真空断熱クーラーボックスの口コミ評判や小型と大型の違いは?デメリットも徹底調査!

この記事では、アイリスオーヤマの【真空断熱クーラーボックス】の口コミ評判と、小型の20Lと大型の40Lタイプの違いや使い方とデメリットなどをチェックしていきます。

【広告】

キャンプや海水浴などいろいろなシーンでクーラーボックスは1つあるとなにかと便利ですよね。

飲み物や食べ物を冷たいまま保管できるから、私の場合は夏はスーパーでまとめ買いするときに車に積んでたりもしていますよ。

それではさっそく、アイリスの真空断熱クーラーボックスについて詳しくチェックしていきましょう!

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックス小型と大型の違いを比較

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスは、小型タイプと大型タイプの2種類があります。

まずは、どっちがいいのかそれぞれの仕様を比較して違いを調査してみますね!

VITC-20(小型) VITC-40(大型)
大きさ(約) 【外寸】
幅55.1×奥行34.8×高さ34.2㎝
【内寸】
幅39.4×奥行20.5×高さ24.5㎝
【外寸】
幅63.4×奥行41.6×高さ41.3㎝
【内寸】
幅47.3×奥行26.9×高さ31.5㎝
重さ 約5.5㎏ 約8.5㎏
耐荷重 100㎏ 100㎏
保冷時間目安 約40時間 約55時間
容量 20L 40L
カラー ホワイトアッシュ
チャコ-ルグレー
ホワイトアッシュ
チャコ-ルグレー

※保冷時間目安は、アイリスオーヤマ調べです。

どちらも仕組みは同じで、冷蔵庫の仕組みを応用しているので外気の影響を受けにくく、中の冷気も外に漏れにくい構造になってるのが特徴ですね。

基本的に、容量が違っているのですが、目安は下記のとおりですよ。

【容量20Lの収納目安】

・350ml缶なら約30本分
・500mlペットボトルなら約20本分
・2Lペットボトルだと約4本分

【容量40Lの収納目安】

・350mlの缶なら約56本分
・500mlのペットボトルなら約45本分
・2Lペットボトルだと約14本分

これくらいの収納ができるということですね。

キャンプやアウトドアを楽しむなら40Lくらいあったほうが良さそうかな?

夏場のスーパーでまとめ買いするくらいなら個人的には20Lでもたりそうですが…。

このあたりは購入する量にもよるので、あなたに合ったサイズを選んでみてくださいね。

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスの特徴や効果は?

ここからは、買った後に後悔しないためにも「アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックス」の特徴や機能などをチェックしていきます。

高い保冷力がある

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスの一番の特徴は、高い保冷力です。

冷蔵庫にも使っているという真空断熱パネルを6面すべてに採用しているのです!!

この真空断熱パネルと発泡ウレタンの2つの機能を掛け合わせることで、高い断熱性と持続する保冷力になっているということですよ。

使う人に合わせて選べる2種類の容量

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスは、同じ構造のもので40Lの大型と、20Lの小型タイプの2通りが発売されていますよ。

使うシーンや入れたい量に合わせて選ぶことができるのは助かりますよね♪

フラット天板を採用

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスの天板はフラットになっているうえに、天板の表面は傷がつきにくいシボ加工が施されています。

フラットになっているから、そのままサイドテーブルとして使うこともできるし、耐荷重100㎏もあるからチェアとして座ることができるのも便利ですよね♪

ちなみに天板は同製品を立てに重ねてもズレにくく、水が抜けていく溝付きになってるから上で飲み物をこぼしてもお手入れがしやすそうですね。

滑りにくいゴム製脚を採用

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスは、底部4コーナーにはゴム製脚を使っているのも特徴です。

例えば、車載時や重ねたりした時でも滑りにくいから気軽に使いやすそうですよね。

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスの使い方は?

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスの使い方についてチェックしていきます。

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスの使い方例

①:フラットな天板は耐荷重100㎏でサイドテーブルやチェアとして使える

②:容量に合わせてアウトドアやスポーツ、海水浴などに使える

③:夏場は飲料水や食品をスーパーでまとめ買いするときに。

このようにいろいろなシーンで使うことができるのは便利ですね。

容量も20Lと40Lタイプから選べるから、どんな場面で使うのかイメージしてから選んでみるのが良さそうです。

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスのよい・悪い口コミ評判は?

ここまでは特徴や使い方などいろいろ見てきたけれど、やっぱり実際に「アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックス」を買って使ってる方の口コミも参考にしたいですよね~。

そこでいろいろ調査してみたけど、発売したばかりだったので役立つ情報はありませんでした。

口コミが見つかりましたら、ここでどんどん紹介していきますね!

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスのデメリットは?

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスのデメリットについてもチェックしていきます。

・重さがそれなりにある

・ドライアイスは使えない

・いいお値段

20Lの小型タイプでも、重さは約5.5㎏ほどもあります。

ここに荷物を入れるとさらに重たくなるから注意したいですね。

また、ドライアイスは入れることができません。

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスはこんな方におすすめ

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスは、下記のような方におすすめです。

・高い保冷力のあるクーラーボックスを探してる方

・小型/大型のクーラーボックスを探してる方

・アウトドアや海水浴などいろいろなシーンで使いたい方

これは、冷蔵庫にも使われてるという真空断熱パネルを6面すべてに採用してるから、高い断熱性と持続する保冷力が魅力的ですね。

アウトドアはもちろん、まとめ買いするときにも便利そうですね。

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスを最安値で買う方法は?

アイリスオーヤマ真空断熱クーラーボックスは、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販サイトで価格を調査してみました(2022/8/9調べ)

★楽天市場⇒20L:21,780円(税込・送料無料)、40L:32,780円

★アマゾン⇒無しまたは売切れ

★ヤフーショッピング⇒20L:無しまたは売切れ

このようになっていましたよ。

ポイントも貯まって使える楽天市場がお買い得ですね!

▼20Lタイプ

▼40Lタイプ

【関連記事】

車載も出来るセカンド冷凍冷蔵庫RLC-CF22の口コミ評判やデメリット!使い方や容量も徹底検証