ダブルワンダーウェーブゼロは痩せる効果なし?音は?口コミ評判や最安値は【女神のマルシェ】

ダブルワンダーウェーブゼロが、女神のマルシェやこれぞ久本で紹介されていますね。

振動マシンの中でも日本最小サイズということで、「これまで大きくて置き場所がなかった」「コンパクトタイプが欲しい」という意見を聞いて誕生しているのです。

ですが、「動作音」や「振動音」や「効果」なども気になりますよね。

そこで今回は、ダブルワンダーウェーブゼロの特徴や痩せる効果と、実際の口コミ評判、そして販売店はどこが最安値なのかについて徹底調査してご紹介します。

これから購入しようか迷ってるという方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ダブルワンダーウェーブゼロとは?

振動マシンはいろいろなメーカーから発売されていますが、その中でも「ダブルワンダーウェーブ」シリーズはとっても人気があります。

当ブログでも、これまでにいくつも口コミや機能などをまとめてきました。

参考記事

▼最上級モデルはこちら

▼前モデルはこちら

その中でも今回は、日本最小モデルで、1回10分立って乗るだけで、全身をトレーニングすることができるのが特徴です。

外出がなかなかできない今だからこそ、お家時間で手軽にトレーニングができるマシンはとても便利ですからね。

まずは、この「ダブルワンダーウェーブゼロ」の特徴からチェックしていきましょう。

ダブルワンダーウェーブゼロの3つの特徴

「ダブルワンダーウェーブゼロ」には、大きく以下の3つの特徴があります。

1、日本最小サイズ

2、静音&防音設計

3、5つの振動モード+乗り方で鍛える筋肉を変えられる

ということです。

ここからはさらに詳しくチェックしていきます。

1、日本最小サイズ

ダブルワンダーウェーブゼロは、2020年現在では日本最小モデルとして発売されています。

※TPCマーケティングリサーチ調べ2020年8月時点

その大きさは、約奥行28.7×幅40×高さ12㎝です。

これは、新聞紙の半分ほどのサイズですから、置き場所などを気にすることなく使うことができるようになっています。

さらにコンパクトになったことで収納するときにも困りません。

高さがあるということは縦置きにすることもできるため、タンスやソファーなどの隙間などのちょっとしたスペースがあれば収納することもできるのです。

すぐに取り出しやすいところに収納できれば、出すときのめんどくささもなくなるので、いつでも気軽に使うことができるというメリットもありますね!

2、静音&防音設計

振動マシンを購入するときに気になってしまうのが、「動作音」と「振動音」の2つですよね。

とくに2回以上のお部屋やアパート、マンション住まいだと、これが心配で購入をためらってしまうことも…

ですが、「ダブルワンダーウェーブゼロ」はこのお中身も一気に解決しています。

その理由が、1つ前のモデルでもある「ダブルワンダーウェーブライト」の購入者の意見です。

そこから改良を重ねたことで、静音性はさらに高くなっているので、マンションや上層階はもちろん、夜や朝方も使いやすくなっているのです!

さらにうれしいのが「周囲への振動が気にならない防音設計」です。

これまでの振動マシンの口コミでは「近くのガラス棚がガタガタする」などの意見も結構多くありました。

それ、シリーズ初の防振ゴム脚を採用した防音設計で軽減されているので、より安心して使いやすくなったというのも大きなメリットですね!

3、5つの振動モード+乗り方で鍛える筋肉を変えられる

振動マシンの本領はトレーニングや運動不足の解消などが自宅でいつでもできるところにあります。

「ダブルワンダーウェーブゼロ」の特徴を見てみましょう。

乗り方で鍛えられる筋肉を変えられる

※前向き(フロント)と横向き(サイド)でトレーニングを効率化しています。

前向き(フロント)

⇒側面の筋肉にアプローチし、わき腹や二の腕を刺激し、気になる部位のシェイプアップを目指します。

横向き(サイド)】

⇒前後の筋肉にアプローチし。太もも、お尻、背中などの大きな筋肉を刺激して基礎代謝アップを目指す。

2種類のパワフル振動で本格トレーニング

LOWモード⇒有酸素運動に近い刺激を目指し、自宅でもジョギングに近い運動を目指す。鍛えにくい腹斜筋や腹横筋を刺激してシェイプアップを目指す。

HIGHモード⇒筋トレに近い刺激を目指し、ジムなどで行うような筋肉へのアプローチが自宅で目指せる。高振動でアウターマッスルのトレーニング。

5つの自動モードを搭載

・ワークアウト(軽い運動や運動不足の方向け)
・ウォーミングアップ(運動前や1日の始まり用に)
・インターバルトレーニング(ソフト)(軽いトレーニングをしたいときに)
・インターバルトレーニング(ハード)(本格的なトレーニングをしたいときに)
・クールダウン(運動後や気分をリフレッシュしたいときに)

このように乗り方からモードまで様々な機能が充実してるので、その日の体調に合わせたトレーニングができるのも魅力的ですね。

ダブルワンダーウェーブゼロの痩せる効果は?

「ダブルワンダーウェーブゼロ」は、最小モデルですがパワフルに使うことができるのですが、痩せる効果は?と気になりますよね。

これは振動マシンすべてに共通していることですが、これだけで体重を落とすことは難しいでしょう。

いくら筋肉を刺激するといっても、やっぱりジムやトレーニングと比べれば運動量が少ないですからね。

でも、続けることで引き締める効果は期待できます。

これまでのダブルワンダーウェーブシリーズでも、ダイエット効果を実感してる方はいませんでしたが、「履けなかったズボンが履けるようになった」など、筋肉を鍛え続けることで、引き締め効果を実感される方は多かったのです。

ただ、このような方も数か月という期間使い続けた結果で、すぐに効果が出るようなものでもありませんし、個人差もいろいろあります。

すぐに諦めずに、長く使い続けることができることが大切なのです!

ダブルワンダーウェーブゼロの口コミ評判、評価

ダブルワンダーウェーブゼロの口コミも増えてきているのでまとめてみました。

★マンション住まいですが、予想したよりも音も振動もないので安心して使うことができます。
★騒音も控えめで床などへの揺れも少ないので、お隣りに気兼ねすることなく夜の帰宅後にも使えて大満足!
★コンパクトなのは良いけれど、脚を肩幅ほどはあけることができないので不安定に感じる。
★小型なので片付けずに部屋に出しっぱなしでも邪魔になりません。ハイモードは着座で使ってるけれど、立って乗るのは老体には少々きつい感じ。

まだ参考になるレビューが少ないので、前モデルとなる「ダブルワンダーウェーブライト」の口コミから振動音や動作音、効果などをまとめてみましたので、チェックしてみてくださいね。

効果について

★10分使っただけなのに汗も出てくるし、血流が良くなってるのか痒くなりました。
★使った日の翌日は筋肉痛になったので、運動したのと同じような効果があると思う。
★想像以上にお腹の振動が来ます。次の日には身体が引き締まったような気もするし、乗ってるだけなので続けやすいです。

動作音や振動音について

★アパート暮らしですが、振動も時にならないほど静かで使いやすいです。
★振動はもちろん音も静かなのでマンション住まいでも使いやすいです。ぶるぶるの威力も強くなれるまでは数秒しか乗ってられないほどです。
★音は静かだし、下の階にも迷惑は掛からないところが良いです。これなら夜中でも期間を気にせずに使えそうですね。
★音は多少はあるけれど、気になるほどでないですし、テレビを見ながらでも使えます。

サイズについて

★思ってたよりも小さくて軽いので、持ち運びもしやすくて良いです。
★コンパクトで静音ということで狭いアパート暮らしの自分にはピッタリでした。
★小さいので立ち位置が狭くなってしまうのは仕方がないですね。それ以外はとくに問題ありませんが最初は安全のため壁際や手すりがあるところで使ったほうが良いと思った。

その他の口コミ

★仕事で足がむくんだときは、椅子の下に置いて足をのせて使うととっても気持ちが良くて最高です。
★機能はよいけれど、電源コードが思ってたよりも短いのが残念です。
★プログラムモードもたくさん選べるし、強さも充分なので満足です。

1つ前のモデルですが、すでに音やサイズについては満足してるという方がとても多いようですね。

その改良モデルの「ダブルワンダーウェーブゼロ」ですから、より期待することができそうですね!

ダブルワンダーウェーブゼロの最安値は

ダブルワンダーウェーブゼロも振動マシンなので、やっぱりお値段はそれなりにします。

そこで少しでもお得に買えるショップは?ということで調査してみました!

★これぞ久本   ⇒ 16,500円

★日テレ7楽天市場 ⇒ 16,500円

★Amazon     ⇒ 16,500円

★ヤフーショッピング⇒ 16,500円

今なら、ポイントももらえる楽天市場かヤフーショッピングでの購入がお得ですね!

ダブルワンダーウェーブゼロと類似品との違いを比較!

最小の振動マシンとしては、これまでは「ブルブルボーテ」でしたので、この2つの振動マシンの性能についても気になったので、比較してみました。

ダブルワンダーウェーブゼロ ブルブルボーテ
サイズ 約幅40×奥行き28.7×高さ12㎝ 約幅43×奥行29×高さ13㎝
重さ 約7.5㎏ 約7.4㎏
体重制限 約90㎏ 約100㎏
最大振動数 800回/分 800回/分
モードの数 5種類 4種類
税込価格 16,500円 21,780円

価格は9月17日のものですので変動する可能性があります。

それぞれを表にしてまとめてみました。

サイズは、本当にこれまで最小だったブルブルボーテよりもさらに一回り小さくなっていますね。

でも耐荷重が90㎏までとなっているので、90キロに近い方は安全のためのブルブルボーテのほうが良いかも。

振動数は同じですが、プログラムモードの数がダブルワンダーウェーブゼロのほうが多くなっていますね。

価格も、調査した時点ではダブルワンダーウェーブゼロのほうが5,000円ほども安くなっています。

▼ブルブルボーテの詳細はこちら▼

参考記事⇒振動マシン「ブルブルボーテ」の効果と口コミ評判を調査してみた!

▼ダブルワンダーウェーブゼロの詳細はこちら▼

ダブルワンダーウェーブゼロの口コミ評判のまとめ

いかがだったでしょうか。今回はダブルワンダーウェーブゼロの特徴や口コミ評判、それとブルブルボーテとの違いなどをまとめてみました。

振動マシンはお家で手軽に運動不足解消やエクササイズに使えるので、お家時間が増えている今だからこそ検討してみるのもアリですね!

★あわせて読みたい★