新型ポケトークSの機能がヤバすぎる!特徴や口コミ評判を調べてみた

通訳機はいろいろとあるけれど、その中でも様々なメディアで取り上げられて人気なのが「ポケトーク」ですよね。

これまで当サイトでも「ポケトークW」について以前に調べてまとめているのですが、その最新モデルの「ポケトークS」が2019年12月6日から発売開始されました。

従来品のポケトークWもとっても口コミ評価が高かっただけに、その最新モデルということもあってとっても興味がありますよね~。

そこで今回は、新型ポケトークSの特徴や機能から、実際使った人の口コミ評判、購入できる通販サイトなどについても色々と調査してまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

公式サイト>>POCKETALK(ポケトーク)

ポケトークとは

ソースネクストから発売されてるポケトークは、お互いに相手の言葉を話すことができなくても、自国語のままで対話することができる双方向型の音声翻訳機です。

133の国や地域で使えるeSIM内蔵で海外旅行などでは、とっても役に立ったとシリーズすべてが評判です。

新型ポケトークSの特徴や機能

ではその最新型のポケトークSにはどんな機能が搭載されているのかについても見ていきましょう。

1:74言語に対応している

ポケトークSは、英語や中国語などはもちろんですが、ロシア語やポルトガル語など74もの言語に対応しています。

そのうち、55言語は音声+テキストで、19言語はテキストに翻訳することができるのが強みです。

2:長文も訳すことができる

翻訳性能については、ネット上のAIを利用しているので、従来モデルと同レベルの翻訳結果になります。

とはいえ、このAIがとっても優秀で長文も訳すことができるし、AIだからこそ性能は時間とともにどんどんレベルアップしていくことができます。

本体に依存しないネットを使うことで、常に最新の翻訳ができるのも魅力です。

3:カメラ翻訳機能(NEW)

ポケトークSになったことで新しく追加されたのが、カメラ翻訳機能です。

ポケトークに搭載されているカメラを使って、気になる文字を撮影するだけで、55の言語を自動で認識して翻訳して画面上に表示してくれます。

しかも、翻訳した結果は履歴から後で確認することもできるというところもとっても便利ですよね。

また、もし複数の言語がいっしょに表示されているとしても、それぞれの言語として認識してくれるというのもすごいですよね。

この機能を使えば、例えば海外旅行中に入ったレストランでメニューが読めないときにも写真を撮ることで翻訳してくれたりと、いろいろな使い方で活躍してくれそうですね^^

4:AI英会話レッスン機能(NEW)

このAI英会話レッスン機能もポケトークSになって新しく追加された機能です。

従来モデルでも、テキスト化された英語などを見て勉強に使ったりする学生さんもいたのですが、さらに進化!!

より勉強に特化した使い方をすることができるようになったのです!

相手の質問に英語で答えると、AIが内容にあった答えで返してくれるのです。

レッスン内容も、旅行を中心とした6つのシーンと36のレッスンで旅行に役立つ会話を練習することもできます。

英語に自信がないけれど、ここで最低限の会話力を身につけられるのもうれしいですよね♪

5:発音練習アプリも無料で使える

先ほど紹介した英会話レッスン機能とは別に、さらに無料で使える発音練習アプリ「ポケトークリンク」もあります。

こちらは、ポケトークで話した内容で13言語の発音練習をすることができるのが特徴です。

発音の善し悪しも瞬時に判断してくれるので、効率よく練習することができるのは魅力的ですね。

6:現地の通貨を表示(NEW)

これもポケトークSになって追加された新機能です。

【変換できる単位】

●為替
●長さ
●重さ
●温度

通貨や長さなど現地の単位を換算することができるので、為替で利用するのなら円やドル、ポンド、ペソなど150種類の通貨を双方向に換算してくれるのです。

単位は海外にいるときに、画面右上のアイコンをタップすることでその地域の通貨や単位に自動で切替することができますよ。

7:現地時間を自動表示する

海外旅行中は、日本時間と現地時間が異なるので、毎回設定するようなものだと面倒ですよね。

ところが最新型は、ロック画面に自動で現地時間と前にいた国や地域の時間を表示してくれるのです。

日本からアメリカに旅行に行けば、日本時間とアメリカ時間の両方が表示されるようになっているので、何か連絡するときなどにも時間を把握しやすいですね。

8:メダル機能とは

ポケトークSでは、訪問国や翻訳した回数・言語、Wi-Fi接続実績、アップデータ実績などを自動的に記録していき、それぞれの達成度に応じたメダルを表示する機能もあります。

訪問した国はマップにも表示されたりと、ちょっとゲーム感覚で海外旅行を楽しむことができますね。

ポケトークSのサイズや重さ

ポケトークSは名刺サイズとコンパクトになっているので旅行時にも邪魔になることはありません。

●サイズ:約幅53.8×厚み11.5×高さ91.6㎜
●重さ :約75g
●ディスプレイ:2.8inch 解像度640×480px

本体サイズはWよりも小さくなっているのですが、ディスプレイのサイズは大きくなっているのでモニターは見やすくなっているのもポイントです。

仕様について

●連続待受け時間:約60時間
●連続翻訳時間 :約270分
●充電時間   :約105分
●ワット時定格量:4.56Wh
●充電仕様 :入力電圧:5V / 入力電流 2Aまで
●GPS搭載

▼紹介動画もあります▼

ポケトークSの口コミ評判・評価

それではさっそく、ポケトークSに対する口コミ評判についても見ていきましょう。

●友人のアメリカ人も驚くほどしっかりと翻訳することができていたのでかなり良いと思う。

●サイズも小さいので旅行などでも持ち運びやすいのは助かる。

●いろいろな言語の訳ができ、各言語の発音練習や辞書として使えるので大満足♪

●仕事で海外に出張するということでさっそく使いました。カメラ翻訳が想像以上に役に立ってくれたので買って良かった。

●とりあえず、英語と韓国語で試してみたところ問題はなさそうです。

【低評価レビューも】

●外国語から日本語へはかなりの精度だと思うけど、日本語から中国語は少し微妙な感じもある。

●対応国でも使えないところがあるので、しっかり調べてほしい。

●長文になると翻訳時間がかかるので、短文に分けたほうが良い。

まだまだ口コミは少ないですが、発売してすぐにこれだけの口コミがあるというのは、その人気の高さもうかがえますね。

長文になると翻訳に時間がかかるという意見もあったので、使う際には必要なことだけを短い文章にしたほうが良さそうです。

ただ、総合的には満足してるという方のほうが多かったのも事実です。

参考に過去モデルの口コミをどうぞ↓↓

音声翻訳機のポケトークW(POCKETALK W)が、今とっても人気がありますよね。でも本当に使いやすいのかどうかも気になるところです。そこで今回は、ポケトークW(POCKETALK W)は使いにくい?口コミ評判からわかったことについてまとめていきます。これから翻訳機を買ってみようと思っている方も、ぜひ参考にしてみてくださいね
ソースネクストのポケトークはメディアにも掲載されてるのでちょっと気になっちゃいますよね~ネットで情報を集めてると「ポケトークは使えない」なんていった口コミ評価もあるけれど、実際のところはどうなんでしょうか?今回は、ポケトークは本当に使えないのか、実際に購入された方の口コミや評判からわかったことをご紹介します。

ポケトークSの通販販売店

話題の最新翻訳機「ポケトークS」は、ソースネクスト公式サイトで現在予約受付中です。



カラーは、ホワイト・ぶたっく・ゴールド・レッドの他、公式限定カラーでメタルグレーとメタルグリーンが選べますよ。

さらに、「ドラえもんEdition」も♪

また、楽天公式店ならポイントも貯まってお買い得ですよ^^

↓ ↓ ↓

まとめ

新型ポケトークSの特徴や強み、口コミなどをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

Sだけの機能をまとめると、

☑カメラ翻訳

☑現地単位変換

☑現地時刻表示

☑英会話学習

☑メダル獲得

となります。

メダルは微妙な感じだけれど、カメラ翻訳や英会話レッスンなどでも使いやすく、単位の変換までしてくれるのはとても助かりますね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする