サンコーセナクールplusの口コミ評判や違いは?使い方やデメリットも徹底解説!

【広告】本ページはプロモーションが含まれています。

この記事では、2024年モデルとして新しく登場したウェアラブルクーラー【サンコーセナクールPLUS】の口コミ評判や効果と、従来品と違いの比較や、子供用や使い方、デメリットなどをチェックしていきます。

サンコーセナクールplusの口コミ評判や違いは?使い方やデメリットも徹底解説!

 

暑い季節になると、ネッククーラーやクールリングなど首元をひんやりするアイテムが活躍してくれますよね~。

でも、ネッククーラーはバッテリーのもちが悪く、クールリングはひんやり時間が短い…という欠点もあります。

 

そこでおすすめになるのが、サンコーから発売の「セナクール」シリーズです。

首に装着するだけで、首の後ろや背中に使い部分をひんやりできるし、モバイルバッテリーを使えば最長約10時間も使えるんです!

 

それではさっそく、ウェアラブルクーラー「サンコーセナクール」について詳しくチェックしていきましょう。

 

▼従来品はこちら

 

サンコーセナクールPLUSとは?

サンコーセナクールPlusとは、サンコーレアものショップから2024年4月に発売された暑さ対策グッズです。

従来品も1年前に発売されて大ヒットだったのですが、今回は購入者の声をもとにして「吸排気の効率アップ」と「アームのフィット感のUP」というリニューアルがされているのです。

 

使い方はどちらも首にかけるだけで、冷却プレートとファンのダブル効果で背中からひんやり涼しくなれるという季節家電の1つですね。

特に最近は、昔に比べて夏の気温も増えていますから、家の中はもちろん外でも使える暑さ対策グッズの出番は増えてきています。

 

でもネッククーラーなどはやっぱり目立つ…という人にも使いやすくなったのが、このセナクール。

メーカーも、おしゃれの邪魔をしない、なるべく目立たせないことにこだわって開発していて、それでいて冷却性能も両立しているという部分にもこだわったそうです。

 

セナクールPlusとセナクールの違いを比較

2024年モデルの「セナクールPlus」と、2023年モデルの「セナクール」。

現在はどちらも通販で購入できるので、その違いを比較してみました。

セナクールPlus セナクール
サイズ(約) 幅60×奥行28×高さ133
(アーム除く)
幅60×奥行28×高さ129㎜
(アーム除く)
重さ(約) 140g 120g
対応首まわりサイズ 最小:約28㎝
最大:約50㎝
最小:約28㎝
最大:約50㎝
電源 内臓バッテリー
(3.7V/1200mAh/リチウムイオン)
または外部給電(USB5V2.0A以上)
内蔵バッテリー(3.7V/1200mAh/リチウムイオン)または外部給電(USB5V2A以上)
モード ノーマル
エコ
ノーマル
エコ
充電時間 約3時間 約3時間
連続動作時間 【内部バッテリー時】
・ノーマル:約1時間20分
・エコ:約2時間
【モバイルバッテリー10000mAh】
・ノーマル:約5時間
・エコ:約10時間
【内部バッテリー時】
・ノーマル:約1時間
・エコ:約2時間
【モバイルバッテリー10000mAh】
・ノーマル:約5時間
・エコ:約10時間
安全装置 本体温度60℃以上、0℃以下で自動OFF 本体温度60℃以上、0℃以下で自動OFF
発売日 2024/04/22 2023/04/24

 

大きな違いを使用から確認できるのは、大きく3つありました。

・本体の高さがUP
・重さの違い
・内臓バッテリー性能

 

さらに従来品の欠点を改善しているため、以下のポイントも異なります。

・排気口が外向きになった
・吸気口の形状を進化して背中で防ぎにくくなった
・フレキシブルアームになって装着感もよくなった

変化としてはこちらの3つのほうが重要です。

もともと排気口を外に向けるために、旧モデルは別途カバーを取り付けるという手間があったのですが、Plusではこの問題を解消しています。

暖かい空気は外に向かって放出されやすくなったので、より快適な暑さ対策グッズに進化!

 

さらにアーム部分も「フレキシブルアーム」になったことで自分に合うサイズに調整がしやすくなりました。

これが小柄な女性から男性まで幅広く使いやすいリニューアルポイントになっています。

価格は新旧どちらも、7,980円(税込)だったので、総合的に改善がされた「セナクールplus」のほうを選べば問題ないでしょう。

 

サンコーセナクールPlusの特徴や効果

まずは、あなたにとって本当に役立つ暑さ対策グッズとなるのか「サンコーセナクールPlus」の特徴や効果からチェックしておきましょう。

 

冷却プレートと送風ファンですぐにひんやりする

サンコーセナクールPlusには、ネッククーラーでおなじみの「ペルチェ式冷却プレート」を採用しているのが特徴です。

電源を入れるとすぐに冷たくなるという冷却プレートは、サンコーのネッククーラーシリーズでも評判がいいのですが、これで背中を直接冷やすことができるのです。

さらに排熱と送風用の2つのファンが背中のムレも取り除いてくれるので、涼しさをアップするという仕組み。

 

ネッククーラーとの違いは、冷却プレートにスリット加工が施されてるので、送風口から出た風が通りやすく、冷却効果をアップしてくれているということですよ♪

ただ冷たくするだけでなく、風も送り出して服の中も快適な環境へと導いてくれるのも魅力的ですね。

 

軽くて目立ちにくいデザイン

暑さ対策グッズもいろいろあるけれど、やっぱり目立ちやすいものだと、せっかくのコーデも魅力が落ちてしまいますよね~。

サンコーネッククーラーシリーズは評判はいいけど、それでも目立ってしまうというところに抵抗がある人がいたのも事実みたいです。

 

でも、セナクールはなるべく目立たないようにこだわって開発もされているんです。

アーム部分も細くて目立ちにくくなっているなっているうえに、本体も薄型になってるので、服の中に装着しても出っ張りが少なく目立ちにくいというのです。

 

ちょっとしたアクセサリー感覚でつけることができるというのも魅力的ですよね♪

やっぱりシルエットを崩さないというのは大切です。

メーカー曰く「背中に仕込む」新しい冷却デバイスということですから、外出時にも使いやすいというメリットはうれしいですね(^^)

 

2種類のモードを搭載

サンコーセナクールには、2種類のモードが搭載されているのも特徴です。

 

各モードの仕様がこちら▼

★ノーマル 常に冷却機能をONにすることでひんやりを持続。
★エコ 冷却機能を60秒オン、180秒間オフを繰り替えしてバッテリーのもちをよくする。

 

暑さの厳しい時にはノーマルモード一択という感じですね。

でも、バッテリーのもちを長く、長時間使いたい!というときにはON/OFFを繰り返すエコモードが活躍してくれます。

自動で繰り返してくれるので、自分で操作する手間がないですし、長く使えるので、外出したときなんかに便利ですよね♪

 

充電式コードレスで屋外や屋内で使いやすい

セナクールはUSB充電式のコードレスで使えるというのも特徴です。

充電式のメリットは、コードレスだから取り回しも必要ないですし、ケーブルが引っかかったりするなどもありませんから、快適に使えるところですね♪

 

しかも本体には内臓バッテリーも搭載されているのです。

内臓バッテリーといっても、エコモードなら約2時間ほどは持続するので、通勤や通学時にも活躍してくれるところも魅力的ですね♪

 

ちなみに、屋外に長時間いるときなどには、モバイルバッテリーをつなげると外部給電でより長く使うこともできるんです。

例えば、1000mAhのモバイルバッテリーだと、エコモードで最長約10時間、ノーマルモードでも約5時間も使うことができるんです。

これだけあれば、イベントやアウトドアなどでも活躍してくれそうですよね♪

 

静音設計になってる

サンコーセナクールPlusは、静音設計になってるというのも特徴です。

室内で使う場合でも、首に装着するのでファンの音がうるさいとテレビを見たり音楽を聴くときにも邪魔に感じることがありますよね?

屋外だと電車などで移動する場合、隣の人の迷惑になるかもしれません。

でも、静音設計になっているので、音についてはそこまで気にしなくていいというメリットがあるんです。

 

実際、この後の口コミでも紹介してるのですが、音はあまり気にならないという意見が多かったので、音に敏感でない限りはそこまで気にしなくていいというのは魅力的ですね♪

 

セナクールPlusの重さや充電時間など仕様まとめ

セナクールの仕様まとめ

★大きさ⇒約幅60×奥行き28×高さ133㎜(アーム除く)

★重さ ⇒約140g

★対応首回りサイズ⇒約28~50㎝

★充電時間⇒約3時間

★使用時間⇒
・内臓バッテリー:ノーマル約1時間20分、エコモード約2時間
・モバイルバッテリー(10000mAh):ノーマル約5時間、エコ約10時間

★推奨環境温度⇒20~35度

本体はスマホよりも軽いので、そこまで負担もなさそうですね。

内臓バッテリーでも使えるけど、イベントやフェスに行く場合はモバイルバッテリーがあると安心です。

 

サンコーセナクールPlusの使い方

使用方法は以下のようにいたってシンプルです。

サンコーセナクールPlusの使い方

①:充電する

②:電源ボタン長押しでスイッチオン。

③:電源ボタンを短押しでモード切替。
※ボタンを押すたびに、ノーマル⇒エコ⇒ノーマル…と切り替わる。

④:電源ボタン長押しでスイッチオフ

 

このようにボタンが少ないから、機械音痴な私みたいな人でも使いやすそうなところはうれしいですね。

また、内臓バッテリーを使うとノーマルで約1時間、エコモードで約2時間ほど使うことができます。

 

でも、別売りのモバイルバッテリー(10000mAh)を使えば、ノーマルで約5時間、エコモードだと約10時間ほども使うことができるようになるので、外出時にはモバイルバッテリーがあると便利ですね。

 

セナクールPlusの装着方法

セナクールPlusの使い方は簡単だったので、次に装着するコツなどをまとめていきます。

装着方法

①:アームを上げて本体は服の中に入れて首に引っかかるようにする。

②:背中に冷却プレートが当たるようにする。

③:排気口/吸気口を衣服や背中でふさがないようにする。

 

使うときには、吸気口と排気口の両方をふさがないようにするのがコツです。

とくに襟付きの衣服はふさぎやすいので要注意ですね。

 

サンコーセナクールシリーズの悪い口コミ評判

ここまで特徴や効果、使い方といろいろ見てきたけど、やっぱり実際に「サンコーセナクール」を買って使ってる人の口コミも参考にしたいですよね~。

まずは悪い口コミからご紹介します。

 

思ったほど涼しくない

 

サンコーセナクールの悪い口コミを調査してみると、「思ってたほどではない」といった意見がつらほらありますね。

さすがにコンパクトサイズだから、冷却プレート自体も小さいため、サンコーの冷却ベストほどのパワーはなさそうです。

 

ちなみに、排熱についていくつか旧モデルの古い投稿で意見がありましたが、2024年現在はセナクール専用の排熱カバーがあるので、これを使えばより外側に排熱できるようになっていますよ。

Plusならそもそもそんな付属品も必要なくなっています。

 

セナクールPlus・従来品の良い口コミや評判

セナクールPlusや従来品を使ってみた方で評価が良い口コミや評判もご紹介します。

 

音が静かで使いやすい

この方のように、動作音が気になっているという方も、静かに使うことができているところを高く評価されている方は、他にも多数いらっしゃいました。

静音性が高いというメリットは、自宅で在宅ワークをするときや外出先などいろいろなシーンで使い勝手が良いという証。

周りを気にせずに使えるのはうれしいですね(^^)

 

類似品と比べても冷たく感じる

冷却プレートにスリットがあり、そのスリット間を風が通る仕組みのため、他社の商品に比べとても冷たく感じます。 30℃の気温でノーマルモードで1時間使用してみましたが、しっかり冷感を感じられました。 静音性についても同じサンコーさんのネッククーラーと同程度で特に問題無いと思います。

引用元:ヤフーショッピング

この方は、他社製品で似たようなものを使っているのですが、それらと比べても「冷たく感じる」という評価をしています。

シリーズを通してその仕組みがより快適さをアップしているということです。

外出するときには、普通に売ってるバッテリーを付ければ問題ないので、犬の散歩やお買い物に行くときに重宝しそうですね(^^)

 

セナクールPlus・従来品の口コミまとめ

サンコーセナクールシリーズの良い口コミを調べてみると、「音が静か」とか「目立ちにくい」「他社と比べても涼しい」などのように買って満足される方が多い印象です。

モバイルバッテリーがなくても、短いけど内部バッテリーで動かせるところも評価されていますね。

 

しっかりひんやりと感じられるのは、ファンだけでなく、冷蔵庫と同じ原理で冷えるペルチェ式冷却プレートを採用しているところもありそうですね。

このプレートは、サンコーのネッククーラーではもうおなじみで、他製品でも高く評価されていますよ。

 

ただ、やはり本体がコンパクトなため、背中全体を冷やすほどのパワーとしてはやや不足しています。

うまくほかの暑さ対策グッズと併用しながら賢く使っていくのがおすすめです。

 

サンコーセナクールPLUSのよくある質問や回答

サンコーセナクールPLUSのネットで見かけた疑問や質問と、その回答についてもチェックしておきましょう。

 

子供用や男性用はあるの?

サンコーセナクールのサイズは、1種類だけです。

でもアーム部分はソフトで使う人に合わせて調節ができるので、首が細い女性や子供はもちろん、大柄な男性の方にもフィットしやすくなっているんです。

 

ちなみに、対応首回りサイズは、約28~50㎝となっていますよ。

老若男女を問わず使いやすいところは魅力的ですね♪

 

動作音はうるさいの?

ファンが回転しているので、動作音はあります。

でも、セナクールは静音設計になっているので、屋外はもちろん屋内でも使いやすいという特徴もありますよ。

音に通手の感じ方は個人差もあるので一概にいいとはいけませんが、今のところ口コミを調べても、うるさいといった意見はないので、大丈夫だと思いますよ。

 

髪の毛が絡まる?

本体下部の吸気口に髪の毛を近づけると巻き込まれてしまう可能性もあるようです。

ロングヘアーの場合は、髪の毛を束ねたりして、ファンに近づかないようにするように注意が必要です。

自分用ならわかるからいいけど、プレゼントする場合には相手方の髪の長さは確認しておいた方がいいかもしれません。

 

防水性能は?お手入れ方法

セナクールシリーズですが、防水性能はありません。

だからといってそのまま放置するのは錆や菌の繁殖の原因にもなるので、しっかりお手入れするのも大切です。

 

といっても通常のお手入れは、乾いた布でふき取るだけです。

また定期的に、吸気口や排気口、送風口をエアダスターなどでほこりやごみを取り除くと、冷却性能の低下も防ぐことができます。

 

サンコーセナクールPLUSのデメリット

サンコーセナクールPLUSのデメリットについてもチェックしておきましょう。

・価格がやや高い

・うまく装着しないと温かい排気が頭にかかる

・内部バッテリーだけだとすぐに電池が切れる

・ワイシャツでは使えない

 

本体下部にある吸気口から服の中にこもった熱を取り込んで、上にある排熱口から外へ排出する構造になっています。

従来品を選ぶ場合は、うまく装着しないとこの排熱が頭にかかるので不快に感じるという意見もありました。

 

ちなみに旧モデルにはセナクール用の排気口カバーが別途販売されてるので、セットすると熱を外向きに誘導してくれるので、より使い勝手がよくなっていますよ。

created by Rinker
サンコー(Thanko)
¥698 (2024/07/12 14:59:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

ただsi,PLUSなら熱が外向きに排熱されるように改善されているので、別売り品をわざわざ購入しなくてもよくなっています。

 

そして、Yシャツなど襟の高い衣類の場合は、吸気口や排気口がふさがれる場合もあるので使えないので気を付けてくださいね。

 

サンコーセナクールPLUSはこんな方におすすめ

サンコーセナクールPLUSは、下記のような方におすすめのウェアラブルクーラーです。

 

・操作は簡単でわかりやすいほうがいい方

・コンパクトで持ち運びしやすい暑さ対策グッズを探してる方

・首の後ろや背中に近い部分をひんやりしたい方

 

操作といっても電源とモードを選ぶだけだし、首に装着することができるのでハンズフリーで使えるところは魅力的ですね。

ただ風を送るだけではなく、冷却プレートで当たる部分を直接冷やしてくれるところが気持ちよさそうです。

 

充電式コードレスだし、モバイルバッテリーを使えば最大出約10時間ほども稼働できるみたいなので、屋外での作業やイベントなどの参加でも十分使えそうですね。

 

サンコーセナクールPLUSを最安値で買う方法は?価格調査

サンコーセナクールplusと従来品は、どこで買うのが一番お得なのかな?

そこで通販販売店で価格を調査してみました!(2024/5/11調べ)

セナクールPLUS(2024年モデル) 従来品
楽天市場 7,980円(税込) 7,980円(税込)
Amazon 7,980円(税込) 7,980円(税込)
ヤフーショッピング 7,980円(税込) 7,980円(税込)

 

このようになっていましたので、いつも利用しているショップが選べます。

中でもポイントがたまって使いやすい楽天市場やヤフーショッピングがお買い得です。

 

2023年モデルの従来品はこちら▼

 

サンコーといったら「ネッククーラーslim」も評判がよくておすすめ!