スーパーストーンバリアフライパン(28cm深型)の口コミ評判や寿命や焦げつきは?

レジェンド松下さんおすすめの「スーパーストーンバリアフライパン28㎝深型」は、調理のストレスや悩みを解消して美味しく作ることができると話題のフライパンです。

【広告】

いいものプレミアムなどの通販番組でも紹介されているのですが、焦げ付きにくく、食材もくっつきにくいので、調理もしやすくお手入れも簡単にできると評判ですね。

「でも本当に焦げないの?寿命はどれくらい?」

そんな疑問から、今回は「スーパーストーンバリアフライパン28㎝深型」の特徴や口コミ評判と取扱店での価格について調べてみたのでご紹介していきます。

スーパーストーンバリアフライパン28㎝深型の特徴

スーパーストーンバリアフライパン28㎝深型は、カリスマ実演販売士のレジェンド松下さんがプロデュースしたフライパンです。

まずは。その5つの特徴をチェックしていきましょう。

1、耐摩耗試験100万回クリアの耐久性!寿命は?

スーパーストーンバリアフライパン28㎝深型は、高密度特殊 内側6層、外側4層のストーンバリアコーティングを施しています。

これは、JIS S2010金属ヘラを使った耐摩耗試験で100万回をクリアしたという耐久性もあるので、長く愛用することができるのです。

その秘密が10層のコー手キングで医師のように固いフライパンになってることです。

そのため、料理中でも洗うときも気にせずにゴシゴシ洗うことができるのです。

コーティングが長持ちするので、コスパもとても良いというのも魅力的ですよね。

ただ、寿命については使い方や使う頻度によっても変わってくるので何とも言えないところですね。

それでも、お手入れや扱い方をしっかりしていれば、寿命も数年単位で使うことができるのは確実です。

2、優れた熱伝導でむらなく均一に食材を加熱

10層のバリアコートで優れた熱伝導も実現しています。

そのため弱火でもしっかりと焼け熱が長持ちしますし、ムラなくすばやく均一に食材の仲間で熱を行きわたらせることができます。

そのため焦げ付きやすいお料理も弱火で仲間でしっかり火を通すことができるし、大き目サイズのフライパンなので、大皿料理でも均一に熱されるので旨味もたっぷり含まれて美味しく仕上がるのです。

3、少ない油でも焦げ付きにくい

スーパーストーンバリアフライパンは、少ない油でも食材がフライパンにくっつきにくいうえに、焦げ付きにくいというメリットもあります。

そのため、普段よりお油の量を減らして調理することができるので、ヘルシーに調理できるし、油でべたつきにくいのでお手入れの手間も軽減することができるのも魅力です。

4、使いやすい重さに設計

スーパーストーンバリアフライパン28㎝深型の重さは、約965gです。

これは、熱変形に強い厚底で、側面を薄くしたことで、扱いやすい重量感になっています。

重たすぎると持つのも大変だし、お手入れするときにも腕の負担が大きいですが、1㎏未満に収まっているというのは助かりますね。

5、ガス、IH対応

このフライパンは、さまざまな熱源にも対応しています。

ガスコンロはもちろんのこと、IHやハロゲンヒーターなどにも対応しているので、買った後に「使えない…」というような心配はありません。

これならプレゼントなどに選んでも喜んでもらえますね。

仕様について

・サイズ(約):外径29×内径28cm・内側の深さ7.6cm・高さ8.2cm・全長(柄を含む):50.2cm、底部直径:19cm
・重さ:約965g
・素材:本体⇒アルミニウム合金(ふっ素樹脂塗膜加工)、取っ手⇒フェノール樹脂
・食洗機不可
・韓国製

【フライパン蓋】
・サイズ(約):径29×高さ5cm

・重さ:約600g
・素材:強化ガラス製 、シリコーンゴム
・スーパーストーンバリアフライパン20~28cmに対応
・食洗機不可

スーパーストーンバリアフライパン28㎝深型のTwitter上のよい・悪い口コミ評判や評価

ここまでは特徴などをいろいろ見てきたけれど、やっぱり実際使ってみた方の口コミも参考にしたいところですよね。

そこで、実際に購入して使った方の口コミがTwitter上にたくさん投稿されています。

ネット上でもかなり評判がいいのがわかりますよね。

簡単にここでもまとめておきます。

★深さがあるので同じ大きさのフライパンと比べてもかなり使い勝手が良い。
★購入して4か月ほどですが、餃子を焼くとこびりついてしまう。
★深さがあるので鍋の代わりにもなるし、焦げ付かない。
★1年前に26㎝を買って良かったので28㎝深型を購入しました。想像以上に深さがあって扱いやすい。
★大切に使えばそれだけ長持ちするものなので、丁寧に使いたい。
★購入して半年になりますが、汚れもすぐに落ちるし熱伝導率もよくチャーハンなどの炒め物も最高。
★テレビのようにするっとはいかないけど、普通のフライパンと比べれば焦げ付きもなく順調に使える。
★パスタをゆでたり、チャーハンを炒めたりといろいろ使える。
★少し重たい。

ネット上の口コミでは、「焦げた」という口コミもありましたが、それ以上に多かったのが「焦げない」「お手入れがラク」といった口コミでした。

コーティングの効果は意見が分かれていたので調べてみると、以下の方法に当てはまるとコーティングのダメージが大きくなるようです。

フライパンのコーティングを長持ちさせるポイント

フライパンもせっかくなら少しでも長持ちさせたい!というときには、下記のポイントも要チェックです。

✅しっかり油をひいて、空焚きが1分以内にする

✅フライパンがしっかり冷えてから冷水を入れる

✅調理した後には食材は入れっぱなしにせずに掃除する

✅強火で長時間調理をしない

このようなところを意識すると、コーティングも傷みにくく長く使うことができるそうです。

スーパーストーンバリアフライパンのデメリットは

スーパーストーンバリアフライパンのデメリットについてもチェックしていきます。

・価格がやや高い

・絶対に焦げないわけではない

焦げ付きにくいフライパンといっても、絶対ではありませんからね。

火加減はもちろん、ほったらかしにして忘れないように注意したいところです。

また安いフライパンではないから、丁寧にお手入れしてコーティングを長持ちさせて使っていきたいですね!

スーパーストーンバリアフライパンはこんな方におすすめ!

スーパーストーンバリアフライパンは、下記のような方におすすめです。

・焦げ付きにくいフライパンを探している方

・ガスやIHでも使えるものを探している方

・焼きムラが少なくなるフライパンを使いたい方

高密度の特殊10層構造をしているし、オール熱源にも対応しているので、引っ越しすることがあっても安心できますね。

スーパーストーンバリアフライパン28㎝深型の最安値は

スーパーストーンバリアフライパン28㎝深型の取り扱い店とその価格についても調査してみたので、ここでまとめてみました。(2022/8/15調べ)

・コパ公式楽天市場⇒税込7,040円(フタなし)

・ディノス楽天市場⇒税込14,091円

・Amazon    ⇒税込7,040円(フタなし)

・ヤフーショッピング⇒税込7,040円(フタなし)

最安値は、どこのショップもおなじでしたね。

ただし、ディノスでは(フライパン26cm+フライパン28cm深型+蓋)の3点セットになっているけれど、代わりになるものがあるのなら、楽天やAmazonのフタなしでも十分です。

▼ディノス楽天市場店でチェック

▼その他販売店でチェック

スーパーストーンバリアフライパン28㎝深型のまとめ

いかがだったでしょうか。今回はいいものプレミアムなどの通販番組で人気の「スーパーストーンバリアフライパン」についてまとめてみました。

ガス・IHに対応しているうえに、深型なのでいろいろな調理ができるのはとっても便利ですね。

スーパーストーンバリアフライパン26㎝が、楽天のレビュー数が一番多く人気!

同じレジェンド松下さんおすすめ「スーパーストーンバリア包丁」の口コミや切れ味などはこちらのブログ記事にまとめてます▼

★関連記事★