ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンの口コミ評判や効果は?デメリットや販売店も徹底調査!

この記事では、ヤーマンの【ブライトドライヤーフォトイオン】の口コミ評判や効果と、早く乾くのか機能は使い方、デメリットなどもチェックしていきます。

毎日髪を乾かすためにドライヤーを使ってるけど、温度が高いと熱ダメージが心配だし、風量が弱いと乾くのに時間もかかってしまうなんてことも・・・。

時間がかかると、腕も疲れるし、髪の毛も乾燥してパサついたりしてしまいますよね~。

そんなお悩みのある方におすすめなのが「ブライトドライヤーフォトイオン」。

大風量の低温設計で速乾性があるにもかかわらず、美顔器テクノロジーを搭載してるので、ツヤ髪も目指せるというのです。

それではさっそく、ブライトドライヤーフォトイオンについて詳しくチェックしていきましょう!

created by Rinker
ヤーマン(Ya-man)
¥32,099 (2023/02/06 20:14:49時点 Amazon調べ-詳細)

【記事中で紹介してる商品はアフィリエイトリンクを使ってます。】

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンとは?

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンとは、美顔器発想のテクノロジーで髪のイオンバランスを整えて、静電気によるパサつきや広がりを防いでくれるというアイテムです。

しかも低温設計になってるので、毎日のドライヤーの熱で髪や頭皮へのダメージが心配という方にも最適ですね。

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンの特徴や効果は?

まずは、買った後に後悔しないためにも「ヤーマンブライトドライヤーフォトイオン」の特徴や効果からチェックしていきましょう!

低温の大風量で速乾

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンは、低温でもパワフルな風量で一気に乾かすことができるというのも特徴です。

いくら低温設計になっていても、使う時間が長いほど、髪の水分もどんどん飛ばされてしまいますからね。

そこでこちらは、高性能のブラシレスDCモーターを搭載しています。

パワフルな風速で、低温にもかかわらず髪を素早く乾かすことができるんです。

使う時間が短くなれば、その分電気代の節約にもなりそうですよね♪

髪の水分量もキープ

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンは、ダメージレスドライでうるおいもキープするのも特徴です。

一般的なドライヤーのように熱によるオーバードライになりにくく、約60℃(TURBO時)という低温で髪や頭皮への熱ダメージも軽減してくれます。

髪のうるおいをキープしてくれるというのも魅力的ですね♪

軽くて持ちやすいドライヤー

毎日使うドライヤーの3台デメリットといったら、

熱い・重たい・使用時間が長い

というところですよね~。

でも、ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンなら、重さはたったの450mlと、500mlペットボトルよりも軽くなっているんです!

しかも、低温設計だから熱さの欠点も解消してくれるし、大風量だから乾かす時間も短縮できるので、ドライヤーのお悩みを解消してくれるのは魅力的ですね♪

2つのモードで効果的に使える

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンには、2つのモードが搭載されています。

それぞれ使い分けることで、より効果的に使うことができるんです!

TURBO 60℃の低温設計で、髪をいたわりながら素早く乾かす
HIGH ブローしやすい80℃の温度。いろんな仕上がりを楽しめる

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンの電気代は?

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンは、毎日のように使うことになるけど、電気代もきになりますよね~。

そこで消費電力から計算してみました!(1kWhあたり31円で計算)

10分使った場合の電気代は、約6.458円

消費電力がある分、そこそこしますね。

でも風量があることで髪を素早く乾かすことができるということなので、使う時間が短くなればそれだけ節電にもなりそうですね♪

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンの使い方は?

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンの使い方についてもチェックしていきましょう。

ブライトドライヤーフォトイオンの使い方

①:タオルドライして、ブラシなどで髪のもつれをとる

②:電源プラグをコンセントに差し込む

③:電源ボタンを押してON

④:モードを選ぶ(TURBO/HIGH)

⑤:髪と本体は5㎝以上離して髪全体に風を当てる

⑥:電源オフ

基本的な使い方は、一般的なドライヤーとあまり違いがありません。

ただモードによって温度が違うので、髪をいたわりながら乾かすなら「TURBO(約60℃)」がおすすめです。

HIGHは約80℃の温度設計になってるので、思い通りの仕上がりを目指すならこちらですね。

ブライトドライヤーフォトイオンの類似品は?

ヤーマンのブライトドライヤーフォトイオンのように低温でも風量があって乾かす時間を短縮できる類似品は他にもいろいろあります。

そこで、ここでは似たような商品をチェックしていきましょう!

ブライトドライヤーフォトイオン リファ ビューテック ドライヤープロ リフトドライヤー
重さ(約) 450g 740g 414g
風量
※従来品の約1.7倍
1.4m3/分 2.2㎥
コード長さ 約1.8m 約2.5m 約1.8m
大きさ(約) W85mm
D208mm
H307mm
246mm
81mm
232mm
W58mm
D201mm
H183mm
消費電力 1250W 1200W
※HIGH時
1200W
温風温度(約) 60℃
80℃
95℃(HIGH時)
80℃(LOW時)
60℃
発売年 2022年 2022年 2021年
モード ・TURBO
・HIGH
・SCALP
・MOIST
・VOLUME UP
・FACE
・SCALP
・HAIR
楽天の税込価格 37,950円 43,000円 44,000円

※2023/1/24調べの情報をもとにしています。

【リファ ビューテック ドライヤープロ】

リファ独自技術の「プロセンシング」を搭載してるので、髪の温度を感知して温風と冷風を自動で切り替えることで、約60℃以下をキープしやすく、髪を熱ダメージから守ってくれます。

また従来品よりも、イオンの発生量がアップしているほか、頭皮専用のスカルプモードを搭載するなど機能面のパワーアップしていますよ。

コードの長さがあるところも個人的にはかなりうれしいところです♪

【ヤーマンリフトドライヤー】

類似品の中ではかなりの軽量設計で、リフトヘッドも付いてるから美顔ケアまでできるのが特徴です。

本体もコンパクトでも風量はしっかりあるし、温度も温・冷風を自動で切り替えてくれるモードも搭載してるので、熱ダメージが気になるという人でも使いやすくなっていますよ。

価格は高いけれど、1台で何役もこなしてくれることを考えればコスパもよさそうですね!

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンの口コミ評判は?

ここまでは特徴や効果、使い方などいろいろ見てきたけれど、やっぱり実際に「ブライトドライヤーフォトイオン」を買って使ってる方の口コミも参考にしたいですよね~。

そこでいろいろ調査してみましたよ!

悪い口コミ評判は?

ブライトドライヤーフォトイオンの悪い口コミは、Twitter上などを調べてもまだありませんでした。

口コミがみつかりましたら、ここでどんどん紹介していきますね!

ただこれまでにもドライヤーでよくある低評価な意見だと、「コードが短い」とか「音が思ったよりもある」などは、どのメーカーでもだいたいありますからね。

購入前に仕様などはしっかりチェックしておくといいかも。

良い口コミ評判は?

ブライトドライヤーフォトイオンの良い口コミも、まだありませんでした。

新しく見つけましたらこちらも追記していきます。

本体だけなら500mlのペットボトルよりも軽いから、これなら毛量のある人でも使いやすそうな感じはありますね。

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンのデメリットは?

ヤーマンのブライトドライヤーフォトイオンドライヤーのデメリットについてもチェックしていきます。

・価格がやや高め

・音はそれなりにある

価格はメーカー希望小売価格が税込み37,950円となっていますからね。

これまで数千円ほどの安いドライヤーを使っていたという方からすれば、なかなか手が出しにくいお値段です。

といっても、同じレベルのドライヤーがだいたい3~5万円くらいしますからね。

値段が同じなら、美髪を目指せるヤーマンのほうが、これから長く使っていくなら良さそうです。

また、どんなに高性能なドライヤーも無音というわけではありません。

音はそれなりにあるものというのは理解したうえで使うようにしましょう。

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンはこんな方におすすめ

ヤーマンのブライトドライヤーフォトイオンドライヤーは、下記のような方におすすめです。

・ドライヤーの髪への熱ダメージが気になる方

・髪のパサつきや乾燥などが気になる方

・ヘアドライの時間を短縮したい方

ヤーマン独自の低温設計で熱によるオーバードライを防いでくれるから、髪のうるおいもキープしやすいのは魅力的ですね。

風量も、ブラシレスDCモーターを搭載しているから、パワフルな風で短時間ドライができるので、時短になるなら忙しいときでも使いやすそうです。

本体の重さも約450gと、500g以下ですから長く使っても腕が疲れにくいというのも魅力的ですね♪

ヤーマンブライトドライヤーフォトイオンの販売店は?楽天やアマゾンにある?

ヤーマンの「ブライトドライヤーフォトイオン」ドライヤーはどこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販販売店で価格を調査してみました!(2023/1/24調べ)

★楽天市場⇒37,950円(税込・送料無料)

★アマゾン⇒在庫切れ

★ヤフーショッピング⇒37,950円(税込・送料無料)

★TBSショッピング楽天市場店⇒29,800円(税込・送料805円)

このように、TBSショッピング系が1/25まで特別価格で安いです。

中でも、ポイントがたまって使いやすい楽天市場やヤフーショッピングがお買い得ですね!

▼そのほかの販売店はこちらでチェック!

created by Rinker
ヤーマン(Ya-man)
¥32,099 (2023/02/06 20:14:49時点 Amazon調べ-詳細)

ドライヤーは「MEリカバリーエアー」も評判がいいですよね!

▼口コミは機能はこちら

髪のプロ「アデランス」からも【ヘアリプロドライヤーKAMIGA】が登場しましたよ!

▼口コミ評判やきのうはこちら

アデランスの「エレガンジェット」も軽量設計で大風量の人気ドライヤー!詳細は▼

ヒルナンデスに登場【Zuvi Halo光ヘアケアドライヤー】は低温だし消費電力も少ないから節電にも!▼