ウェアラブルブランケットヒーター充電式の口コミや電気代は?デメリットや危険性は?【ポシュレ】

この記事では、ポシュレで紹介の【ウェアラブルブランケットヒーター充電式】の口コミ評価や電気代とデメリットや危険性などをチェックしていきます。

寒くなってくるとブランケットで寒さ対策もできるけど、さらにヒーター搭載タイプならいつでもどこでも暖まることができるのは魅力的ですね。

今回番組で紹介されているのは、とっても薄いヒーターを搭載していて軽いということで、肩掛けしても肩こりしにくそうなのも気になるところです。

そこで今回は、ウェアラブルブランケットヒーターの特徴や電気代と口コミやデメリット、危険性や最安値で買う方法などをまとめてご紹介します。

ウェアラブルブランケットヒーターのメーカーは?

ポシュレで紹介されているときにはメーカーがどこなのかわからなかったので、型番「WHW-B04」から調べてみました。

すると、メーカーは「ドウシシャ」といういろいろな家電製品を発売している企業ですね。

ちょっと変わった調理家電も多く、以前に当ブログでもこんな商品の記事をまとめています。

ドウシシャのチュロスメーカーはヘルシーおやつが作れる!レシピや特徴・販売店はこちら

調理家電以外にも空気清浄機や家事家電などあるけど、どれもネット上で評判がいいですね。

そんなメーカーが暖房家電として出したのが「ウェアラブルブランケットヒーター」です。

ウェアラブルブランケットヒーター充電式の特徴や機能は?

ここからは、買った後に後悔しないためにも「ウェアラブルブランケットヒーター」の特徴や機能についてチェックしていきましょう。

身に着ける暖房機

電気ひざ掛けのように、パソコン作業中のひざ掛けや肩掛けとして使うこともできます。

さらに、こちらはボタン付きというのが普通の電気ひざ掛けとの大きな違いです。

肩に羽織ってボタンを留めることで、ポンチョみたく使うこともできるのです。

ずり落ちてくる心配がなく、冷えやすい方や背中を温めることができるのも魅力的ですね。

充電式のブランケットヒーター

電気毛布の多くは、有線タイプになっているので、コンセントがある場所でしか使うことができないというデメリットもあります。

ところがこのブランケットヒーターは充電式のコードレスタイプです。

電源の場所を確認する必要がないですし、充電しておくことで部屋の中はもちろん、外出するよ気にも暖まったまま移動することができるのです。

充電時間は約3時間で、最大6時間使うことができます。

※使用時間は強モードで4時間、中モードで5時間、弱モードで6時間です。

家庭用洗濯機で丸洗いできる

汚れが気になりやすいブランケット部分は洗濯機で丸洗いすることもできます。

これは、ヒーター部分やバッテリーを取り外すことができるように設計されているからですね。

洗うときには、ヒーターとバッテリーを取り外すことで、いつでも洗えるので清潔感もありますね。

【ウェアラブルブランケットヒーターの仕様】

大きさ(約) 幅100×奥行き70×厚さ1㎝
重さ(約) 本体350g
バッテリー70g
消費電力 5W
温度調節 3段階
強:約60℃、中:約50℃、弱:約40℃
充電時間 約3時間
付属品 取扱説明書・保証書、専用バッテリー×1、専用ACアダプター×1、充電用USBケーブル×1

ウェアラブルブランケットヒーターの電気代は?

ウェアラブルブランケットヒーター充電式の電気料金についても調査してみました。

販売ページに記載がなかったので、消費電力5Wで1kWhあたり27円で計算してみました。

★1時間あたりの電気代は、約0.135円

となります。

仮に毎日8時間を1か月使い続けたとしても約32.4円と、一般的な暖房家電と比べてもかなり安いですから、電気料金が上がりがちな冬の節電効果も期待できますね!

ウェアラブルブランケットヒーターの口コミ評判は?

ここまでは特徴や効果などいろいろ見てきたけれど、やっぱり実際に「ウェアラブル ブランケットヒーター」を買って使っている方の口コミも参考にしたいですよね。

そこでいろいろ調査してみたのですが、まだ発売されたばかりだったため役立つような口コミはありませんでした。

でも、Twitter上で類似品の口コミはいくつかあったのでこちらをご紹介しますね。

いかがだったでしょうか?

よい・悪い口コミもありますね。

ここでは要点を押さえて簡潔にまとめてご紹介しますね!

★生地の触り心地がいい

★縫製もしっかりとしている

★ヒーター部分が小さいので広範囲が温まらない。

★温度が低く感じる

★電源なしでもブランケットそのものだけでも暖かい

★充電式で軽いので持ち運びしやすい。

口コミでは、このような評価が多いように感じます。

ウェアラブルブランケットヒーターのデメリットや危険性は?

実際の評価を見て分かったデメリットや危険性についてもまとめると、

✅ヒーター部分が小さく一部分しか温かくならない

✅温度が低い

ということですね。

ポシュレで紹介している「ウェアラブルブランケットヒーター」もブランケットは大きいけれど、ヒーター部分は、縦105×横260×厚さ5㎜というようにとっても小さいですからね。

そのため、ブランケット全体を温めることができるわけではないというデメリットがあるのです。

ブランケット全体が温まると思って買っている人が、ここでガッカリしている感じですね。

もう1つの欠点が、温度です。

一応温度調整は3段階できるのですが、どうしてもコンセントにつなぐタイプと比べると、充電式はパワー不足になってしまうのは仕方がないですからね。

ウェアラブルブランケットヒーターをおすすめできない方は?

ウェアラブルブランケットヒーターは、下記のような方にがおすすめできません。

✅広い範囲を温めたい方

✅パワフルに温めたい方

USB充電式の欠点といえばそれまでだけれど、購入前に知っている頭中というのは大きな差がありますからね。

ウェアラブルブランケットヒーターはこんな方におすすめ

ウェアラブルブランケットヒーターは、下記のような方におすすめです。

・充電式のブランケットヒーターを探している方

・自宅で洗濯できるウェアラブルヒーターを使いたい方

・充電が長持ちするウェアラブルヒーターを探している方

・肩や背中、腰、膝など部分的に温めたい方

ウェアラブルブランケットヒーターを最安値で買う方法は?

ウェアラブルヒーターは、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販サイトで価格を調査してみました。

※ドウシシャ公式サイトの価格は、税込9980円です。

★ポシュレ楽天⇒1枚7,980円、2枚セット12,800円(税込・送料無料)

★Amazon   ⇒1枚7,436円(税込・送料無料)

★ヤフーショッピング⇒7,510円(税込・送料550円)

このようになっているので、1枚のみというのならAmazonが安いですね!

でも、最安値ならポシュレの2枚セットがお得で1枚あたり6,400円(税込・送料無料)になります。

自宅がもちろん、充電式はアウトドアでも使ったりできるので、1つ持っていてもいいですね♪

▼販売サイトでチェック

電気ひざ掛け毛布なら、実際にわたし語って使ってみたレビュー記事もおすすめ▼