ボディシェイカーチェアは座って使える振動マシン!効果や口コミ評判を徹底検証!

RIONESといえば、ぶるぶる振動マシンの「ボディーシェイカーシリーズ」でおなじみのメーカーですね。

そんな人気ブランドから、新しく発売されたのは、座って使うことができる『ボディシェイカーチェア+3D』です。

従来品のように立って使うことはもちろん、他店でもあまり見かけない取り外しできる椅子付きタイプなので、座って使うこともできるので、転んでしまうという心配もなく安心して使うことができるのです。

「でも本当に効果はあるの?」
「どんな機能があるの?」

というように、いろいろ気になるところもあるので興味はあっても買おうかどうか迷ってしまいますよね~。

そこで今回は、『ボディシェイカーチェア+3D』の機能や特徴、口コミ評判や使い方、販売店についていろいろまとめてみたいと思います。

ぶるぶるエクササイズに興味があるという人も、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

『ボディシェイカーチェア+3D』とは?特徴や機能

それではまずは、『ボディシェイカーチェア+3D』にはどのような特長があるのかについて具体的にチェックしていきたいと思います。

忙しい人にもおすすめ!1日10分からの簡単ダイエット

ぶるぶる振動マシンに興味はあるけれど、忙しいので1回にあまり時間をかけられないという方も多いかもしれませんね。

こちらは、1回10分間と短時間で使うことができるので、スキマ時間にブルブルエクササイズやトレーニングをすることができてしまいます。

「フィットネスクラブに行く時間がない」「運動は苦手だけれど健康が気になる」という人にもピッタリですね。

3つの振動モードを搭載した最新振動マシン!

『ボディシェイカーチェア+3D』には、3種類の振動モードが搭載されています。

●上下振動

脂肪を大きく揺らすことができる振動で、シェイカー式振動マシンの特徴の1つです。

横揺れよりも刺激が大きくなるので、より効果的なトレーニングを求める人におすすめ。

●マイクロ振動

超微振動で、筋肉の奥深くにまで刺激を与えることができるモードです。

他メーカーでもあまり見かけないモードの1つですね。

●ダブル振動

上下振動とマイクロ振動を組み合わせることで、脂肪部分と筋肉の両方に効果的にアプローチすることができるモードです。

どのプログラムモードも連続稼働時間は10分で、10分経過で自動的にストップするので、途中で他の作業をして電源OFFにすることを忘れてしまっても安心ですよ。

リモコン付きで操作もラクラク♪

操作は、本体の大きな操作パネルと付属のリモコンで行うことができます。

振動マシンは、揺れてる最中はいくら操作パネルが大きくても、揺れが激しいとボタンを1つ押すだけでも大変ですよね。

でも、専用の赤外線リモートコントローラーも付いてるので、立った状態・座った状態からでも簡単に操作をすることができます。

ブルブルで転んでしまうというリスクもなく操作できるようになっているのは嬉しいポイントですよね♪

3つの付属品を装備して効果をアップ!

『ボディシェイカーチェア+3D』には、3種の神器ならぬ3つの付属品がセットで付いてきます。

1:ゴムバンド
2:椅子
3:プッシュアップバー

ですね。

ゴムバンドを使うことで、腕周りも効果的に振動を伝えることができるようになるので二の腕や肩まわりのトレーニングに使うことができるようになります。

そして、あまりない「椅子」を取り付ければ、座った状態で背中まわりへ効果的に振動を伝えることができます。

従来品でも本体に直接座って使うことができるのですが、口コミでは「お尻が痛い」という声も多かったので、座って使うことが多い人にはおすすめです。

3つ目の便利アイテムは「プッシュアップバー」です。

付属のバーを2本本体に取り付けることで、腕立て伏せの状態で振動しながらトレーニングができるようになります。

細かい振動レベル調整

振動マシンも使う人によって求める強さが違いますよね。

ですので、細かくレベル調節ができるタイプを選んでおくと使う人に併せて使うことも、家族で共有することもできます。

『ボディシェイカーチェア+3D』は、30段階から細かく調整することができます。

最高振動回数

1分間での振動回数は最高で2,500回です。

数字だけ見るとわかりにくいのですが、よくある振動マシンは1分間に800回や900回ですから、その3倍近い振動回数がありますので、業界最高レベルです。

他のぶるぶる振動マシンでは満足できないという方にもおすすめです。

本体サイズ

振動マシンを選びときには、本体サイズの確認は必須です。

予定している置き場所に収まるかどうかしっかり確認しておきましょう。

サイズ:約横幅71.3×奥行き39.4×高さ17.6㎝

このように、横幅がかなり広く取りますので、置き場所はゆとりをもって用意しておくのがおすすめです。

本体の重さと耐荷重

振動マシンは簡単に移動させるようなことはないと思いますが、重さの確認と何キロまで使うことができるのかの確認も大切です。

●重さ:約15kg(椅子付き)

●耐荷重:100kg

本体サイズを考えても10キロ越えの振動マシンですから、そう簡単に移動できないですし、女性一人では持ち運ぶのも大変そうです。

だけど、中には20キロ越えものものありますからね。

また、耐荷重は100kgまで使うことができますので、造りはしっかりとしていそうです。

『ボディシェイカーチェア+3D』の使い方

『ボディシェイカーチェア+3D』は、一般の振動マシンのような使い方から椅子や付属品を使った使い方までいろいろあります。

通常エクササイズの使い方

【1:直立】

本体の上に立ち、膝への負荷を減らすために少し曲げた状態で使うことで、太ももや腰まわり、お尻を鍛えることができます。

【2:両手付き】

両手をマシンの上に乗せて肘を軽く曲げた状態で使うことで、二の腕や肩まわりに刺激を伝えることができます。

ただ、パワーが強いので低いレベルで設定し短い時間だけ使うようにしましょう。

【3:バンド使い】

本体にバンドを装着し、肩の高さまで引っ張ったり、交互に腕を振ったりすることで二の腕や腹筋もトレーニングできます。

椅子を使ったエクササイズの使い方

【1:直接座る】

椅子をセットしてその上に座って使います。

背中へ負担がかかるので、速度は低めで使うのがおすすめです。

膝が弱い人や運動不足の人でも転ぶリスクもないところも安心感がありますね。

【2:足乗せ】

セットした椅子の上に両脚を乗せた状態でブルブルすると、ふくらはぎなどのマッサージ効果も期待できます。

プッシュアップバーでの使い方

【1:腕立て伏せ】

本体にプッシュアップバーをセットして、しっかり握った状態で腕立て伏せをします。

最初は振動を低めに設定して、レベルに合わせて徐々に上げていきましょう。

通常の腕立てよりも負荷が高いので、短時間で効果的に鍛えることができます。

【2:アキレス腱伸ばし】

両手はプッシュアップバーを握り、片足を伸ばし、もう片方は曲げた状態で交互に伸ばしてストレッチをします。

【3:バックハンド】

後ろ向きの状態でプッシュアップバーをしっかりと握り、肘は伸ばしたまま、ゆっくりと体を下げたりあげたりすることで、二の腕からお腹まわりのトレーニングができます。

『ボディシェイカーチェア+3D』の口コミ評判・評価

『ボディシェイカーチェア+3D』は、まだ発売開始前の最新振動マシンですので口コミはありません。

参考になるレビューが増えてきたら改めてご紹介させていただきます。

参考に1分間に約2500回の同レベルの「ボディシェイカープロ3D」の口コミをご紹介させていただきます。

チェック⇒ボディシェイカー プロ 3Dの口コミはこちら【楽天市場】

どうでしたか?悪い口コミも見ちゃいました?

最高振動回数や大きさもほとんど同じですから、いろいろ参考になりますね。

『ボディシェイカーチェア+3D』の通販販売店

記事作成時はまだ発売前ですが、予約することはできます。

楽天市場なら先行予約特典で、定価39,800円が、税込19,980円で購入することができますよ。

楽天市場さんはこちら

期間は、2019年9月11日の1時59分までですので、気になる方は50%OFFの今がおすすめです。

▼Amazonさんは?

記事作成時、Amazonさんでは取り扱い・予約はできませんでした。

まとめ

いかがだったでしょうか?

振動マシンもいろいろあるけれど、ボディシェイカーチェアは座って使うこともできるので、運動が苦手な人から、最大振動回数2500回と業界最高レベルまであるので本格的なトレーニング目的の方まで幅広く対応しているのが特徴です。

サイズが少し大きめですけど、その分いろいろな使い方ができるようになっていますので、自宅でエクササイズやトレーニングをしたいという人にはピッタリな最新マシンですね。

▼もっと詳しい内容はこちら公式販売店をご覧ください▼

【関連記事】

>>ブルブルマシン【ボディシェイカー ミニ】の特徴や口コミ評判、プロとの違いについて

>>ボディシェイカーフィットは効果なし?口コミ評判・評価から分かった事実!

>>ボディシェイカープロの口コミ評価が大好評!効果や使い方など人気の秘密を大調査!