メディカラダウォークの口コミ評判や効果は?類似品や使い方も徹底検証!

この記事では、ヤーマンから登場した【メディカラダウォーク】の口コミ評判や効果と使い方や類似品などをチェックしていきます。

【広告】

椅子やソファに座りながら歩くのに大切な筋肉をトレーニングすることができるヤーマンのEMS機器です。

でも、似たような商品は他メーカーからも発売されているので違いなんかも気になりますよね~。

そこで今回は、メディカラダウォークの特徴や効果と類似品や口コミ評判、最安値で買う方法などについていろいろ調査してみたのでまとめてご紹介します。

これから買おうか迷ってるという方も、ぜひ最後までご覧ください^^

メディカラダウォークの効果は?

ヤーマンのメディカラダウォークの特徴は、座ったままでも足裏使うことができるというEMS機器です。

本体の上に足をのせると、足裏の7つのエリアに分けて、それぞれの部位に適した周波数のEMSを出力することで、着地⇒重心移動⇒蹴りだし⇒着地という歩くときの筋肉の動きを再現しているのが特徴です。。

また、足裏は凹凸もあるけれど、こちらは突起形状の電極を配置することで脚裏にもしっかりとフィットするのです。

そのため、EMSが足裏からふくらはぎの筋肉までアプローチしてくれます。

運動する時間がないという方や、運動不足で足腰が弱っているという人でも、これならいつでも自宅で鍛えることができるのは魅力的ですね。

さらに、メディカラダウォークはEMSだけではありません。

本体の裏面にあるステップバーを取り付ければ、さらに3つの使い分けをすることもできるようになるので、その日の気分にあわせて好みのモードでケアすることもできるのです。

【リリースモード】

⇒上部横向きにステッパーをとりつけて傾斜を着ければ、物理的にアキレス腱を伸ばしながら高周波帯のドレナージュEMSでストレッチを行うことができる。

【フィットモード】

⇒中央横向きにステッパーをつければ、シーソーみたいに前後に上下させることができます。

そして、筋肉を動かすための低周波EMSが足裏に流れて、効率よく筋肉にアプローチ。

【ウォークモード】

⇒中央タテ向きにセットすれば、左右のシーソーみたいに上下させることができます。

椅子などに座りながらステッパー運動ができるのが特徴ですね。

また、メディカラダウォークには加速度センサーも搭載されてるので、片方の足を踏み込むと、その足に歩行を模したEMSを出力!。

このように、EMSだけではなく、ステッパーの取り付け方でさらにいろんな使い方ができるのもうれしいですね。

・EMSとは?

健康器具で増えてきているEMSですが、これは「Electrical Muscle Stimulation」の略称です。

普通はトレーニングといったら自分で意識して動くことで筋肉の収縮をしていくのですが、EMSの筋肉に微弱な電流を流すことによって筋肉に刺激を与え、筋肉を強制的に動かします。

筋トレだと運動をしていると他のこともできないし、「キツイ」という理由ですぐに辞めてしまったり、正しい運動をしてないと体にも負担があったりといろいろあります。

でも、メディカラダウォークならEMS機能でながら使いができるので、続けやすいというメリットがあるのです!

★メディカラダウォークの仕様まとめ★
・充電時間⇒約2時間

・動作時間⇒約4時間

・大きさ⇒約W314×H296.5×D110.7(mm)

・重さ⇒約1.49㎏

・EMSレベル⇒15段階

・使用目安⇒1回10分、1日2回まで

メディカラダウォークの使い方は?

メディカラダウォークの使い方についてもチェックしていきます。

メディカラダウォークの使い方

①:モードに合わせてステップバーを取り付ける

②:椅子などに座り、素足の状態で足裏をのせる

③:「電源/モード」ボタンを3秒以上長押しでON

④:EMSの強さを設定する

まず、足裏が乾燥しているときにはEMSが流れにくく痛みも感じやすくなるので、水などで保湿をするようにしましょう。

あとは、足裏の形をした電極部分にあわせて脚をのせて、電源を入れるだけです。

さらに効率よく使い方をしたいときには、裏面にステッパーを取り付けることで、傾斜を着けたり、前後左右に踏み込みができるようにもなります。

メディカラダウォークの口コミ評判は?

ここまでは特徴や効果などをいろいろ見てきたけれど、やっぱり実際に「メディカラダウォーク」を買って使ってる人の口コミも参考にしたいですよね。

調査してみると、Twitter上で見つけることができました!

EMS器具だから、お風呂あがるなど足裏が湿ってるときに使っている方が多いみたいですね。

強さの調節もできるけど、気持ちよく使えるなら毎日でも続けられそうだね♪

まだ口コミが少ないので参考までに、同じEMSで人気のフットフィットライトの口コミをまとめた記事はいかが?

シックスパッド フットフィットライトは効果なし!?口コミ評判から分かった真実とは

メディカラダウォークのデメリットは?

メディカラダウォークのデメリットについてもチェックしていきます。

・お風呂では使えない

・リモコンがない

本体は防水設計になっていないのでお風呂で使うことができません。

足裏湿らせるときにも水をつけすぎないように気を付けたいですね。

機能面はいいけど、これにリモコンがあればもっと良かったですね。

メディカラダウォークがおすすめできない方は?

メディカラダウォークは、下記のような方にはおすすめできません。

・正しく使うことができない方

・全身のトレーニングを行いたい方

・EMS(電気刺激)が苦手な方

足裏からEMSで刺激するのですが、電機は全身に流れるものではなくあくまでも下半身用なので、全身のトレーニングを目的にしていると物足りなく感じるかもしれません。

メディカラダウォークはこんな方におすすめ

メディカラダウォークは、下記のような方におすすめです。

・使い方が簡単なEMS器具を探してる方

・運動不足が気になる方

・コンパクトで使いやすい器具を探してる方

歩く力というのは年を重ねるほどに弱まっていきますし、今はデスクワークが増えて運動不足で筋力が低下しているという人も少なくありません。

足の筋力が弱まってしまうと、つまづきやすくなったり、階段の上り下りがツラく感じるようになってしまいます。

でも、これなら座っている時間に足元において使うことができるから、普段あまり運動をしてない方でも続けやすいですし、外の気温や天候にも左右されずに使えるのも魅力的ですね!

メディカラダウォークを最安値で買う方法は?

メディカラダウォークはヤーマン公式外にも楽天市場などの通販サイトでも買えるのですが、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販サイトでの価格を調査してみました!(2022/7/16 16:18調べ)

★ヤーマン公式⇒38,500円(税込)

★ヤーマン楽天市場⇒38,500円(税込・送料無料)

★Amazon⇒38,500円(税込・送料無料)

★ヤフーショッピング⇒38,500円(税込・送料無料)

ポイントも貯まって使える楽天市場やヤフーショッピングがお得ですね。

▼販売店でチェックする

メディカラダウォークの類似品も調査!

メディカラダウォークのように脚裏用のEMS機器は他にもいろいろあります。

そこで、類似品についても調査してみました!

メディカラダ
ウォーク
シックスパッド
フットフィットライト
EMSフットエナジー
サイズ 幅31.4㎝
奥行11㎝
高さ29.6㎝
幅33㎝
奥行31.2㎝
高さ7.7㎝
幅33㎝
奥行き30㎝
高さ2㎝
重さ 約1.49㎏ 約1.1㎏ 約1.4㎏
EMSレベル 15段階 10段階 10段階
リモコン なし あり あり
充電時間 約2時間 単3アルカリ電池
3本
約5時間
稼働時間 約4時間 レベル10で約130回 約4時間
税込価格 38,500円 38,800円 29,980円

本体の大きさや重さなどについてはどれも同じような感じですね。

またどれもジェルなどは不要というのも魅力的です。

【EMSフットエナジー】

3種類のモードを搭載していて、1日最大30分まで使うことができるのが特徴です。

こちらはTBSのテレビショッピングで紹介されることが多いですね。

充電式だからどこでも使いやすくなっているのも便利です。

【フットフィットライト】

23分間の独自プログラムのみ。足の動きに合わせて本体を前後に動かせる構造でトレーニングをサポート。

電源が乾電池式だから、電池さえ用意してあれば届いてすぐに使うことができますよ。

【メディカラダウォーク】

ステッパーの取り付け方で、傾斜・前後左右に動かしながらEMSを使うこともできる。

リモコンはないけどEMSは15段階から細かくセットすることができるので、自分好みの強さを見つけやすい。

▼販売店でチェックする

ディノスTHEストアで紹介の【足元EMSトレーニング レグネス】の口コミ評判はこちら▼