メガパワーステーションとメガパワーバンクの違いを比較!ポータブル電源の寿命や口コミも徹底検証!

この記事では、坂上通販などテレビショッピングに登場したポータブル電源のメガパワーステーションとメガパワーバンクはどっちがおすすめなのか、違いを比較しながら口コミや寿命などをチェックしていきます。

【広告】

ポータブル電源は、アウトドアなどの日常使いから、災害時などの緊急用の電源としてまで幅広く活躍してくれるのが便利ですよね。

でも、今では種類もいろいろあってどれにしようか迷ってしまいませんか?

とくに似たような名前のものだと、どんな違いがあるのか気になってしまいますよね~。

それではさっそく、メガパワーステーションとメガパワーバンクの違いについてチェックしていきましょう!

▼メガパワーステーション▼

▼メガパワーバンク▼

ポータブル電源メガパワーステーションとメガパワーバンクの違いを徹底比較!

ポータブル電源メガパワーステーションとメガパワーバンク、まずはどんな違いがあるのか、仕様を比較してみました!

メガパワーステーション メガパワーバンク
大きさ(約) 幅144㎜
奥行き77㎜
高さ105㎜
幅144㎜
奥行77㎜
高さ105㎜
重さ(約) 1030g 1030g
容量 24000mAh 24000mAh
照明機能 LEDライト LEDライト
充電時間(約) ・ACアダプター:5時間
・21Wソーラーパネル:25~28時間(※連続で約40,000ルクス)
 ・ACアダプター:5時間
・21Wソーラーパネル:25~28時間(※連続で約40,000ルクス)
出力 AC修正正弦波×2個
DC×1個
USB×2個
USB QC3.0×2個
USB-C 1個
AC修正正弦波×2個
DC×1個
USB×2個
USB QC3.0×2個
USB-C 1個
入力 DC19V / 1.5A(ACアダプター)

DC15-24V / 1.2A(別売ソーラーパネル)

DC19V / 1.5A(ACアダプター)

DC15-24V / 1.2A(別売ソーラーパネル)

メーカー 株式会社メテックス 株式会社メテックス
税込価格 32,800円 32,800円

このように、機能面や仕様などをチェックしてみたのですが、違いはありませんでした。

結論を言ってしまえば、メガパワーバンクが名称が変わってメガパワーステーションになっただけということですね。

その為、通販サイトではまだどちらの名称でも販売されていると思いますが、価格が安いタイミングで選んでもよさそうですね。

▼メガパワーバンク(旧)

▼メガパワーステーション(NEW)

ポータブル電源メガパワーステーションの特徴

どちらも共通しているのがわかったので、ここで一度ポータブル電源メガパワーステーションの特徴についてチェックしておきましょう!

ソーラーパネルでの充電ができる

ポータブル電源とソーラーパネルがセットになっているものを購入すれば、わざわざ別売りで買う必要がありません。

ソーラーパネルを使うことでメガパワーステーションの充電をすることもできるので、アウトドアはもちろん停電時などにも安心感がありますね。

ちなみに普段はACアダプターを電源プラグに差し込むことで、およそ6時間ほどで満充電ができるので、この方法が早くおすすめです。

コンパクトサイズで軽い

日常使いはもちろん緊急時でも使いたくても大きくて重たいと持ち運びするだけでも大変ですよね・・・

でも、これなら重さは約1㎏ほどととっても軽く、本体も手のひらサイズになっているので、楽に持ち運びができるんです。

使わないときにも隙間に収納できるから荷物になりにくいのも魅力的ですよね♪

LEDライトやランタンとして使える

メガパワーステーションは、災害時では必須になる2種類の照明機能が搭載されています。

①:2灯式LEDライトで懐中電灯として

②:手元など近くを照らすLEDランタン

LEDライトとして使うときには最大で約40時間ほども点灯することができます。

遠くを照らしたいときに便利ですね。

ランタン機能は逆に近くを照らしたいときにおすすめです。

こちらは最長100時間ほども点灯できるので、停電時などに便利です。

大容量のポータブル電源

ポータブル電源メガパワーステーションは、24000mAhというハイパワーで、一般的なモバイルバッテリーよりも大容量になっているのも特徴です。

災害時などの連絡手段として必須アイテムのスマホなら、約8台分を充電することができるほどですよ。

消費電力は80W、最大120Wまで対応

ポータブル電源メガパワーステーションは、消費電力は連続で80W、最大で120Wまでの家電製品に使うことができるのです。

しかも、ACコンセントは2個付きですよ!

CD出力も装備

メガパワーステーションはDC出力装備もしています。

車用クリーナーや空気ポンプなどを使ったりすることもできるのです。

メガパワーステーションの使用時間の目安

メガパワーステーションで使える家電製品の時間の目安についてもチェックしていきます。

家電製品 消費電力 使用時間の目安
ノートPC 16W 約5時間
LED卓上スタンド 6W 約14時間
扇風機 20W 約4時間
電気毛布 27W 約3時間

消費電力は連続80ワット(最大120ワット)までの製品が使えます、

これ以上の製品を使うと、過電流保護機能で電源が切れるようになっています。

メガパワーステーションの寿命は?

ポータブル電源メガパワーステーションは、実際のところどれくらい使うことができるのかな?

寿命を調べるときには、使われている電池からある程度の目安を判断することができます。

メガパワーステーションには、リチウムイン電池が使われています。

これは、500回ほど充電することで交換の目安とされています。

ただし、使用環境などによっても充電回数は変化していきますので、実際にはもっと多く使うことができる可能性もあります。

スマホやゲームなどと違って、ポータブル電源は毎日充電するようなものでもありませんからね。

月に2~3回くらいのペースなら、1年でも26~36回です。

最低500回で計算しても、10年~20年近くは使うことができる可能性があるということですよ。

メガパワーステーションの口コミ評判は?

ここまでは、メガパワーステーションとメガパワーバンクの違いについて見てきたけど、やっぱり実際に使ってる方の口コミも参考にしたいですよね~。

そこでいろいろ調査してみるとTwitter上にありましたよ!

メガパワーステーションの悪い口コミ評判は

いまのところ悪い口コミというのはTwitter上にはありませんでした。

ただ、類似品のメガパワーバンクだとこんな意見がありましたよ。

太陽光で充電する場合、40000ルクスという条件でも約25時間~28時間ほどかかってしまうので、いざというときにはちょっと厳しいかも。

また、類似品の中には、付属のジャックだと古いiPhoneがサイズが合わないというの声もあったので、事前に試しておくと安心ですね。

メガパワーステーションの良い口コミ評価は?

メガパワーステーションですが、良いクチコミを見てみると、

★コンパクトサイズ
★軽いから持ち運びしやすい
★対応電源が豊富

というような意見がありましたね。

本体が小さいから、いざというときはもちろんだけど、アウトドアなどで普段から使って使い方に慣れていると緊急時でも慌てずに使いこなすことができそうですね!

余裕があるときは、付属のソーラーパネルを使ってみるのもいいかも♪

ポータブル電源メガパワーステーションのデメリットは?

ポータブル電源メガパワーステーションのデメリットについてもチェックしていきます。

・消費電力が大きい家電は使えない

・長時間の停電には対応できない

どんな家電でも動かすことができるというものでもなく、80Wを超えるような家電はもちろん、同時に使った場合でも80Wを超える家電は使うことができません。

また、フル充電していても何日でも使うことができるというものでもないのです。

ノートパソコンなら連続で約5時間ほど、扇風機は約4時間と使うことが限られているので、アウトドアならまだしも、災害時用として考えるのなら蓄電方法なども考えておく必要があります。

ポータブル電源メガパワーステーションを最安値で買う方法は?

ポータブル電源メガパワーステーションはどこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販サイトで価格を調査してみました!(2022/9/17調べ)

※ポータブル電源メガパワーステーション&大型ソーラーパネル特別セットです。

★楽天市場⇒32,800円(税込・送料無料)

★ロッピング楽天市場⇒32,800円(税込・送料無料)

★アマゾン⇒32,800円(税込・送料無料)

★ヤフーショッピング⇒32,800円(税込・送料無料)

価格はどこも同じなので、よく利用してるショップで購入できますね。

なかでも、ポイントがたまって使いやすい楽天市場やヤフーショッピングがお買い得ですね。

▼ロッピング楽天市場でチェック

▼その他販売店でチェック

ポータブル電源メガパワーステーションとメガパワーバンクの違い|まとめ

ポータブル電源メガパワーステーションとメガパワーバンクの違いを最後にもういとどまとめておくと、

メガパワーステーションとメガパワーバンクの違い

・名前が変わっただけ(メガパワーバンク⇒メガパワーステーション)

現在は、ネットショップではどちらの名称でもあるけど、ゆくゆくはメガパワーステーション一択になっていきそうですね。