昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーの口コミは?暖かい秘密や洗濯機洗いは?

【広告】本ページはプロモーションが含まれています。

TBSキニナルチョイスやテレ東マートに登場した【昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤー】を使ってみた方の口コミ評判や暖かい秘密、洗濯機洗いはできるのかやデメリットなどをチェックしていきます。

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーの口コミは?暖かい秘密や洗濯機洗いは?

冬の寒い夜は、暖かい掛け布団が活躍するけれど、たくさんかけるのは重たくなって寝苦しくなってしまうこともありますよね。

何より、毛布と布団がズレてしまって、夜中に起きてしまうという経験も・・・。

 

そんな方必見なのが「ホットレイヤー」です。

毛布としてはもちろん、お手持ちの布団を中に入れて布団カバーとして使えばそんなお悩みも解決できるのです。

 

それではさっそく、詳しくご紹介していきますね!

created by Rinker
¥19,800 (2024/02/21 07:43:03時点 楽天市場調べ-詳細)

 

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーの特徴や効果とは

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーを買った後に後悔しないように、まずはどんな特徴や効果があるのかしっかりチェックしておきましょう。

 

昭和西川でもトップクラスのあったか7層構造

昭和西川は日本の寝具メーカーの1つですが、これまでにもいろいろな寝具を販売してきているのですが、その中でもトップクラスに暖かいというのが大きな特徴です。

 

その秘密は、独自の7層構造にあります。

具体的な構造がこちら👇

【表生地】

1:マイクロフランネル生地
2:ナノキープファイバー(断熱シート)
3:アルミシート

【裏生地】

4:ポリエステル生地
5:蓄熱わた
6:吸湿発熱わた
7:マイクロフランネル生地

 

中には、吸湿発熱・蓄熱・断熱機能素材を組み合わせているのですが、これはメーカー史上最も多いということです。

 

「断熱シート」には、ナノ単位の繊維が絡み合う「ナノキープファイバー」を使うことで、極小の隙間によってつくられる空間の層が、熱を外に逃げ出しにくく高い保温性に活躍してくれているのです。

しかも、外からの冷たい空気はシャットアウト!

 

さらに、5層目には「保温性のアルミシート」も採用!

断熱シートと組み合わせることで、布団内部のあたたかい空気を外に逃がさず、外部からの冷たい空気の侵入を防ぐ効果をアップしています。

 

汗などの湿気を吸って発熱するわたも使われているから、布団内がムレにくいので気持ちよく眠ることもできますね♪

 

掛け布団カバーとして使えばズレ対策になる

人は一晩で何回も寝返りを打っているともいわれています。

これは、下側になっている部分の圧迫を開放したり、布団の中の空気を動かすことで温度や湿度を調節する役割があるのです。

 

ですが、寝相が悪い戸夜中に布団がズレて寒くて起きてしまう…という経験をしたこともあるのではないでしょうか。

 

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーは、羽毛布団などのカバーとしても使うことができるようになっています。

布団を留めるスナップボタンは、角4か所、側面4か所の合計8か所にあります。

 

しかも、軽量設計になっているので、羽毛を潰しにくく、暖かい空気層を蓄えやすくなるというメリットもあるのです。

 

何より、このホットレイヤーの中に掛け布団を入れてしまえば、ズレ対策にもなるので、朝まで気持ちよくぐっすり眠ることができますね♪

 

肌触りもふわふわで気持ちがいい

毛布としても掛け布団カバーとしても使うときに、やっぱりお肌に触れる部分の触り心地の良さというのも重要です。

 

ホットレイヤーは、肌が触れる面にはラビットファーのような肌ざわりのマイクロフランネル生地を採用しています。

触ったときの「ヒヤッ」と感もわかりにくくなるので、布団に入るときのストレス軽減にも役立つというのも嬉しいですね。

 

3シーズンにかけて使える毛布

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーは、冬は掛け布団と組み合わせるのはもちろんですが、秋や春には普通の毛布としても使うことができます。

 

3シーズンと長い間使うことができるので、季節ごとに掛け布団を出し入れするという手間を減らすことができるのも嬉しいですね。

 

エアコン暖房の節電にも

寒い日の夜は、エアコン暖房をつけっぱなしにしているというご家庭も少なくないですよね?

 

でも、設定温度を下げることができたり、使わずに済めばその分の電気代の節約にもつながります。

とくに冬は、昼夜問わず電気代がかかりやすい時期でもありますから、こうした便利な暖かアイテムを上手に使って節電できるのは嬉しいですね。

 

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーは洗濯機で洗えるの?お手入れ方法

結論から言ってしまえば、昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーを洗濯ネットに入れることで、洗濯機で丸洗いすることができます。

 

寝具も汚れやすいですから、いつでも自宅で丸洗いができるのは清潔に保ちやすく、気持ちがいいですね!

 

注意点もありましたのでまとめておきます👇

・洗濯ネットに入れる
・洗濯機の手洗いモードにする
・はじめのころは毛羽落ちや色落ちの場合もあるので単独洗いがおすすめ
・洗ったとはカタチを整えてすぐに干す。

 

ただ、洗濯機の種類や大きさによっては入らないということもあるため、事前に取扱説明書などで確認しておくと安心です。

 

また、洗った後に毛羽がみだれた時には、やわらかいブラシを使って毛並みを整えると、触り心地の良さを維持することにもなりますよ。

 

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーの口コミ評判は?

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーを使ってみた方の口コミ評判ですが、まだ役立つものは見つかりませんでした。

口コミがありましたら、こちらでどんどんご紹介していきますね。

 

販売店でも確認してみる?

【楽天市場】昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーをチェック

 

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーの類似品と比較

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーは、まだ口コミや販売店が少ないけれど、類似品はどうかな?

そこでこれまでにテレビショッピングで紹介されていて評判も良い類似品と違いを比較してみました。

👇※シングルサイズです。

昭和西川
ホットレイヤー
クレスカローレ
オールインワン毛布
大きさ(約) 150×210cm 150×210cm
重さ(約) 3kg 3kg
洗濯機洗い
ホック 計8か所 計8か所
使い方 毛布単体として
掛け布団カバーとして
毛布単体

掛け布団カバーとして

対応シーズン 秋、冬、春 秋、冬、春
材質  

【側生地】
・マイクロフランネル(ポリエステル100%)
【中綿】
断熱シート(ポリプロピレン100%)
アルミシート(ポリエステル100%)
ポリエステル(ポリエステル100%)
蓄熱わた(ポリエステル100%)
吸湿発熱わた(ポリエステル90% 合成繊維/アクリレート系10%)

【表地】
・ポリエステル100%
【衿部】
(表側)ポリエステル100%
(裏側)ポリエステル100%
【裏地】
(表側)ポリエステル100%
(内布)ポリエステル50%、レーヨン50%
(詰めもの)ポリエステル100%
(裏側)ポリエステル100%
メーカー希望小売価格 19,800円(税込) 19,800円(税込)

※2023/12/7現在の情報をもとにしています。

 

【クレスカローレオールインワン毛布】

こちらもテレビや雑誌などで紹介されて人気のある毛布です。

表面は、フランネル生地を採用しているのですが、こちらは極細の繊維を束ねて編み上げ、毛足を磨き、上質な生地になるプレミアムフランネルを採用!

 

そのこだわりから、うっとりするほどの滑らかさで気持ちがいいと評判がいいのも特徴的です。

徹底した毛抜け処理の製法を採用しているので、遊び毛や毛抜けの心配も少なく快適に使うことができるのも魅力です。

created by Rinker
ディーブレス
¥13,200 (2024/02/21 07:43:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーのよくある疑問

よくある質問 疑問 答え Q&A

重さや大きさなどは?

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤー(シングル)の仕様をまとめてみました。

大きさ(約) 150×210cm
重さ(約) 2.8kg
素材 【表生地】
1層目ポリエステル100%
2層目ポリプロピレン100%
3層目ポリエステル100%
【裏生地】
1層目ポリエステル100%
2層目ポリエステル100%
3層目ポリエステル90%、合繊繊維(アクリレート系)10%
4層目ポリエステル100%

 

暖かくない?

中材に吸湿発熱わたを使っているので、汗や湿気を吸って熱を発生させるため、従来の毛布などと比べれば暖かくないということはないでしょう。

 

ただし、これ単体で真冬を乗り越えるというのは難しいので、羽毛布団などと併用するというのがおすすめです。

寒がりだったり冷え性の場合は、掛け布団側も暖かいものを使うとよりポカポカを感じやすくなりますよ。

 

例えば、ディノスの「ヒートループ羽毛入り掛け布団」は毎年人気があるほど!

 

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーのデメリットは3つ?

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーのデメリットは大きく3つあります。

 

1:価格がやや高い

2:アルミシート入りのため少なからず音がある

3:真冬はこれだけでは寒い

 

こちらは、メーカー直販価格が19800円(税込)もするので、一般的な毛布と比べると高いと感じやすいです。

ですが、掛け布団カバーにもなる上に、独自の7層構造でポカポカ快適な上に、触り心地もよいということを踏まえれば、十分満足できるものではないでしょうか。

 

また、類似品のアルミシート入り毛布でも合った口コミですが、動くと音がカサカサと気になるといった意見も少なからずあります。

この辺りは、慣れなどもありますが、音に敏感な場合には注意しておきましょう。

 

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーはこんな方におすすめ

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーは、下記のような方におすすめです。

 

・ポカポカ暖かい毛布を探してる方

・掛け布団と毛布がズレやすい方

・丸洗いできて清潔に使うたい方

 

中の吸湿発熱わたが汗などを吸って熱に変換してくれるので、寒い日の夜にまさに最適な寝具といえるでしょう。

 

しかも2つのシートで熱を逃がさず、冷たい空気は外から入り込みにくくしてくれるし、触り心地の良いフランネル生地で快適な眠りをサポートしてくれるのです。

 

いつでも丸洗いできるから、お手入れしにくい羽毛布団用のカバーとして使ったりするのもよいですね!

 

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーの取扱店は?

昭和西川カバーにもなる毛布ホットレイヤーですが、どこで売ってるのかな?

そこで通販取扱店で価格を調査してみました!(2023/12/7調べ、値段は変動する場合があります。)

 

★楽天市場⇒19,800円(税込)

★Amazon⇒なしまたは売り切れ

★ヤフーショッピング⇒なしまたは売り切れ

このようになっていたので、楽天市場でも購入が可能です。

セール時のタイミングを狙えば、ポイントもたまりやすいですし、期間限定ポイントの消化をするときにも便利でおすすめですよ。

created by Rinker
¥19,800 (2024/02/21 07:43:03時点 楽天市場調べ-詳細)

 

今回比較した「クレスカローレオールインワン毛布」の口コミやデメリットについては下記ブログ記事で解説してるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

error: 右クリックすることは記事保護のためできません。申し訳ございません