キュット座シェイクは効果なしでかゆい?口コミ評判や使い方とデメリットや類似品と比較も

この記事では、日テレポシュレや通販王で紹介の【キュット座シェイク】の効果や口コミ評判と使い方やデメリット、類似品などをチェックしていきます。

【広告】

運動不足になってもエクササイズってつらいし、長く続かないので三日坊主で終わってしまう…なんてことも多いですよね。

せっかく始めたのに効果がでる前に挫折するのはもったいない!

そんな方に最適なのが保阪尚希さんプロデュースの「キュット座シェイク」。

イスなどに座りながら、両脚で挟むだけで、トレーニングすることができるというのです。

でも、似たような商品は他にもあるけど違いは?

そんな疑問もありますよね。

そこで今回は、特徴や効果と類似品との比較や使い方、実際に使ってみた口コミ評判などをまとめてご紹介します!

キュット座シェイクとは?

保阪尚希さんが監修した「キュット座シェイク」。

両脚で挟むことで内転筋を鍛えて美脚を目指すことができるエクササイズ器具です。

しかも、座って挟むと、正しい姿勢もサポートしてくれるので、スマホやPCで姿勢が気になっている・猫背になってるという方も必見です。

キュット座シェイクの特徴や効果は?

まずは、買った後に後悔しないためにも「キュット座シェイク」の特徴や効果についてチェックしていきます。

自宅で簡単エクササイズができる

キュット座シェイクは、自宅で手軽に使うことができるというのも大きな特徴になっていますよ。

気になりやすいお腹やお尻などのトレーニングはもちろん、普通の筋トレなどでは難しい内転筋や骨盤底筋にもアプローチすることができます。

しかも、椅子に座って足で落とさないようにギュッと挟むだけでも、ブルブルとした振動で効率よく筋肉にアプローチができるのです。

筋トレやエクササイズは、どうしてもきつくて続けられない…という方にも最適ですね。

姿勢サポートのシート付

ぶるぶるマシンだけではありません。

セットでついてくる「美座シート」にも、トレーニング効率を高める理由があるのです!

このシートは、座り姿勢をサポートするための傾斜がついているので、座るだけでも骨盤を立たせて正しい美姿勢へと導くサポート効果があるのです。

例えば、猫背などの悪い姿勢で座るよりも、背筋が伸びた正しい姿勢のほうがお腹まわりの筋肉を使っているのは座るだけでもわかりますよね。

エクササイズをはじめてもなかなか効果がわからないのは、姿勢も関係しているからかもしれませんね。

ちなみに、このシート単体でも使うことができるから、デスクワークなどをしているときにも便利に使えそうですね♪

4種類の振動モードを搭載

キュット座シェイク振動マシンですが、こちらは以下の4つのモードから目的に合わせてレベルを調節することができます。

モード1、リラックス(1,880回/分)】

⇒ゆっくりとした振動で筋肉をほぐしたいときに

モード2、トレーニング(2,200回/分)

⇒普通の速度で筋トレ効果を期待したいときに

モード3、ムービング(1,660~3,000回/分)

⇒ゆっくりと早い振動速度を繰り返すことで、より負荷を高める

モード4、アクティブ(1,880回/分)

⇒ゆっくりとストップを繰り返した動き

最初はモード1で使ってみて、慣れてきたら他のモードを試していくことができます。

また振動回数が多いということじゃそれだけ音も大きくなりやすいので、使う時間帯などによってモードを変えて使うのもよさそうですね!

キュット座シェイクでかゆいのは?

振動マシンを使っていると、「かゆい…」と感じることもありますよね。

その理由は、振動で身体の血行が良くなっているからです。

とくに運動不足になると、血行が行き届かなくなるゴースト血管も増えてくるのですが、そういったところにも血行が戻ると、かゆみが発生することがあるということです。

そのため、使うのをやめれば痒みもなくなってくるし、体が慣れてきてもかゆみは出なくなるので、最初はムリしない範囲で使うようにしましょう。

キュット座シェイクの効果的な使い方は?

キュット座シェイクは、いろいろな使い方にも対応しています。

キュット座シェイクの使い方

①:両脚に挟む

②:スイッチを入れる

③:落ちないように本体をしっかり挟むように力を入れて背筋も伸ばす

④:10分で自動オフ

座って使うのはもちろん、立った状態でもできるし、ワキの下において使えば、肩まわりの筋肉をほぐしたりすることもできます。

疲れた脚には、ふくらはぎや膝裏の下においてブルブルマッサージができるのも魅力的ですね。

ただ、床に置く場合は振動対策が必須になるので、ヨガマットやクッション性の高い小野を用意しておくのがおすすめです。

キュット座シェイクの類似品と比較も

内転筋トレーニングする器具は、キュット座シェイク以外にも「ジェットスリムボディMax」や「シェイプツインボール」もあります。

どれがいいのか気になったので、違いを比較していきます!

キュット座シェイク ジェットスリムボディMax シェイプツインボール
大きさ(約) W130×H130×D180mm W135×D105×H260㎜ 直径90×長さ190㎜
重さ(約) 830g 870g 810g
充電時間 充電:約3時間
稼働:1時間
充電:3時間
稼働:最大6時間
充電:3.5時間
稼働:2時間
振動回数 1660~3000回 1100~4900回 2000~4000回
耐荷重 120㎏ 90㎏ 記載なし
モードや機能 4つの振動モード 5つのモード 5つの振動モード
税込価格 18,980円 20,000円 8980円

※価格は2022/9/17現在のものです。

【ジェットスリムボディMax】

ディノスの通販番組で紹介されて人気の元祖内転筋トレーニングマシンです。

4つの振動レベルに加え、MAXではマックスモードを搭載してるので、お尻・太もも・お腹などの大きい筋肉を効果的に刺激できます。

使うレベルにもよりますが、1回の充電で最大6時間も使えるのも魅力的ですね。

実際の口コミや販売店などは下記ページでまとめています▼

【シェイプツインボール】

こちらはTBSのカイモノラボなどで紹介してる、小型の振動マシンです。

同じように脚で挟んで使うことができるのですが、サイズは一番小さくて、首まわりや背中、二の腕など細かいところをピンポイントで刺激することもできます。

しかもこちらは1回約3分からと忙しい人に最適だし、価格も安いのも魅力的ですね。

実際の口コミや効果、お得な販売店などは下記ページをどうぞ▼

キュット座シェイクのよい・悪い口コミ評判は?

ここまでは特徴や効果などいろいろ見てきたけど、やっぱり実際に「キュット座シェイク」を買って使ってる人の口コミも参考にしたいですよね~。

そこでいろいろ調査してみると、ネット上にありました。

【Amazon】キュット座シェイクの口コミ

いかがだったでしょうか?

参考になる口コミは見つかりましたか?

キュット座シェイクのデメリットは?

キュット座シェイクのデメリットは、下記のとおりです。

・床に置く場合は振動音対策が必須

・充電時間が3時間とやや長い

基本的に脚に挟んで使うものなので、ぶるぶる振動ボードと比べれば対策は必要ありません。

でも、床に座って使うときには、パワフルな振動が伝わってしまうので、クッション性の高いものを敷いて使うなどの対策が必要です。

キュット座シェイクはこんな方におすすめ!

キュット座シェイクは、下記のような方におすすめです。

・お腹まわりや太ももを効果的にトレーニングしたい方

・使い方が簡単なエクササイズ器具を探してる方

・座りながらラクにエクササイズしたい方

こちらは、脚で挟み込んで使うので脚やお腹まわりの筋肉を刺激することができます。

しかも、立って使う必要がないから、テレビを見ながらでも、パソコン作業中でもブルブルトレーニングが座りながらできるのが魅力的ですね。

転ぶこともないから、足腰が弱い人にも良さそうですね!

キュット座シェイクを最安値で買う方法は?

キュット座シェイクは、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販サイトで価格を調査してみました!(2022/9/17調べ)

★ポシュレ楽天市場⇒なし

★TBSショッピング楽天市場⇒19,000円(税込・送料805円)

★楽天市場⇒18,980円(税込・送料無料)

★Amazon⇒18,980円(税込・送料無料)

★ヤフーショッピング⇒18,980円(税込・送料無料)

メーカー希望小売価格が、29,800円なので楽天市場やアマゾンがお買い得ですね。

中でもポイントが貯まって使える楽天市場やAmazon・ヤフーショッピングがおすすめです。

▼似たようなデザインだけどEMSも搭載してる「グッドシェイプボーテ」も▼

▼内転筋振動マシン「レッグシェイク」はこちら▼