温活ストレッチエアーの効果や口コミ評判!最安値で買う方法は?

この記事では、日テレポシュレで紹介の【温活ストレッチエアー】の効果や口コミ評判をチェックしていきます。

パソコンなど使う時間が増えてくると、ストレッチしてリフレッシュしたくなりますよね。

温活ストレッチエアーは、ごろごろしたままでも使うことができるという便利器具なのです!

1回たったの15分なので、ちょっとした休憩に使えるのも魅力的です。

今回は、その特徴や類似品との違いや電気代、実際に使った方の口コミ評判などをまとめていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

▼ポシュレ特別価格をチェック

温活ストレッチエアーの効果は?口コミ評判は?

まずは、『温活ストレッチエアー』を実際に買って使ってみた方の口コミを参考にしてみたいですよね。

調べてみると、ネット上に少ないですがいくつかありました。

温活ストレッチエアーの口コミ

いかがだったでしょうか?

良い口コミもあれば、悪い口コミも・・・。

ここでも要点を抑えて簡潔にご紹介します。

★ヒーターは程よい温度でほっこりあたたかい。
★軽いので持ち運びしやすい
★空気圧が物足りなく感じる
★空気が抜けるときの音が気になる

まだ新製品ということで口コミは少ないですね。

効果についてはまだわかりませんでしたが、ヒーターは熱すぎることなく、温まるところは評価されています。

本体も、約1.6㎏と軽く作られてるので、女性でも楽に持ち運びできるのも魅力的ですね。

口コミはこれからも増えてくると思いますので、その都度まとめていきます。

温活ストレッチエアーの効果や特徴は?

温活ストレッチエアーは、「自重+エアー+ヒーター」により、寝たままの状態でストレッチをすることができるというのが特徴です。

ストレッチ器具というと、立ったり座って使うものが多いけれど、寝て使えるのは少ないですね。

本体に内蔵されてる4つのエアーバッグがゆっくりと上下することで、普段のストレッチではなかなか伸ばしにくい背中なども丁寧にアプローチすることができるのです。

また、エアーバッグが膨らんだり縮むことで高低差ができ、そこに自重をりようすることで、ムリなくストレッチすることができるように設計されてます。

ヒーターも内蔵してるので、じんわりと体を温めながらゴロゴロとリラックスした状態で効率よくストレッチができるのは魅力的!

※ヒーターは、首と腰の2か所に搭載されています。

エアーバッグの膨らむ強さと温熱ヒーターの温度は、どちらも3段階から調節することができるので、その日の体調や気分に合わせて選ぶことも♪

★温活ストレッチエアーの仕様★
・サイズ⇒約縦95×高さ12×横35㎝
・重さ⇒約1.8m
・耐荷重⇒100㎏
・コード⇒約1.8m
・消費電力⇒18W

こちらは体重制限が100㎏までとなっていますので、100キロ越えの方は使うことができないのでご注意ください。

では、「温活」と「ストレッチ」をすることのメリットや効果は?

ここからは、そういったところもチェックしていきます。

温活とは?

そもそも「温活」とは、冷え対策の1つです。

例えば、夏でも手足が冷えたり疲れているという女性も少なくないと思います。

その原因が「冷え」ということもあるので、近年はメディアなどでも「温活」が特集されたりしていますよね。

冬はしっかり対策していても、夏になると、冷たい飲み物を飲んだり、エアコン、運動量の低下など、冷えの原因がいっぱい・・・。

温活をすることで基礎体温を適切な体温にまで上げることで、冷えなどの改善や美容効果が期待できるとされているのです。

ストレッチ効果やメリットは?

パソコン・スマホなど長時間同じ姿勢になってることが増えてる現代人、だからこそストレッチも注目されています。

ストレッチを継続して行うことで、筋肉の緊張状態がほぐれやすくなり、柔軟性も高まるとされています。

筋肉が柔らかくなることで、圧迫してた血流もよくなるので代謝もUP!

ただし、すぐに効果が出るようなものでもないようです。

個人差はありますが、ストレッチをする事により筋肉の柔軟性が出てくるまでに2~3ヶ月かかります。

引用元:整骨院鍼灸院アシスト

ムリせずに継続して行うことも大切ですね。

温活ストレッチエアーの電気代は高いの?

ストレッチは継続して続けるのが大切だけれど、この「温活ストレッチエアー」は電気で動くので、電気代も心配です。

そこで電気料金についても調査してみました。

1回15分使ったときの電気代は、約0.1215円

温活ストレッチエアーは、15分で電源が自動でOFFになるようになってるので、1回使っても0.12円ほど。

消費電力も少ないので、安心して毎日でも使うことができます。

温活ストレッチエアーの類似品は?違いも比較

寝たままエアーの力でストレッチができるアイテムは、他にも通販番組で紹介されています。

そこで、類似品との違いについても表にして比較してみました。

温活ストレッチエアー ライフフィットエアー4
サイズ(約) 95×35×12cm 49×10×100cm
重さ(約) 1.6㎏ 2.2㎏
耐荷重 100㎏ 90㎏以下
消費電力 18W 20W
コード長さ 1.8m 1.8m
モード 「3種類」
・全自動
・首、肩
・背中、腰
「3種類」
・前後に伸ばす
・ひねる
・伸ばし+ひねり混合
税込価格 12,800円 12,800円

※価格は記事作成時のもので変動する可能性もあるのでご了承ください。

ライフフィットエアー4も同じように寝たまま使うことができるのですが、首から腰に掛けて4つのエアーバッグで、伸ばしたりひねったりすることができるのが特徴です。

また、使いわないときにはくるっと丸めることができるというのも、温活ストレッチエアーとの大きな違いです。

ライフフィットエアー4の口コミやお得な販売店などは下記記事をお役立てください。

ただし、温活ストレッチエアーには「温熱ヒーター」も内蔵されているので、エアーでストレッチをしながら同時に温めることができます。

ストレッチはもちろんだけれど、冷えが気になるという方は、こちらの「温活ストレッチエアー」のほうが使い勝手は良さそうですね。

温活ストレッチエアーを最安値で買う方法は?

日本テレビの通販番組で紹介されたアイテムは、「ポシュレ」でも同じ特別価格で購入することができます。

ポシュレは、楽天市場やヤフーショッピングにも出店してるので、こちらがポイントも貯まって使える分お得!

さらに年会費無料の楽天カードを新規申し込みすると、すぐに使える2,000円分の楽天ポイントがもらえます。

支払い時に使えば、実質2,000円割引になってお得!

▼楽天カードをチェックする

▼温活ストレッチエアーをチェックする