ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンの口コミや風量は?比較やデメリットも解説!

【広告】本ページはプロモーションが含まれています。

ディノスいいものプレミアムやTBSショッピングに登場した、ヤーマン【ブライトドライヤーフォトイオン】の口コミ評判や風量効果と、早く乾くのか機能や風量、使い方、類似品リファなど違いの比較やデメリットなどもチェックしていきます。

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンの口コミや風量は?比較やデメリットも解説!

毎日髪を乾かすためにドライヤーを使ってるけど、温度が高いと熱ダメージが心配だし、風量が弱いと乾くのに時間もかかってしまうなんてことも・・・。

時間がかかると、腕も疲れるし、髪の毛も乾燥してパサついたりしてしまいますよね~。

 

そんなお悩みのある方におすすめなのが「ブライトドライヤーフォトイオン」。

大風量の低温設計で速乾性があるにもかかわらず、美顔器テクノロジーを搭載してるので、ツヤ髪も目指せるというのです。

▼ここがスゴイ!

・髪を乾かす時間を短縮できる
・髪にやさしく乾かせる
・低温設計で夏でも快適に使える
・静電気除去機能付きで冬にも最適
・選べる3つのモードからお好みで使える

それではさっそく、ブライトドライヤーフォトイオンについて詳しくチェックしていきましょう!

 

created by Rinker
ヤーマン(Ya-man)
¥33,139 (2024/05/27 18:42:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

▼4/19までおすすめショップ

 

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンとは

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンとは、美顔器発想のテクノロジーで髪のイオンバランスを整えて、静電気によるパサつきや広がりを防いでくれるというアイテムです。

しかも低温設計になってるので、毎日のドライヤーの熱で髪や頭皮へのダメージが心配という方にも最適ですね。

風量もあるから素早く乾かすこともできるので、忙しいときにも便利です。

使用時間が短くなると、髪はもちろん節電効果も期待できるという一石二鳥でお得なところも嬉しいですね。

 

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンの特徴や効果

まずは、本当に必要となるのか「ヤーマンブライトドライヤーフォトイオン」の特徴や効果からチェックしていきましょう!

 

低温の大風量で速乾性と髪への優しさを両立

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンは、低温ながらパワフルな風量で髪を素早く乾かすことができるドライヤーで、髪へのダメージを抑えたい方や、時短したい方におすすめの製品です。

いくら低温設計になっていても、使う時間が長いほど、髪の水分もどんどん飛ばされてしまいますからね。

 

従来のドライヤーは、高温で髪を乾かすため、髪のパサつきやゴワつきなどのダメージの原因となっていました。

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンは、約60℃~の低温風で髪を乾かすため、髪へのダメージを抑えられるというのが特徴。

また、高性能なブラシレスDCモーター搭載によって、低温ながらもパワフルな風量を実現

これが、髪を素早く乾かすことができ、乾かす時間を短縮できる秘密です。

 

直進性のある大風量で髪を乾かすため、髪をいたわりながらキューティクルを閉じ、まとまりのあるツヤ髪へ導くほか、さらにマイナスイオンをたっぷり含んだ風で、髪のパサつきを抑え、ツヤを与えてくれるところも魅力的ですね♪

乾かす時間が短縮できるため、電気代節約にもつながりますので、髪をいたわりながら、時短と節約を実現したい方におすすめのドライヤーといえるでしょう。

 

髪の水分量もキープ

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンは、ダメージレスドライでうるおいもキープするのも特徴です。

一般的なドライヤーのように熱によるオーバードライになりにくく、約60℃(TURBO時)という低温で髪や頭皮への熱ダメージも軽減してくれます。

 

メーカーが乾燥後の髪の水分量比較をしたというデータだと、従来品と比べて、ブライトドライヤーフォトイオンは、約130%というように大きな違いもあるほどです。

※濡らした人毛毛束による実験。TURBOモード・温風使用時。メーカー調べ。

情報源:YAMAN公式

髪のうるおいをキープしてくれるというのも魅力的ですね♪

 

軽くて持ちやすいドライヤー

毎日のドライヤータイム、髪を乾かすだけなのに意外と時間がかかって、疲れてしまいますよね。

特に、ドライヤーが重かったり、熱かったりすると、さらにストレスを感じてしまいます。

 

そんなドライヤーのお悩みを、ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンが解決してくれるのです。

本体の重さがたったの約450g(アタッチメントや電源コード含まず)。

これは、500mlペットボトルよりも軽いので、片手でラクラク持つことができるので、髪の長さや量が多い方でも、長時間使用しても疲れにくいというメリットになりますね。

 

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンは、軽い、熱くない、速乾という3つのメリットを持つ、画期的なドライヤーです。

毎日の使用時間をもっと快適にしたい方に最適ですね。

 

冬の乾燥&静電気対策に!Wイオナイザー搭載ドライヤーで髪サラサラ

ブライトドライヤーフォトイオンは、乾燥する季節にうれしい「静電気除去機能」があるのも特徴です。

乾燥する季節、髪のパサつきや静電気にお悩みの方は多いのではないでしょうか。

そこでこちらは、Wイオナイザー搭載でその原因になる静電気を、約5秒で約98%もカットすることができるのです。

 

髪のダメージは、熱や乾燥だけではありません。

静電気も髪を傷め、パサつきや枝毛の原因となりますが、Wイオナイザーで、髪に帯電した静電気を効果的に除去します。

手ぐしで乾かすだけで、ブローブラシを使って仕上げたようなツヤとまとまりになるのは、この機能が活躍してくれているからなのです!

 

こちらもメーカーで静電気除去率を比較しているのですが、個人差はあるものの、使用前と使用後で約98%減少したというデータもあるほどです。

※※毛髪サンプルに対し、HIGHモードで5秒間使用した結果。株式会社分析センター調べ。N=6、試験品:PSM-150(同シリーズ別製品)

 

3つのモードで効果的に使える

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンには、3つのモードが搭載されています。

 

それぞれ使い分けることで、より効果的に使うことができるんです!

TURBO 60℃の低温設計で、髪をいたわりながら素早く乾かす
HIGH ブローしやすい80℃の温度。いろんな仕上がりを楽しめる
LOW 前髪や毛先などのスタイリングの仕上げにおすすめの約55℃

モードによって温度が異なりますので、その時の髪に合わせて使い分けができるところも嬉しいですね。

 

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンの電気代

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンは、毎日のように使うことになるけど、電気代もきになりますよね~。

 

そこで消費電力から計算してみました!(1kWhあたり31円で計算)

10分使った場合の電気代は、約6.458円

消費電力がある分、そこそこしますね。

でも風量があることで髪を素早く乾かすことができるということなので、使う時間が短くなればそれだけ節電にもなりそうですね♪

あとはドライヤーの前に、タオルドライなどである程度水分を取っておけば、より使用時間を短縮することができますよ。

 

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンの効果的な使い方

使い方 使用方法

使用方法についてもチェックしていきましょう。

ブライトドライヤーフォトイオンの使い方

①:タオルドライして、ブラシなどで髪のもつれをとる

②:電源プラグをコンセントに差し込む

③:電源ボタンを押してON

④:モードを選ぶ(TURBO/HIGH)

⑤:髪と本体は5㎝以上離して髪全体に風を当てる

⑥:電源オフ

基本的には、一般的なドライヤーとあまり違いがありません。

事前にタオルドライで水気をあらかじめ取り除いておくことで、ドライヤーを使う時間をより短縮することができます。

その結果として、熱による髪や頭皮へのダメージを抑えることにもなりますし、ドライヤーの使用時間も短くなって節電にもなります。

 

ただモードによって温度が違うので、髪をいたわりながら乾かすなら「TURBO(約60℃)」がおすすめです。

HIGHは約80℃の温度設計になってるので、思い通りの仕上がりを目指すならこちらですね。

 

乾かし方のコツ

どんなに高性能のドライヤーでも使い方が間違っていると、思ったような仕上がりにならない場合があります。

だからこそ、正しい乾かし方を知っておくことも重要です。

 

例えば、乾かしムラがないように上や横など様々な方向からあてるようにします。

また、片手だけで乾かすと、反対側がムラになりやすいので、右側を乾かすなら右手でドライヤーを持ち、左側を乾かすときには持ち手も左にするのがおすすめです。

 

乾かす順番は、根本⇒毛先です。

仕上げにトップにボリュームを出したいときは、分け目を作らないように上手にドライヤーをあてていくのがポイントです。

 

ブライトドライヤーフォトイオンの類似品と違いの比較

ヤーマンのブライトドライヤーフォトイオンのように低温でも風量があって乾かす時間を短縮できる類似品は他にもいろいろあります。

 

そこで、ここでは似たような商品の仕様を表にまとめて違いを比較検証してみました!

ブライトドライヤー
フォトイオン
リファ
ビューテックドライヤー
スマート
MEリカバリーエアー
重さ(約) 450g 475g 390g
風量 2.2㎥
※従来品の約1.7倍
約0.9㎥/min(HIGH時)
約0.6㎥/min(LOW時
2.63㎥/分
コード長さ 約1.8m 約1.7m 約1.88m
大きさ(約) W85mm
D208mm
H307mm
216mm
49mm
197mm
W64mm
D56mm
H241mm
消費電力 1250W 1150W
※HIGH時
1000W
温風温度(約) 60℃
80℃
55℃
SCALP:50℃以下
MOIST:60℃以下
80℃
発売年 2022年 2022年 2022年
モード ・TURBO
・HIGH
・LOW
HOT(HIGH/LOW)
COOL(HIGH/LOW)
・低温風
・中温風
・高温風
税込価格 37,950円 38,000円 20,980円

※2024/4/14調べの情報をもとにしています。

 

【リファ ビューテック ドライヤースマート】

リファ独自技術の「プロセンシング」を搭載してるので、髪の温度を感知して温風と冷風を自動で切り替えることで、約60℃以下をキープしやすく、髪を熱ダメージから守ってくれます。

また従来品よりも、イオンの発生量がアップしているほか、頭皮専用のスカルプモードを搭載するなど機能面のパワーアップしていますよ。

 

低温設計なので、夏場でも快適に使えるのが個人的にはかなりうれしいところです♪

 

【MEリカバリーエアー】

TBSやQVCなど様々なテレビショッピングで紹介され、累計売上実績が5.8億円を突破した大人気ドライヤー。(期間:2022年4月~2024年3月)

比較した中では一番の軽量設計で風量もあるので、根元まで風が届きやすいという特徴があります。

温度はほかの低温シリーズと比べるとやや高めの約80℃。

独自開発の「サプライズイオン」で静電気を抑制することができるのも評価されています。

 

折りたたみはできないですが軽量&コンパクト設計になっています。

メーカー希望小売価格も類似品の中では比較的安く設定されている、口コミ評判も良いドライヤーとなっていますよ。

 

【ヤーマンブライトドライヤーフォトイオン】

リファやMEリカバリーエアーと比べて、こちらはTURBOモードでも約60℃という低温で髪を乾かすことができるドライヤーとなっています。

これまでは風量を上げると温度も高く80℃以上というケースも多かったのですが、これならそんな心配もなく、オーバードライを防ぎつつ、髪の潤いを保ちながらやさしく乾かせるというメリットがあります。

 

本体は折りたたみもできるので、使わないときはコンパクトに収納することも、旅行にもっていくこともできます。

 

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンを使ってみた口コミ評判

ここまでは特徴や効果、使い方などいろいろ見てきたけれど、やっぱり実際に「ブライトドライヤーフォトイオン」を買って使ってみた方の口コミも参考にしたいですよね~。

 

そこでいろいろ調査してみましたよ!

風量についての口コミ

風量があるので乾くのに時間がかかることもありません。

引用元:ヤフーショッピング

 

風量も多く、温風が高温すぎないので髪の潤いを保って乾かせる気がします。

引用元:ヤフーショッピング

ヤーマン公式サイトでも、風量についての数値が記載されていないので、不安もありましたが、実際の口コミはこのように満足する方が多い印象です。

 

悪い口コミ評判は「音」

ブライトドライヤーフォトイオンの悪い口コミは、X(旧Twitter)上などを調べてもまだありませんでした。

口コミがみつかりましたら、ここでどんどん紹介していきますね!

 

その代わりネットショップにいくつかありましたよ▼

時間がかかるのと、音は大きいです。

引用元:ヤフーショッピング

ただこれまでにもドライヤーでよくある低評価な意見だと、「コードが短い」とか「音が思ったよりもある」などは、どのメーカーでもだいたいありますからね。

また低音になることで、通常のものと比べるとやや時間がかかってしまうと感じる方もいましたよ。

 

音がうるさいということですが、こちらは80dB以上という数値があります。

例えるなら、鉄道の線路脇やパチンコ屋の店内くらいあるので真夜中に使うというのは厳しいです。

ですが、低温かつ速乾性の高いというメリットから、選ばれている方が多いのも事実です。

 

もちろん個人差もあると思うのですが、ここは事前にチェックしておいた方がよさそうです。

 

良い口コミ評判

軽量で握りやすく疲れません。低温速乾の通り熱くなりすぎす乾きは早いので満足してます。

引用元:ヤフーショッピング

 

風量も多く、温風が高温すぎないので髪の潤いを保って乾かせる気がします。

引用元:ヤフーショッピング

 

ブライトドライヤーフォトイオンの良い口コミを調べてみると、「熱くなりすぎない」とか「風量もある」「髪にもよさそう」というように買って満足されてる方が多い印象があります。

本体だけなら重さも500mlのペットボトルよりも軽いから、これなら毛量のある人でも使いやすそうな感じはありますね。

 

SNSでの評価も

X(旧Twitter)上でもかなり評判がいいですね。

 

風量があるから乾きも早く、お出かけするときなどにも使い勝手が良いところが高く評価されています。

温度も低いから、汗だくにもなりにくいし、髪ツヤについても高く評価されているので、機能性はもちろん仕上がりについても信頼感がありますね。

 

購入前に確認しておきたいデメリット

購入前に確認しておきたいのデメリットや気になる点についてもチェックしていきます。

・価格がやや高め

・音はそれなりにある

価格はメーカー希望小売価格が税込み37,950円となっていますからね。

これまで数千円ほどの安いドライヤーを使っていたという方からすれば、なかなか手が出しにくいお値段です。

 

といっても、同じレベルのドライヤーがだいたい3~5万円くらいしますからね。

値段が同じなら、美髪を目指せるヤーマンのほうが、これから長く使っていくなら良さそうです。

 

また、どんなに高性能なドライヤーも無音というわけではありません。

音はそれなりにあるものというのは理解したうえで使うようにしましょう。

 

こんな方におすすめ

下記のような方におすすめです。

 

・ドライヤーの髪への熱ダメージが気になる方

・髪のパサつきや乾燥などが気になる方

・ヘアドライの時間を短縮したい方

 

ヤーマン独自の低温設計で熱によるオーバードライを防いでくれるから、髪のうるおいもキープしやすいのは魅力的ですね。

風量も、ブラシレスDCモーターを搭載しているから、パワフルな風で短時間ドライができるので、時短になるなら忙しいときでも使いやすそうです。

本体の重さも約450gと、500g以下ですから長く使っても腕が疲れにくいというのも魅力的ですね♪

 

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンの最安値は?楽天やアマゾンにあるの

ヤーマンの「ブライトドライヤーフォトイオン」ドライヤーはどこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販販売店で価格を調査してみました!(2024/4/14調べ)

★楽天市場⇒37,950円(税込)

★アマゾン⇒35,000円(税込)

★ヤフーショッピング⇒37,950円(税込)

★TBSショッピング楽天市場店⇒ー円(税込)

★ディノス楽天市場店⇒30,580円(税込)

このように、一部ショップが安くなっていました。

ディノスは、4/19まで特別価格に!

ディノス公式PR⇒ブライトドライヤーフォトイオン 【通販】

 

▼ディノス楽天市場店はこちら

 

ポイントがたまって使いやすい楽天市場やヤフーショッピングがお買い得ですね!

▼販売店はこちらでチェック!

created by Rinker
ヤーマン(Ya-man)
¥33,139 (2024/05/27 18:42:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

ドライヤーは「MEリカバリーエアー」も評判がいいですよね!

▼口コミは機能はこちら

 

髪のプロ「アデランス」からも【ヘアリプロドライヤーKAMIGA】が登場しましたよ!

▼口コミ評判やきのうはこちら

 

アデランスの「エレガンジェット」も軽量設計で大風量の人気ドライヤー!詳細は▼

 

ヒルナンデスに登場【Zuvi Halo光ヘアケアドライヤー】は低温だし消費電力も少ないから節電にも!▼

 

 

error: 右クリックすることは記事保護のためできません。申し訳ございません