コードレス回転モップクリーナー Neo+Viviの口コミ評判や最安値は?違いやおすすめも

【広告】本ページはプロモーションが含まれています。

土曜はナニするで紹介された【CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Vivi ZJ-MA41】を使ってみた方の口コミ評判や効果と、従来品との違いやおすすめ、最安値などをチェックしていきます。

コードレス回転モップクリーナー Neo+Viviの口コミ評判や最安値は?違いやおすすめも

先端部分が回転することで手でゴシゴシと磨かなくても汚れをきれいに落としてくれる便利な家電製品です。

コンパクトで軽量だから、キッチンまわりやお風呂、窓や網戸はもちろん、パッド交換で屋外のウッドデッキなどの掃除に使うこともできるのです。

▼おすすめポイント

・電動だから肩や腕の負担が少なく拭き掃除ができる
・防水設計でお風呂場でも使える
・別売りスティック装着でフローリング掃除も立ったままできる
・充電式コードレスで利便性が高い

それではさっそく、より具体的にみていきましょう!

 

CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Viviを使ってみた口コミ評判は?

CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Viviを使ってみた方の口コミ評判についても集めてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

良い口コミはもちろん、悪い口コミもしっかり掲載していきます。

悪い口コミ評判は?

音が少しうるさいと思いマイナス1の星4つです。

引用元:CCP公式

今のところ悪い口コミというのはかなり少ないのは、さすがモップクリーナーシリーズで大人気のCCP。

ただ、回転させるためにモーター音があるほか、浴室など音が反響しやすい空間で使うと、より音が大きく感じやすいので、使う時間帯は選ぶようにしましょう。

 

良い口コミ評価は?

防水ということもあり、お風呂掃除にも使用出来ると思い、購入させて頂きました。日常使いにとても便利です。

引用元:CCP

良い口コミについても少しずつ増えてきています。

▼高評価ポイントまとめ

・防水性能がうれしい
・お風呂掃除に便利
・ハンドル付きで持ちやすい

IPX5相当の防水設計になっているので、シャワーを掛けながらお掃除ができるというのが何よりも強みになっていて、ここが高く評価されています。

バスルームも力を入れてゴシゴシ磨かなくてよくなるというのも助かりますね。

 

通販サイトでチェックしてみる👇

Amazonはこちらから

楽天市場はこちらから

 

CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Viviの特徴や機能

CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Viviが本当に役立つアイテムになるのか、ここからはその特徴や機能について探っていきましょう。

片手でサッと拭き掃除!

「床掃除はロボット掃除機に任せて、キッチンや洗面台はサッと拭き掃除したい!」

そんな方に朗報です!

CCPから、片手で軽々と操作できるコードレス回転モップクリーナー「Neo+Vivi」が登場しました。

 

従来のモデルよりコンパクトになったNeo+Viviは、片手で持ち運びやすく、狭い場所でもラクラク掃除できます。

キッチンカウンターや洗面台、鏡など、手間いらずで拭き掃除が完了できるというのが特徴。

さらに、自動回転するパッドが汚れをしっかりキャッチ!

水拭きはもちろん、乾拭きにも対応しているので、家中のいろいろな拭き掃除に大活躍してくれるという利便性の高さが大きな魅力です。

 

水だけで油汚れもスッキリ!お手軽掃除を実現する秘密はモップパッド

CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Viviは、水だけで汚れをしっかり落とせるというのも強みの1つ。

その秘密は、専用パッド「キャッチモップ」に採用されている特殊構造の繊維にあります。

キャッチモップは、マイクロファイバーよりも細い「極細繊維」と「コシのある繊維」を組み合わせた特殊な構造になっています。

この構造により、油汚れなどの微細な粒子を絡め取り、しっかりとキャッチします。

 

洗剤を使わずに水だけで汚れを落とせるので、小さなお子様やペットがいるご家庭にもおすすめです。

 

IPX5相当の防水性能

IPX5相当の防水性能を備えたNeo+Viviは、水を掛けながらお掃除ができる優れもの。フローリングはもちろん、お風呂掃除にも大活躍します。

バスルームの床や洗面台など汚れがこびりつきやすいところにも、シャワーを掛けながら使えばより効率よくお掃除ができます。

 

2段階の回転数で場所に合わせて使い分け

Neo+Viviの最大の特徴は、回転数を100/200回転の2段階で切り替えられることです。

200回転モード:カウンターや洗面台などの平らな場所をパワフルに掃除
100回転モード: 網戸や高い場所など、繊細な場所にも安心

場所に合わせて回転数を調整することで、効率的かつ安全に掃除できます。

別売りのスティックを装着すれば、フローリング掃除も可能で、立ったまま掃除できるので、腰への負担も軽減されます。

 

シリーズ累計100万台を販売する実績と専門性

neo+ViViは、コードレス回転モップクリーナーシリーズの累計販売台数が100万台越えという実績のある「株式会社シー・シー・ピー」というメーカーから発売されています。

公式オンラインストアから購入した方からのアンケートで要望が多かったという「お風呂の床掃除」や「洗面台掃除」に対応したモデルとなります。

モップを回転させて汚れを落とすという基本的な仕組みは、これまでのシリーズで培った技術を採用しているので、汚れ落ちについては従来の口コミなども参考にできますね。

 

CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Viviの使い方

使用方法についてチェックしていきます。

CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Viviの使い方

①:充電する(約4.5時間)

②:パッドを濡らして絞ってから中心の折り畳み、本体裏面のモップパッド取り付け目安線に中心を合わせて装着

③:ハンドル部分を持ち、パワーボタンを長押してスイッチオン

④:パワーボタン短押しで「強モード⇒標準モード⇒電源オフ」と切り替える。

⑤:ハンドルをしっかり持ち汚れが気になるところに軽くあててゆっくり動かす

 

使った後は電源オフにして、パッドを取り外したら水洗いして干すだけです。

使うときには掃除する場所に合わせてモードを使い分けるとより効果的です。

 

例えば、標準モードは毎分約100回転しているので網戸や窓のお掃除に最適です。

対して高速回転の強モードはテーブルや調理台など、平らな面でお掃除するのに最適。

 

いろいろなシーンで使うことができるというのも利便性が高く魅力的なポイントです。

 

 

CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Viviとneoプラスおすすめはどっち?

CCPといえば、さまざまな通販番組や雑誌などでも紹介されて今でも人気の「コードレス回転モップクリーナーneo+」もあります。

大きな違いとしては、今回がハンディタイプなのに対して、従来品はモップ型。

そのため使用目的に合わせておすすめがどっちになるのかも変わります。

 

まずはじめに、それぞれの仕様を表にまとめて違いを比較してみました。

ViVi neo+
タイプ ハンディ型 モップ型
サイズ(約) 幅147×奥行き147×高さ130㎜ 幅280×奥行き130×高さ1040㎜
重さ(約) 750g 1.0kg
※充電バッテリー含む
充電時間 約4.5時間 約3.5時間
連続運転時間 【モップドライ時】
・強:約60分
・標準:約100分
【モップウェット時】
・強:約30分
・標準:約50分
【モップドライ時】
・強:約60分
・標準:約90分
【モップウェット時】
・強:約45分
・標準:約70分
モップ回転数 強:約200回転/分
標準:約100回転/分
強:約150回転/分
標準:約100回転/分
防水性能 IPX5相当
メーカー希望小売価格 14,800円(税込) 16,500円(税込)

※2024/3/17現在の情報です。

 

コードレス回転モップクリーナーneo+がおすすめな方

従来品の「コードレス回転モップクリーナーneo+」は、立ったまま床の拭き掃除をメインで使いたい方に最適です。

また、こちらもハンディタイプとして使うことで、窓や網戸の掃除に使うことはできますが、防水性能はありませんので、水まわりでの使用は避けるようにしましょう。

 

▼おすすめな方

 

・床の拭き掃除をすることが多い方

・小さい子供がいたりやペットを室内で飼っている方

・充電時間は少しでも短いほうを選びたい方

 

 

持ち手部分は約104㎝ですが、短くすることで最短68㎝にすることもできるので、階段掃除をするときにも使いやすいデザイン。

CCPの回転モップクリーナーはシリーズ累計100万台突破しているという実績もあるので、口コミなども多く参考にしやすいというメリットもあります。

created by Rinker
シーシーピー(Ccp)
¥10,980 (2024/04/14 04:15:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Viviはこんな方におすすめ

2023年9月発売のCCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Viviは、以下のような方におすすめです。

 

・キッチンやお風呂まわりなど水場の掃除で使いたい方

・従来品のハンディタイプでも長さがあると感じる方

・拭き掃除の手間を軽減したい方

 

また、別売りになりますが専用スティックを装着すれば、従来品のように床掃除も立ったままラクにできるようになります。

 

CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+ViviのQ&A

よくある質問 疑問 答え Q&A

寿命や耐久性は?

充電式の家電を選び際には、バッテリーの寿命について知っておくことも大切です。

なぜなら、繰り返して使うことで動作時間が少しずつ短くなっていくため。

 

今回は充電式リチウムイオンバッテリーを採用しています。

こちらが、100%⇒0%を1サイクルと考えると、約300回バッテリーの交換の目安になります。

毎日フル充電するようなものではないので、期間でいえばおよそ2年前後くらいと考えるのが妥当でしょう。

 

また、全く使わなずに長期間放置してしまうと、自然放電によって劣化の原因になるので、最低でも3か月に1回を目安に充電⇒放電⇒充電を行うようにしましょう。

正しく使うことで少しでも長く愛用できるようにするのも大切です。

 

モップパッドの耐久性や交換の目安は?

モップパッドについては、一般的な繰り返し100回以上洗っても使えるようになっています。

汚れが気になってきた場合は、買い替えの目安となるので、販売店で購入するのがおすすめです。

 

洗剤は使えるの?

基本的には「水のみ」というのがメーカー推奨の使い方です。

もし洗剤を使う場合は、「希釈不要」「二度拭き不要」タイプの住居用中性洗剤を使うようにしましょう。

 

ワックスがけに使えるの?

公式サイトや取扱説明書を確認させいていただきましたが、ワックスがけについての記載はありませんでした。

 

充電できない?

従来品で見かけた口コミの1つですが、原因はもしかしたら些細なところにあるケースもあります。

例えば、充電式バッテリーが本体に正しくセットされていない場合や、ACアダプターが正しく接続されていないなどのケースです。

これらが問題ない場合は、充電式バッテリーが劣化している可能性もあるので、新しいものと交換する必要があります。

 

取扱説明書は?

取扱説明書は、こちらのサイトから確認することができます。

 

CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Viviのデメリット

CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Viviの購入前に知っておきたいデメリットや気になる点をまとめてみました。

 

・完全防水ではない

・スティックや屋外用パッドが別売り

・動作音がややある

 

 

シリーズ初となるIPX5相当の防水性能があるViVi。

これは、「さまざまな方向からの3mの距離からの水の噴射による影響を受けないレベル」を指し、水中では使うことができません。

その代わり、シャワーを掛けながら使うことは可能なため、水まわりでの拭き掃除には大活躍間違いなしです。

 

立って使う場合のスティックは別売りになるため、メインがフローリングなどの床掃除なら従来品のほうが良いというケースもあるので、事前にしっかり検討するようにしましょう。

 

CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Viviの最安値は?販売店

CCPコードレス回転モップクリーナー Neo+Viviは、どこで売ってる?

そこで通販取扱店での価格も調べてみました!(2024/3/17調べ、値段は変動する場合があります。)

楽天市場 8,257円(税込)~
Amazon 8,980円(税込)
ヤフーショッピング 8,700円(税込)~

メーカー希望小売価格が、14,800円(税込)になるので、一部販売店がお買い得です。

 

便利な掃除家電はこちらの記事もおすすめ👇

 

error: 右クリックすることは記事保護のためできません。申し訳ございません