ブリタポット型浄水器アルーナとリクエリ、スタイルの違いを比較!口コミや評判も徹底調査!

この記事では、ブリタのポット型浄水器で人気の「アルーナ」と「リクエリ」、「スタイル」の3種類の違いを比較したり口コミ評判をチェックしていきます。

BRITAの浄水器といっても、いろんな種類が発売されてるから、実際どれがいいのか迷ってしまいますよね。

「せっかく買っても満足できなかったらどうしよう…。」

そんな不安もあると興味はあっても買おうか迷ってしまいますよね。

それではさっそく、ブリタの人気のポット型浄水器について詳しくチェックしていきます。

ブリタポット型浄水器アルーナとリクエリ、スタイルの違いを比較

まずは、ブリタの人気浄水器「アルーナ」「リクエリ」「スタイル」の3種類の違いを比較して表にまとめてチェックしてみました!

アルーナ リクエリ スタイル
大きさ
※幅×高さ×奥行
24.5×25.4×14.5㎝ 20.2×28.4×11㎝ 24.1×27.4×10.5㎝
重さ 602g 470g 569g
全容量 3.5L 2.2L 2.4L
浄水容量 2.0L 1.15L 1.4L
カートリッジ
交換通知メモ
液晶メモ
(使用期限)
液晶メモ
(使用期限)
スマートライト
※ろ過量/使用期限
お手入れ 食洗機対応
※フタ除く
食洗機対応
※フタ除く
食洗機対応
※フタ除く
冷蔵庫収納 ×
特徴 ・大容量でたくさんろ過できる
・フタの液晶メモでカートリッジ交換時期をお知らせ
・小さく冷蔵庫に収納できる
・液晶メモでカートリッジ交換時期をお知らせ
・冷蔵庫に収まるサイズ感
・フタのスマートライトでカートリッジ交換時期をおしらせ
税込価格 3,608円 3,608円 4,378円

※価格は2022/6/16現在のものです。

アルーナはたくさんのお水をろ過することができる大容量タイプだけれど、他と比べると冷蔵庫に入るようなサイズではないというのが残念ですね。

逆にに、リクエリやスタイルはコンパクトサイズだから、冷蔵庫に収納することができるのも便利。

どれも、フタやカートリッジは外せば食洗機でポット本体が洗えるからいつでも清潔に使えて安心感もありますね!

ブリタ アルーナの口コミ評判は?

まずは、ブリタのポット型浄水器アルーナの口コミからチェックしていきます。

長く使っている人の口コミがありますね。

実際に、プラやペットボトルを買わなくなったことで、大量買いするときに重たい水の持ち運びから解放されたところに満足している方がいますね。

アルーナのメリット・デメリット

ブリタアルーナのよい・悪いところをチェックしていきます。

【メリット】

・大容量でろ過水容量もある

・お手入れが簡単

【デメリット】

・注入のたびにフタをとる必要がある

・大きさがあるので置き場所を選ぶ

ブリタ リクエリの口コミ評判は?

つぎに、ブリタのポット型浄水器リクエリの口コミをチェックしていきます。

サイズも小さいから、冷蔵庫のドアポケットに入れたい!という人から選ばれていますね。

ろ過する効果は他といっしょなので、水道水もおいしくなるみたいだね♪

リクエリのメリット・デメリット

ブリタ リクエリのよい・悪いところもチェックしておきます。

【メリット】

・冷蔵庫のドアポケットにも入るサイズ

・持ち手が太く握りやすい。

【デメリット】

・サイズが小さいので頻繁に水を補充する必要がある

ブリタ スタイルの口コミ評判は?

さいごに、ブリタのポット型浄水器スタイルの口コミをチェックしていきます。

ろ過したお水は料理だけじゃなく、スイーツ作りにも活躍しているみたいだね!

カートリッジの交換時期もわかるから安心して使うことができますね!

スタイルは通販でもとくに人気となっていただけあって、ネット上の評価はかなり良い印象がありますね。

液だれしないところも魅力的ですね♪

スタイルのメリット・デメリット

ブリタ スタイルのよい・悪いところをここで一度まとめておきます。

【メリット】

・コスパがいい

・お手入れが簡単

・水漏れの心配もない

【デメリット】

・比較した中だと価格がやや高い

・冷蔵庫のドアポケットは入らないものもある

ブリタ浄水器はどれがおすすめ?選び方

ブリタのポット型浄水器ですが、仕様や口コミなどから、下記のように選んでもいいかと思います。

●アルーナ:たくさんのお水をろ過したい方!

●リクエリ:冷蔵庫のドアポケットに収納したい!

●スタイル:フリップトップ式で片手でラクに注水+正確な計測でカートリッジの交換時期を知りたい方。冷蔵庫のドアポケットは製品による。

リクエリとスタイルは、コンパクトですが、スタイルのほうがやや大きさがあるので、使ってる冷蔵庫のドアポケットのサイズの確認をしておくと安心ですね。

リクエリは、コンパクトモデルだからお手頃価格だけど収まらない…という心配はないけど、一度にろ過できる量が少ないので、一人くらいの人にはよさそう。

個人的には、ハイグレードモデルで評価も高い「スタイル」が良さそうです。

もっとたくさんろ過したい!という方は、ポット型ではなく大容量のタンク型フローもありますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする