蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルの口コミ評判や使い方!寿命やデメリットも徹底検証!

この記事では、日テレポシュレに登場した【蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネル】の口コミ評判や効果と、類似品や使い方、寿命やデメリットなどをチェックしていきます。

寒くなってくると、湯たんぽでお腹などをあたためたりすることも増えてくるけれど、お湯を使うものだと、その準備にかかる時間や、冷めてしまうまでの時間が短かったりと、いろいろと手間もありますよね~。

そんな時におすすめなのが、電気で使えるというエコ湯たんぽです。

蓄熱式湯たんぽぬくぬくフランネルは、約15分ほどで蓄熱することができる上に、最長で約8時間ほども暖かさをキープしてくれるんです♪

それではさっそく、蓄熱式湯たんぽぬくぬくフランネルについて詳しくチェックしていきましょう!

【記事中で紹介してる商品はアフィリエイトリンクを使ってます。】

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルとは?

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルとは、およそ15分ほどで蓄熱して、約55度の温度を最長で約8時間もキープするというアイテムです。

寝る前に蓄熱して、布団の中に入れておけば、8時間もあるので朝までぬくぬくな温度で快適に眠れそうですよね♪

なにより、面倒なお湯の入れ替え作業もないし、水漏れなどの心配をしなくていいから気軽に使いやすく、節水にもなるのがうれしい!

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルの特徴や効果は?

まずは、買った後に後悔しないためにも「蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネル」の特徴や効果からチェックしていきましょう!

肌触りのいい素材の生地

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルのカバーには、冬の定番素材「フランネル」を使っているのが特徴です。

冬に人気な理由は、独特なふわふわ感とやわらか感で肌触りがよく、ず~っと触っていたくなるほどの心地よさですよね。

湯たんぽとしての温かさはもちろん、このふわふわな肌触りで長くお腹などに抱えて持っていても負担になりにくいというのです。

カイロやアンカ、湯たんぽとして使える

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルは、これ1つでいろいろな使い方ができるのも特徴です。

★膝の上にのせてカイロとして!

★布団の中においてアンカとして

★脚をのせてこたつの代わりに足先をあたためる

というような使い方ができるんです。

子供の夜の勉強時の脚やお腹の冷え対策や、布団に入ったときのひんやり感対策として使いやすそうですね。

私も似たような商品を使ってるのですが、寝る30分くらい前に布団の中に入れてると、寝るタイミングでそれなりに温かくなってるから「ヒヤッ」とすることがなくておすすめですよ!

15分の充電で最長8時間あたたかい

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルは、充電時間はたったの15分ほどだけれど、その暖かさは最長で約8時間ほども続くというのも特徴です。

8時間というのは布団の中で熱が逃げないようにした場合だけど、寝る前に充電しておけば朝まで快適に眠れそうだから、冬の寒さ対策としても十分ですね。

ちなみに、カイロなどのような使い方をすると約4時間ほどということです。

デスクワークなどで使う場合は、お昼休みに充電したいところですね。

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルの大きさや重さなどの仕様

【蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルの仕様】

大きさ 幅23cm×奥行28cm×高さ5cm
重さ(約) 1.7㎏
消費電力 360W
タイマー機能 ×
蓄熱時間 約15分
連続使用時間(約) アンカ目的(布団内で使用):8時間
カイロ目的(身体に当てて使用):4時間
※40度以上の持続時間(連続使用時)
蓄熱温度 約55度
耐荷重 50㎏
蓄熱液
コード長さ 約1m

耐荷重はそこまででもないので、上に乗ったりしない方が良さそうですね。

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルの電気代は?

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルの電気代はどれくらいかかるのかも気になる!

そこで、消費電力360W,1kWhあたり31円で計算してみると、

1回の蓄電で約2.8円

ということでした。

冬はただでさえ電気料金が上がりやすいけど、これくらいなら毎日でも気軽に使えそうですよね♪

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルの使い方は?

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルの使い方についてもチェックしていきます。

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルの使い方

①:プラグをさして充電する(約15分)

②:カバーに入れる

③:約4~8時間ほど暖かさをキープ

このようにとっても簡単でシンプルになっているのは便利ですよね♪

ちなみに暖かさの時間は、布団内でアンカとして使えば約8時間、身体にあててカイロのようにするなら約4時間ほどは持つということですね。

家の中はもちろん、コードレスタイプだから、スポーツ観戦やアウトドアなどでも使いやすいのは魅力的ですね♪

電気代も1回の蓄熱で約2.8円ほどと安いから、寒い冬の救世主になってくれるかも!?

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルは洗えるの?

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルですが、本体は家電になるので洗うことはできません。

でも、カバーは取り外して洗濯することもできるので、いつでも清潔に使うことができるのは気持ちがいいですよね♪

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルの寿命は?

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルのですが、どれくらい使い続けられるのか、寿命についても気になりますね。

販売ページなどを見ても記載がなかったのですが、一般的な充電式湯たんぽの場合、1000回ほど使ったら寿命になるといわれています。

充電できなくなったり、暖かさが続かなくなった時が買い替えるタイミングということですね。

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルの類似品

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルも使いやすそうだけど、類似品もいろいろありますからね。

ここではネット上でも評判がよかった似たようなアイテムをチェックしてみます。

【スリーアップ EWT-2144 蓄熱式 エコ湯たんぽ nuku2】

こちらはテレビ番組でも紹介された、かわいいぬいぐるみのような見た目の蓄熱式エコ湯たんぽです。

20分ほどの充電で、最長約8時間(布団の中でなら)ほどあたたかさをキープ!

デスクワークの足元のちょっとした暖房としても使いやすいですね。

見た目もかわいいから、子供の勉強時の寒さ対策としてもいいかも♪

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルの口コミ評判は?

ここまでは特徴や効果、類似品や使い方といろいろ見てきたけれど、やっぱり実際に「蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネル」を買って使ってる方の口コミも参考にしたいですよね~。

そこでいろいろ調査してみるとありましたよ!

悪い口コミ評判は

Twitter上では、蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルの悪い口コミはまだありませんでした。

では、ネットショップでは?

【Amazon】

【楽天市場】

いかがだったでしょうか?

参考になるような口コミは見つかりましたか?

良い口コミ評価

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルですが、Twitter上でも買って満足している方が多く、「15分で蓄熱できるのがいい」とか「コードレスで便利」「あたたかい」とかなり評判がいいですね。

動いてるときはあまり寒さもわからないけど、自宅でじっとしてると冷えも感じやすいですからね。

これでお腹や脚元、寝る前に布団に入れておけばポカポカしたお布団で眠れそうですね!

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルのデメリットは?

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルのデメリットについてもチェックしていきます。

・耐荷重50㎏と少ない

・それなりに重さはある

・蓄熱温度は約55度と低め

さすがに湯たんぽの上に乗ったりすることはないと思うけど、耐荷重50㎏となってるので、例えば椅子と体の間において寄りかかる場合は、体重があるのなら気を付けたほうが良さそうです。

また、アンカ目的で布団内で使う場合、そのまま寝てしまいつぶさないように置き場所にも気を付けたいですね。

温度調節はできないので、約55度という温度で満足できないと不満に感じてしまうかも。

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルはこんな方におすすめ

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルは、下記のような方におすすめです。

・お湯を入れる湯たんぽは面倒な方

・最長約8時間の温かさで満足できる方

・側生地は肌触りがいいものを選びたい方

お湯を沸かして入れたり、使った後はきれいに洗ったりという手間がなく、充電して繰り返し使うことができるのはとってもラクなのは魅力的ですよね♪

しかもたった15分ほどの充電で約8時間も持つというので、オフィスなどでもお昼休みを使って充電してしまえば、帰宅するまで暖かそうですね。

フランネルバージョンは、肌触りもとってもいいからお腹に抱えるのはもちろん、腰に当てたり、ほおずりしたりといろんな使い方ができそうです。

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルを最安値で買う方法は?

蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬくフランネルは、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販販売店で価格を調査してみました(2023/2/1調べ)

★ポシュレ系⇒
・1個3,980円+送料820円
・2個5,980円(税込・送料無料)
・4個10,500円(税込・送料無料)

★楽天市場⇒1個3,608円(税込・送料無料)

★アマゾン⇒無しまたは売切れ

★ヤフーショッピング⇒1個3,608円(税込・送料無料)

このようになっていますね。

単品なら楽天市場などの一部ショップが、まとめ買いならポシュレ系ショップがお得です。

2個/4個セットはこちらから▼

【関連記事】

±0リフレクトヒーターの口コミ評判や電気代は?デメリットや最安値で買う方法も徹底検証

サンコーおひとりさま用着るこたつ こたんぽの口コミ評判や電気代と洗濯機で洗えるの?最安値で買う方法は