろん1年中使い勝手が良さそうです。

それではさっそく、ファイブクリーンについて詳しくチェックしていきましょう!

created by Rinker
宮崎化学
¥5,980 (2023/02/06 12:53:31時点 Amazon調べ-詳細)

【記事中で紹介してる商品はアフィリエイトリンクを使ってます。】

宮崎化学ファイブクリーンとは?

ファイブクリーンは、宮崎化学から発売されてる酵素の力で汚れを落とす酸素系漂白除菌洗浄剤です。

洗剤というと、使ってる素材によって使えるところがかなり限定されることもあるけど、こちらは衣類などの布製品から水回りや食器、家具などいろいろなところで使うことができるのが特徴です。

普通の洗剤ではなかなか落とせない頑固な汚れも、酵素のチカラで漂白しながら、洗浄成分で汚れを浮かして落とすことができるんです。

しかも、日本製だから気軽に使いやすそうですね♪

宮崎化学ファイブクリーンの特徴や効果

ここからは、買った後に後悔しないためにも「宮崎化学ファイブクリーン」の特徴や効果についてチェックしておきましょう。

1つで5つの効果

ファイブクリーンは、これ1つで以下の5つの効果に優れているのが特徴です。

①:洗浄
②:除菌※すべての菌を除菌できるわけではありません
③:漂白
④:消臭
⑤:脱脂

その理由は、ファイブクリーンで使われている過炭酸ナトリウムで、これは水でも簡単溶けて、いっきに発泡して、高濃度酵素を出すことができるのです。

さらに、2種類の天然由来酵素を配合していて、弱アルカリ性に仕上げられているのが特徴です。

その酵素のチカラで5つの効果に優れているということですね。

わかりやすい取扱説明書

ファイブクリーンですが、わかりやすい使い方が記載された取扱説明書がありますよ。

私も実際に見てみたのですが、「洗濯編」や「つけおき編」をそれぞれ写真入りでわかりやすく、使う量や使うときのポイントなども記載されて紹介されていました。

これなら、使ったことのない洗剤でも取説を見ながら使えるから安心感がありますね。

ファイブクリーンの使い方動画

ここからは、ファイブクリーンの使い方についてもチェックしていきます。

基本的には、40~50度のお湯3Lに対してスプーン1杯を溶かして使います

YouTubeに動画でありましたよ!

洗浄・除菌・漂白・消臭・脱脂を1品でこなす万能アイテム!酸素と酵素の力でマルチに活躍する漂白剤【ファイブクリーン 】

ここからは動画が削除されてしまったときのために、それぞれの使用方法を簡単にまとめておきますね。

洗濯するときの使い方

ファイブクリーンを洗濯時に使う

①:いつも使ってる洗濯用洗剤とファイブクリーンをスプーン1杯投入
※塩素系洗剤と併用はできません。

②:いつも通りに洗濯する

いつも使ってる洗濯用洗剤は事前に確認しておきたいところですね。

使い方はスプーン1杯分入れるだけでいいから、あとはほったらかしできるのは便利ですね。

これだけでも、洗剤だけでは劣り切れなかった汚れや汗ジミなどを落として、気になるにおい対策にもなるのも魅力ですね♪

つけ置きでの使い方

ファイブクリーンは、つけ置きで使うこともできます。

①:桶やバケツに洗浄液を作る

②:洗いたいものを洗浄液につける

③:約30分~一晩ほど放置してから十分な水ですすぐ

※頑固な汚れや焦げは、熱めのお湯と濃い洗浄液につけおきして、冷めてからスポンジで磨く

このような流れで簡単です。

ちなみにシンク掃除する場合は、シンクの半分ほどまでお湯をためてから、ファイブクリーンを投入して5~20分くらいつけおきしてから、シンクのお湯を流すことでお掃除ができますよ。

拭き掃除でも使い方

大掃除や普段使いに便利な拭き掃除でも使うことができます。

①:洗浄液を作る

②:布巾を洗浄液に浸してしっかり絞る

③:壁や床、タイル、家電、家具など汚れが気になるところをふき取る

拭き掃除するときには、手荒れの心配もあるから手袋を用意しておくのがいいですよ。

しつこい換気扇の油汚れやお風呂の壁、冷蔵庫内の掃除などに使うことができるのが特徴です。

磨き掃除の使い方

シンクやトイレなどの磨き掃除でも使うことができます。

①:お湯でスポンジを湿らせる

②:対象物にファイブクリーンを振りかけるかスポンジにつける

③:磨くだけ!

※便器などは、水たまりにファイブクリーンを巻いて一晩放置してから、便器ブラスで水たまりに浸しながら磨きます。

シンクやタイル、水栓など磨き掃除をするときにも使いやすいのもうれしいですね。

ファイブクリーンの使えないものや場所

これ1つでいろいろな掃除に使うことができるといっても、使えないものや場所もあるので、購入前にチェックしておきましょう!

ファイブクリーンが使えないもの

毛、絹、皮革等の動物性繊維、含金属塗料で染めたもの、草木染の製品、鉄、アルミ、銅、銀、亜鉛などの金属類(ステンレスを除く)漆製品、素焼きの陶器、金彩等の入った食器

意外と気を付けないといけないのが「アルミ」かもしれませんね。

キッチンまわりは、アルミ製のものが多いですし、子供のお弁当箱なんかはアルミのものもかなりありますからね。

事前に使えない素材かどうか確認しておくといいかもしれません。

ファイブクリーンの口コミ評判は?

ここまでは特徴や効果、使い方などいろいろ見てきたけれど、やっぱり実際に「宮崎化学ファイブクリーン」を買って使ってる方の口コミも参考にしたいですよね~。

そこでいろいろ調査してみると、ありましたよ!

【楽天市場】でチェック

【Amazon】でチェック

いかがだったでしょうか?

参考になるような口コミは見つかりましたか?

Twitter上の悪い口コミは?

ファイブクリーンは基本的には評価が高いけど、「においが取り切れない」などの悪い口コミもちらほらありますね。

また独特なにおいを感じる人もいたので、しっかり換気して使いたいですね。

Twitter上のよい口コミは?

ファイブクリーンですが、よい口コミを調べてみると「きれいになった」とか「油汚れにもよかった」というように、買って満足されている方が多い印象がありますね。

買うタイミングとしては大掃除に向けて!という人が多いけど、1つでマルチに使うことができるから、少しでも掃除の手間が減るなら1つ持っていてもよさそうですね♪

ファイブクリーンのデメリットは?

宮崎化学ファイブクリーン弱アルカリ性酸素系漂白洗浄剤のデメリットについてもチェックしていきます。

・塩素系洗剤やほかの洗剤との併用はできない

・すべての菌を除菌できるわけではない

・長年の頑固な汚れは1回では落ちきれない

洗剤はどのメーカーのものでも共通していることだけど、他の洗剤や塩素系と併用することができないので、しっかりと正しく使うことが大切です。

においや汚れ落ちも、頑固なものだと1回や2回では落ちきれない可能性もあるので、焦らずに使っていきたいですね。

ファイブクリーンはこんな方におすすめ

宮崎化学ファイブクリーンは、下記のような方におすすめです。

・1つでいろいろなところの掃除に使いたい方

・無臭タイプの弱アルカリ性酸素系漂白洗浄剤を探してる方

・正しい使い方ができる方

この洗剤1つあれば、洗濯物の消臭や漂白はもちろん、つけ置きや拭き掃除、水回りのふき掃除にといろいろと使うことができるのは魅力的ですよね♪

掃除する場所によって洗剤を変えなくていいから、いろいろと購入しなくていいのは経済的にもうれしいです^^

香りについても香料は含まれていないので、使い勝手も良いところも便利で助かりますね。

ファイブクリーンを最安値で買う方法は?

ファイブクリーンは、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販サイトで価格を調査してみました!(2023/1/5調べ)

楽天市場
・単品3,437円(税込・送料無料)
・2個セット5,980円(税込・送料無料)
・3個セット10,311円(税込・送料無料)
・4個セット9,995円(税込・送料無料)

アマゾン
・単品3,980円(税込・送料無料)
・2個セット5,980円(税込)
・3個セットなし

ヤフーショッピング
・単品3,437円(税込・送料無料)
・2個セット5,980円(税込・送料無料)
・3個セット17,097円(税込・送料無料)
・4個セット9,995円(税込・送料無料)

このようになっていましたよ。

TBSショッピング系が2個・4個セットが安くなっているのでお買い得ですね。

▼ショップ名クリックで単品~複数個の最新情報をチェックできます

created by Rinker
宮崎化学
¥5,980 (2023/02/06 12:53:31時点 Amazon調べ-詳細)

油汚れやカビなどの汚れには「スライムパンチ」も評判がいいですよね▼